2006年04月18日

チャンピオンズ・リーグも・・・



今日はチャンピオンズ・リーグの準決勝第1試合目。ACミラン対バルセロナ。


ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督と、バルセロナのライカート監督は、現役時代に一緒にプレーをしていた仲だとか。今はそれぞれ監督の立場で、サッカーと関わっているわけですね。

ライカート監督がACミランでプレーをしていた時には、現オランダチームのマルコ・ファン・バステン監督も、前ファイヤーノルトの監督のルート・ヒュレット氏も一緒でした。(オランダのゴールデンタイム!)

サッカーファンには、この名前を聞くだけで、どんな時代かすぐに想像がつくようですが、サッカー音痴のニコラには、さっぱりです。(大汗)

歴史はさっぱりですが、現在の選手たちなら・・・?ということで、この2チームの中から、オランダの選手を紹介しましょう!



先ずは、ACミランから・・・。

(写真は著作権が絡むので、今日は紹介をしません、あしからず)


若くしてACミランでプレーをし始めた・・・セイドルフ選手
  今年のワールドカップには、絶対的に出場が出来ないようです。

若い?年寄り?はげにしているから年齢不詳の・・・スタム選手
  アヤックスでプレーをしていて、「世界一のデフェンス」として
  マンチェスター・ユナイテッドに移籍し、日本でもプレーをしたことがあります。
  (このときの移籍額が、おったまげるほどでした)
  その後ACミランに移籍し、夏のあとはPSVに移籍が決定。




FCバルセロナのほうは・・・


先ずは監督の・・・フランク・ライカート氏
その補佐の・・・・ヘンク・テン・カーテ氏
  二人で相談する時は、やっぱりオランダ語かな・・・?(^^;;



名前が長いからはしょられた・・・・?ジオ選手
  本名は・・・ジョバンニ・ヴァン・ブロンクホルスト・・・この頭のGioをとったようです〜。
  ワールドカップは・・・行かれるかな?


ちりちりの髪の毛がトレードマーク・・・?のマーク・ヴァン・ボンメル選手
  ヴァン・バステン監督の指示に従わず、一時期オランダチームに入れてもらえませんでしたが、また最近召集令状が出ているようです。
  調子が維持できれば、もちろんワールドカップにも?



やっぱりオランダは、サッカー選手生産国なんでしょうか?それとも、たまたま居合わせただけ・・・?



posted by ニコラ at 23:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | サッカーの世界
この記事へのコメント
こんにちは。OTです。
あんまりサッカーは詳しくないのですが、2002年のW杯は記憶に新しいです。
今年はドイツですね〜!
オランダからは割と近いのでしょうか?
陸続きで他の国って不思議な気分がしそうです。

応援ポチポチ♪
Posted by OT カリスマ人妻 at 2006年04月19日 13:26


1−0でミラン負けた。。。
んでも、まだもう一戦残ってるから
バルセロナの本拠地で頑張って欲しいです。
それより早くトッティ王子が
回復しますように
ニコラっちも祈ってね〜(^^)
Posted by エミリア at 2006年04月19日 13:30


OT カリスマ人妻 様

ドイツとオランダは隣国なのですよ。なので車・電車・徒歩で行かれます。
隣国と言うことで、仲はよくないですね。(オランダ側からは)あんまりいい印象を持っていない感じです。

なのでサッカーなどでは、ドイツが負けると大喜びします。(^^;;

前回のワールドカップのドイツ大会は1974年だかにあったのですが、オランダがドイツに勝ったということで、オランダは大興奮に包まれたそうです。(それもみんな忘れてません!)

今年はどうなるか・・・全くの謎ですが、ヨーロッパ予選では一番で通過をしたので、いいところに行きそうな気配です。(オランダの勝ち点のお陰で、イングランドは出場が決定しました。)

Posted by ニコラ at 2006年04月19日 21:31


エミリアさん

昨日のACミランの負けは痛いですよね〜。ホームで負けると、アウトでは勝ちにくいと言いますからね。

それにアウトでの得点は、2倍で計算するとか言うから、バルセロナでは2点は取らないと(バルセロナが0点の場合)、勝てないよ〜。

セイドルフを早く解雇すれば、勝てるかもよ!?昨日も変なプレーをしていて、五右衛門は「帰れコール」してました。(汗)

Posted by ニコラ at 2006年04月19日 21:35


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック