2006年05月06日

前庭の話



今日はやっと前庭に話を戻します。(^^;;


まず、我が家は角の家なので、前庭が2つあるのです。

??

そう、玄関の右側と左側とに別れているんです。

お隣さんたちは、玄関の右側だけ(外から見て)が庭なんです。でも我が家は、お隣さんがないので、玄関の横から、壁の部分までもが庭になっているのです。この部分は小さいので、私でも何とかできるかな・・・?と頑張っている部分です。

もうひとつの、本当の前庭とでも言える部分は、居間の幅と同じ分はありますので(実際はもう少し広い)、もう手がつけられない状態です。五右衛門の元同僚にヘルプを頼んでいるのですが、彼女もこれまた忙しく・・・なかなか・・・。なので、雑草抜きに勤しむだけです。(爆)


さて、その狭いほうの前庭・・・前にも書いたと思いますが、木が植えてありました。それをない知恵を絞って、何とか排除し、ガラリとしたスペースにしたので、お花畑にしようか・・・?とかロマンチックなことも考えたのですが、お花畑の場合・・・咲いている期間しか楽しめないので、止めました。でも昨年買ってきた種がたくさんあるので、数種類は撒いてみるつもりです。

また昨年は、ゼラニウムの親戚の花を植えていたのですが、冬の寒さに絶えられず、枯れてしまったので、やはり多年草とか、冬越えが出来るものを選びました。

でも家にいたときには、何の計画もなく、ガーデンセンターに行って、見て、選んだので、協調性とか計画性は全くないと思います。(^^;;

でも「オランダにもある日本らしい花」を選びました。(^^)

それは・・・



同じ種類の花ですが、色違いが咲きます。

上が”Shirley Temple”という名前で、下が”Karl Rosenfield”と言う名前です。

何の花が咲くか、この状態で分かる人は凄いです!私はまだよく分からないのです。(^^;;

鉢には写真がついていました。それをみて、「あ!これはxxxだ!」と思ったのですが、ネットで調べると、xxxかもしれないし、xxxかもしれないし・・・。その「差」は、木になるか、ならないか・・・らしいのです。

ただ、左のは白い花が咲くのですが、これはPaeonia lactifloraといい、「芍薬」です。

右のは赤い花が咲くのですが、Paeoniaとしか書いていなく、多分芍薬だろう・・・と思いますが、確信はないのです。

この二つを、この記事の花の横に植えました。すると花の色が、赤・白・赤・・・ってなるんですね〜。(^^;;

ちょっとだけ拘りました。(^^)


この2つを植えても、まだスペースはありますので、もうひとつ購入しました。

それはViburnum tinusというものです。日本でもビバーナム・ティナスと言う名前で出ているようですね。

この花は・・・実は沈丁花かな・・・?と思って買ったのですが、違ったようでした。(爆)

写真での花のつき方・色が、似ているな〜と思ったのですが、こちらは75cmくらいの高さになって、実がつくとか。また、ヨーロッパ原産らしいですね。




花のアップは・・・



「やっぱり違うわよ〜〜!!」って声が聞こえてきそう・・・。

これがやっぱり白っぽい花なので、赤・白・赤・白・・・の配置です。(^^)



そしてその前には、お約束の・・・ゼラニウムも植えました。でも今年は3株だけ。そして色も多少合わせて、白とピンク!!




それから、さっちゃん・みーちゃんの好みの花も購入。といっても、色のトーンは合わせました〜。



この花の後ろには、もうブッシュと化しているラベンダーが植えてあります。今年は何とかさっぱりさせないと、芽が出てきているダリアが、大きくなりそうもないので・・・。(あぁ〜、かわいそう〜)



その横では、何の花か分からなかった花も咲き始めました。(かなり強い花で、冬越えしました。)




これだけ植えても、まだスペースが余っています。何とかしなければ・・・。



しかし!!!!

私の体の筋肉痛が酷くて、もう何も出来ません!!(爆)






posted by ニコラ at 21:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | 庭の世界
この記事へのコメント
お庭がとても綺麗になっていますね、お花も咲き楽しみですね,私の所では ゼラ二ウム全滅です、
もう古くて花が小さく綺麗でないので新しくします、貴方の庭の花の色が綺麗です、冬には寒いのどうなるのでしょうか。
Posted by ダルマ at 2006年05月07日 21:03


ダルマさん

キューケンホフのような綺麗な庭・・・というか花園を見た後だと、我が家の庭は雑然としていますね。庭に世界も、勉強をしないと駄目なようです。

ゼラニウムが全滅とは、残念ですね。ゼラニウムはそれでも強い植物ですから、株分けをすればまた大きくなるのでは?

ここオランダでは、冬になったら掘り起こして、室内に入れるそうです。今年はそうやって、冬越えさせたいですね!

Posted by ニコラ at 2006年05月08日 05:00


ゼラニウムは是非そうした方がいいでしょう とても綺麗な色ですでめにするのではわ可愛そうです
又例年も見るのを楽しみにしています
Posted by ダルマ at 2006年05月09日 07:46


秋になったら、また報告しますね!
Posted by ニコラ at 2006年05月09日 17:18


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック