2006年05月19日

今年オランダは絶好調!



4月の天気が、暑い日と寒い日とが交互に来たりして、全般的にはそれ程良かったとは言えず、先日行ったキューケンホフも、5月になってから満開になったりしました。

それと同じ現象と思えることが・・・・。

5月のチューリップ休暇の間は、お天気に恵まれ、庭仕事もしやすく、連日筋肉痛を押しての作業は、もうご存知だと思います。(^^;;

その頃から少しずつ始まってはいたのですが、先週から猛威を振るっていて、薬局やドラッグストアに行っても、欲しいものは売り切れ。

医者に電話をして、飲んでいる薬が本当に効いているのか、尋ねてみても、「今年は猛威を振るっていて、他の人も大変なんですよ〜」と言われるのみ。

でも今日は中休み!

昨夜から雨が降り、風も強く、「嵐のような天気」と言われていましたね〜、天気予報の人。そのお陰で、


学校の周りの道路は、こんなです。

なんとなく道路がピンク色なのが、分かりますか?

このピンク色のものが、猛威を振るっていると思うのですよ、私は。

それが分かる人は、今日はここまで。(^^;;

分からない人は、「続きを読む」に行ってね〜。





このピンクの花は、




これが咲いている状態。今日は風が強かったので、ぶれています。何か分かる人!?

女性の憧れのフランス・パリでも、この花がもう咲いていると思います。

そう、これは「マロニエ」の花です。これは白いほうですが、濃いピンクのものもあります。

オランダ語では、「カスタニエ」と言い、辞書を見ると「栗」となっていますが、日本のものとは違うと思います。(実は見た目はそっくりだけど・・・)

というのは、このマロニエ、日本では「栃の木」と言われているものです。

そして猛威とは、「花粉症」

お店に行っても、目薬が売ってないんです、完売で!「予想を上回る人が買いに来ているから〜」って、薬局でもドラッグストアでも、苦笑いしてました。


普通は、毎年処方されている薬を飲んでいれば、症状が止まるのですが、今年はそれを飲んでいても、目・喉は痒いし、鼻水は出るし大変です。毎朝鼻がむずって目が覚めますから、目覚ましよりも先に!

これだけ猛威を振るったら、短期間で終わってくれるのか?
こんな天気だから、早く花が散ってくれるのか?

・・・なんて、淡い期待を抱いていますが、どうなるのでしょうか・・・?

まだまだ暫くの間は、薬・ティッシュ・目薬が放せない生活になりそうです。(大涙)


「オランダのお花ブログ」thuraさまは、「プラタナスでは?」とのこと。

どちらも関係がありそうですが、やっぱり嫌な季節です〜〜。





posted by ニコラ at 20:55 | Comment(6) | TrackBack(0) | 風物詩
この記事へのコメント
道路は砂と思いましたが違い花びらですか凄いですね、此方の桜が風で散りその下を歩くときと同じですね、車はスリップしませんか
気よ付けてくださいね、花粉症もたいえんですね 今年は此方では凄く少なく余りひどい方は見ませんでした、
Posted by ダルマ at 2006年05月20日 09:19


ダルマさん

これは花びらというよりも、花自体が落ちているのもあるんです。木についている時にはとっても綺麗でも、雨・風に当たって落ちて、踏まれてしまうと・・・、やっぱりちょっと素敵ではなくなってしまいますよね。(^^;;

基本的に住宅地や学校周辺は、「30kmゾーン」になっているので、スリップする感じはありません。それに、自転車の人がたくさん居るので、30kmでも走れませんから。

Posted by ニコラ at 2006年05月21日 03:02


ニコラさん、こんにちは!
ブログに遊びに来てくださってありがとうございました…。
オランダにお住まいなのですねー。
2回ほど行ったことありますが、アムスだけ…。街の中で目にするものすべて、デザインや色づかいがオシャレだと思った覚えがあります。
マロニエ…私もコレ、苦手です。
マロニエの花は分からないんですが、実がなった頃なのかなぁ…。
喉の奥の方に何か詰まるような感じで、息苦しくなります。
ゼーゼーしちゃうんです。
花粉症ってつらいですよね。
私もフランスに来てから原因不明の鼻炎に悩まされてます。
いつも鼻水垂らしてるんですよー。
またお邪魔させてくださいね。
Posted by exmouthcoco at 2006年05月22日 00:04


exmouthcocoさま

こんにちは!
そう、オランダなんです〜。ちょっと大変だけれど、車で行かれる範囲です。(^^;;

日本では?世界では?ダッチデザインたるものが、人気なんだとか。確かに斬新な色使いですよね。私はちょっとついて行かれないけど・・・。(汗〜)
マロニエの実の頃と言うと、秋ですね。子供たちは、学校にあるマロニエの木から落ちた実を拾って、ネックレスを作ったりします。また大人たちは、まさに栗拾いのごとく拾い歩きます。栗よりも渋があるようなので、ちゃんと処理をしないと駄目なようですが、昔からの保存食だとかなので、食べると美味しいのでしょうね。(←他人事みたい)

でもやっぱり花粉症の原因となると、あまり嬉しくないですよね。
暫くの間、また頑張らないと・・・!
Posted by ニコラ at 2006年05月22日 03:59


ニコラさん こんにちは。私のブログに来ていただいてありがとうございました。
ニコラさんのマロニエの写真拝見しました。恐ろしいですね。
私の住んでいるアムステルダムWestやCentrumでは、マロニエはあまり見かけませんが、先日アムステルフェーンのほうに行ったら、空がマロニエに覆われていましたね・・・
私がブログで紹介していた”カサカサ(と私が呼んでいる)”も似たような状態になりますが、マロニエではないのです。
近くの運河沿いのプラタナス並木も今、緑の実をたくさんつけています。綿毛はこの実から発生すると思うのですが・・・
どちらにしても花粉症を避けられそうにありませんね・・・
はやくこの季節を通り越して、清々しい夏が来ると良いですね。

Posted by thura at 2006年05月22日 16:36


thuraさま

家の周りも、”カサカサ”の花びらでいっぱいですよ!でもどこに木が立っているのか・・・よく分からないのです。(^^;; (緑の実だからかしら?)
ベランダも凄い状態だし、路上も凄いです。

実は今日、薬を貰いに薬局に行ったので、何が花粉症の大元になっているのか訊いたのですが、いっぱいありすぎて分からないとの事。(@。@)
自分の原因は、検査をしてね〜って言われてしまいました。

本当に早く過ぎ去ってもらいたいです〜。
Posted by ニコラ at 2006年05月23日 03:03


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18076316
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。