2006年05月21日

またもやさっちゃんだけ



今日5月21日は、さっちゃんにとっては大舞台の日になる「はず」でした。

それはシンクロの選手権があったからです。この選手権に参加をする資格は、最低でも1つのディプローマを持っていて(さっちゃんが1月に受けて合格したディプローマ)、12歳以下であること・・・でした。

この選手権は前回の開催が1年半前ということもあり、かなりの団体が参加を表明したようです。そのため、子供たちだけでも約400名が、オランダ東部のエンスヘデー(Enschede)のプールに集まるということで、主催者側から「同伴者禁止」というお達しが来ていました。

また現地での集合時間が、朝の9時半。ここユトレヒトからは、車で2時間の距離です。ということで、ユトレヒトを出発するのは、朝7時半。

しかしその前にすることがあるのです。何かと言うと、髪の毛の飾り付けです。シンクロをする人は、髪の毛をアップに上げで、水に濡れても髪の毛が落ちてこないようにしてあるのですが、その作業をしなければいけません。その作業を、さっちゃんのグループの子供たち12名にも、コーチの自宅2軒に分かれてしなければいけません。

先ずは髪の毛を固める作業・・・これは砂糖水なのですが、これをアップにしてある髪の毛に塗って、固めます。固まったら、髪飾りをつけます。この作業を、一人につき10分の時間制限の中でやらないと駄目なわけです。

ということで、コーチの自宅での集合は、朝6時半!


しかしハプニング発生!!!!



なんと木曜日の朝起きたら、頭が痛く、お腹も痛く下痢をしたのです。それでも、「日曜日のことで緊張しているのだろう」と、学校に行き、無事帰ってきても、頭が痛いと熱を計ったら38度を超えています。(オランダの熱は37.5から38度以上です。)

慌てて薬を飲ませて、様子を見ましたが、寝ていても汗びっしょりかくほどの熱。夜中に熱を計っても、薬を飲んでいても38.6度。

ということで、金曜日は学校もお休みをさせました。午前中は結構元気でしたが、午後3時ごろから寒いと言い出し、毛布・手袋をしてソファーで寝たさっちゃん。4時半頃目が覚めたら、また熱が上がって38.6度。

シンクロのコーチにも連絡をしたけれど、「緊張でしょ?」。もし今日来れるなら、泳がなくてもいいから見に来て・・・とは言われたけれど、この熱で本格的にさっちゃんはダウン。

さっちゃんが食べたいといって作ったスープも食べられず、帰って来た五右衛門に、「具合が悪いなら、ゆっくりとベットで寝なさいよ〜」って事で、暫くベットに行かされたのですが、その時にも「ママ〜!!」って涙目。

でも私はみーちゃんをプールに連れて行かなければいけないので、後は五右衛門に任せて出発。

プールでは、コーチに熱のことと、夕飯を食べていない事を再度説明。その結果、まだディプローマを持っていないみーちゃんを、さっちゃんだと偽って参加させる・・・と言われました。

「そんなのいいの!?」

もう提出してあるプログラムを変更することは難しいとかで、やってみるとの事。しかし、審査員の資格を持っているコーチの妹さん(この人もコーチをしている)が欠席のため、最終決断は土曜日にとの事でしたが。

でも出て良いと言われた時の場合に備えて、みーちゃんがさっちゃんの場所にスタンバイして、何回も練習をしました。振りも覚えているし、技術もあります。(かなり練習したので)

「ばっちりよ〜〜」とご機嫌のコーチ。

翌土曜日・・・みーちゃんが私のベットに来て、「さっちゃんが戻した」と。

「またお腹の流感!?」

とも思ったけれど、後片付けをして、落ち着かせて寝せてみると、やっぱり具合が悪いようで、トロトロとでも寝てしまう様子。

気持ち悪いのが取れないので、3月の時の座薬を使用するけれど、あまり効果なく、食べられず、飲めずの状態が続き、コーチにキャンセルの電話。

もう一人の女の子も病気で、連絡待ちだとか。また妹さんとの連絡もまだつかないとの事で、みーちゃんが換わりに出るか・出ないか・・・それもまだペンディング。

1月の試験以降、2・3・4・5月と4月もの間練習をしてきて、土壇場に来てまたもや病気。

みーちゃんが換わりに出るかも、といわれても、表情を変えなかったさっちゃん。

みーちゃんは、「メダルを貰ったら、さっちゃんにあげるんだ!」と言っていたけれど、やはりコーチの妹さんの話で、

代理出場は駄目

とのことで、今回の参加は完全になしになってしまいました。


来月にみーちゃんは試験を受けます。その時に、「あの子、先月の選手権に出ていたわよ」といわれると、やはりかなりの問題になるとの事で、問題が起きない道を選んだようです。(当たり前だけど)


二人ともちょっとショックだったけれど、朝5時半に起きずに済んで、ちょっと嬉しかったニコラです。(^^;;


さっちゃんはいまだに熱が38.5度。でも今日は夕飯のスープを、少しずつ2回ほど食べられました。一応明日は医者に予約を取るように電話をして見ますが(熱がもう3日も続いているため)、少しは良くなってくれると期待しています。

火曜日には学校で、劇を見に行くとか。「行きたいの!」と言っているさっちゃんですから、何とかなるかな?





posted by ニコラ at 21:25 | Comment(6) | TrackBack(0) | さっちゃんの世界
この記事へのコメント
 何でこのような大事なときに又風邪を引くの本当についていませんね。熱がありお腹も悪ければしかたが無いね、楽しみに頑張っていたのにさぞ悔しい事でしょう、
出も又次があることでしょう、次に向かって頑張ってね、早くよくなることを願っています。
Posted by ダルマ at 2006年05月22日 07:34


高い熱が出ると心配ですね...
大人でも熱が出たり、吐いたりするのはツライのに!
その上、せっかくの選手権に出られないのも、本人が一番ショックでは?!
でも次回、今回の分も頑張ってね〜とお伝えください。

早く元気になりますように!!(祈)
Posted by ぷっら at 2006年05月22日 19:25


ダルマさん

本当に運が悪いというか、なんと言うか・・・。今日は医者に行って診て貰った所、やはり「お腹の流感」との事。熱は5〜7日くらい出る場合もあるので、心配はないとの事でした。
今日はそれでも、りんごを食べられたので(その音がおなかでひびいていたようです・・・診察の時に)、もう峠は越したといわれました。でもまだ熱が下がらなかったり、腹痛が酷い場合は、金曜日にまた連絡をするように言われました。
明日は劇を見に行き、水曜日はスポーツの日なのですが(運動会みたいな感じ)、それも無理そうです。
Posted by ニコラ at 2006年05月23日 03:09


ぷっらさん

熱が3日下がらないと、やはり心配になりますね。今回吐いたのは、2回だけで、後はいつものように、お腹が痛いとか、気持ち悪いとかで、食べない・飲まないだったのです。でも時間によっては、元気な時もあるので、その時を見計らって、ポカリを飲ませたりしてました。

選手権も、もう少し元気だったら、「くやし〜〜〜!!!」って思うかもしれないけれど、あまりにも悪い症状だから(起きているのもやっと)、自分でも「泳げない〜〜」って思っていたようです。

まぁ〜次回の選手権の時には、元気に出場できるように、気をつけないと!
Posted by ニコラ at 2006年05月23日 03:12


さっちゃん、残念でしたね。ここのところ急に天候が崩れて、気温が下がったりした(ユトレヒトもですよね?)ので、体調を崩してしまったのでしょうか。出場資格が12歳以下ということは、次のチャンスがあるということですよね。次回、さっちゃんとみーちゃんと一緒に出場できるといいですね。「メダルをもらったらさっちゃんにあげる」なんて、みーちゃんは、お姉さん思いでかわいいです。さっちゃん、お大事に。
Posted by jipenjanneke at 2006年05月23日 03:52


jipenjanneke さま

そうですね、天気の影響もあるかと思います。先週、涼しくなって来たにも関らず、汗をかいて、暑い暑いと、半そでを着ていたのです。(上に何も着ないで)私はその時ちょっと肌寒くて、トレーナを着ていたのですが。それも原因かもしれないです。

さっちゃんが12歳になるまで、まだまだ時間はあるので、次回は病気にならないで、練習の成果を見せて欲しいです〜。

次回は多分、二人一緒だから、「xxちゃんにあげるね〜」はもうないかも。でも聞いたときは、言葉にならなくて、「まだ分からないからね〜」って誤魔化しちゃいました。
Posted by ニコラ at 2006年05月23日 05:41


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック