2006年05月14日

選手名簿発表



今日、朝11時半より、マルコ・ファン・バステン監督により、6月9日からドイツで始まるワールドカップに出場する選手名簿が発表されました。

納得する反面、「あの選手は・・・?」と選考から落ちてしまった選手たちもいます。残念なような、それが現実と言う厳しい世界なのかもしれません。

この選考に先立って、長いこと「オランダのパスポート(国籍)」問題があがっていた、ファイヤーノールトのカルー選手は、移民関係の大臣によるいじめとも取れる行動により、つい先日ですが、ワールドカップの選手名簿発表前にはオランダのパスポート取得は不可能と言う結果が出ました。

カルー選手は、オランダ滞在が5年未満なので、「特別処置」を取ってほしいと、ファン・バステン監督やら、サッカー協会から、「オランダチームに必要な選手」という懇願を出したようですが、2回ほど却下され、裁判になり、裁判所により再度見直すようにと判決が出ました。その後、「テストを受けて合格したら」と大臣は歩み寄った形でしたが、弁護士の話によると、このテストも受けないでよいものだとか。

そしてテストの日に、テストを受けなかったと言う理由で、パスポート取得のプロセスはなくなったとのことです。

この一連の模様を、冗談好きのオランダ人は「保険会社のCM」に使いました。(^^;;

・・・これがお隣のドイツだったら、あーだこーだといちゃもんなんかつけずに、1日でドイツ人になれる・・・と言われているので、その辺を皮肉ったわけですが・・・。


カルー選手はコートジボワール出身で、兄のボナヴェントゥアはコートジボワールのナショナルチームの選手です。なのでもしカルー選手がオランダ人になっていたら、オランダ対コートジボワールでは、兄弟対決が実現していたんですけれどもね〜。


カルー選手を選考できない状況で、ファン・バステン監督はかなり悩んだと思います。ここ数ヶ月の選手の様子も考慮に入れ、ドイツではどのような状況になるかを想定して、その上での選手選考です。

勝つためのチームでなければいけませんからね〜!!

でもファン・バステン監督は、監督の貫禄を選手にも、記者団にも見せています。「xx元監督だったら、この選考ではブーイング」と言われても、ファン・バステン監督であれば、「納得」させられてしまうわけです。


名前は挙がっていたけれど、選考から漏れてしまった選手たちは・・・

クラースーヤン・ヒュンテラー選手(攻撃手4人は多すぎる・・・との理由)
ナイジェル・デ・ヨング選手(足首の手術があり、復帰までどれくらい掛かるか未定とか)
バリー・オブダム選手
ジョージ・ボアテング選手(先日のUEFAカップ決勝で、アピールできなかった?)
ロメオ・カステレン選手



選手名簿は・・・


これがリストです。

こちらからリストは戴きました。)

明日はこの名簿をFIFAに提出です。「怪我した選手がいれば」交代選手を新たに登録が出来るとのことです。

怪我から復帰したファン・デア・ファールト選手・ハイティンガ選手、クリスタルマンことロベン選手・・・怪我をしてほしくないですね。

ますます気分はのってきましたね〜(^^)




posted by ニコラ at 21:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | ワールドカップ2006
この記事へのコメント
いよいよ来月に迫りましたね〜。
ところがイタリアはサッカー・スキャンダルで
今とっても大変なことに…。
ナショナルチーム出場予定の選手や監督も
そのブラックリストに入ってマス。
どうなるのぉ?本当に行方が心配です。
Posted by エミリア at 2006年05月15日 21:01


エミリアさん

イタリアのサッカー・スキャンダルのニュースは、オランダにも届いています。

今日15日に名簿をFIFAに提出だけれど、出来たのでしょうか?

大丈夫なんでしょうか!?

前回の韓国・日本共同開催の時には、飛行機で一機分の「イタリアンの食材」を空輸したそうですが、今回は陸続きだからトラック輸送するのかな? (^^;;
Posted by ニコラ at 2006年05月16日 03:12


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17828146
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。