2006年04月14日

初めてのお買い物



さっちゃんの去年のお誕生日のプレゼントは、本やらアクセサリーやら、色々ありました。さっちゃんは全て覚えているけれど、あげた方は・・・忘れてます。(^^;;

そのプレゼントの中のひとつに、「がま口のようなお財布を買って、お小遣いを上げるからね」というものがありました。


私がお小遣いを貰い始めたのは、小学校の4・5年ではなかったかな?と言う記憶があります。小学校では、学年の200倍の金額を貰っていました。中学に行ってからは、1年生では2000円、2年生では3000円、3年生では4000円になり、高校では金額変動性か固定性かを選ばせてもらい、3年間固定で5000円と言う金額になりました。

でもそれは今から20年以上も前の話しだし、日本でのこと。果たしてオランダの子供たちは、お小遣いを貰っているのか・・・?と言う素朴な疑問を解消することから始めました。

というのも、オランダの子供たちは、小学校を卒業すると、夏休みの間だけや年間ででも決まった時間数であれば、「仕事」をすることが出来ると聞いたことがあるのです。

仕事・・・・とは言え、チラシの配布(こちらでは新聞にはチラシは入らず、チラシだけがビニール袋に入って、「希望をしていれば」投入されます)や、スーパーの陳列係などらしいのですが・・・。

そしてその働く期間によっては、親の健康保険から独立して、自分で契約をするとか。でもそれをすると、税金を払わないといけない場合だと思いますが、税金控除も受けられるので、本を買った場合など、手書きの領収書を書いてもらったりするそうです。

おまけに、高校生くらいになると、月に200ユーロくらいを(3万円弱)ファッションに費やすとか。私より金持ちジャン!・・・と思った覚えがあります。


・・・ここまで全て伝聞形式ですが、身近にそれくらいの年齢の子がいないので、テレビで聞いたことを中心に、自分の中で情報整理をしたからです。


では小学生の世界では?

ということで、さっちゃんが仲良くしているEちゃん・Mちゃん姉妹のママに恥をさらして聞きました。

二人のママは、私がオランダの事で知らないのは当たり前と思っていてくれるので、何でも聞きやすかったりするので、結構心強かったりします。

そのママの話では、




やっぱりグループ3あたりから貰っている子もいるし、もちろん貰っていない子もいるそうです。貰っていない子は、まぁ〜月にいくらまでと言う上限つきで、好きなものを買ってもらったりしているとか。

貰っている子でも、家庭によって金額はばらばらで、いくらが平均とはいえないそうです。

実際、月渡しの家庭もあれば、週渡しの家庭もあるとか。彼女の家庭では、週渡しにしていると言っていました。金額も、お姉ちゃんのほうが週に1.25ユーロで、妹のほうは1ユーロとか。

月に直すと、4〜5ユーロくらいが相場かな・・・?って感じでしょうか。


そしてもうひとつの疑問・・・。

「お小遣い帳ってあるのかしら・・・?」

私も母に買って貰ったか、自分で買ったかのお小遣い帳がありました。記入するのが苦手で、使い切った覚えがなかったです。(^^;;
(だから今でも家計簿ってつけられないのでしょうか・・・?爆)

こんな私だけれど、算数の計算の練習もかねて、貯めておけば増えるけれど、使えば減る・・・ということを身につけてもらいたくて、さっちゃんには頑張ってお小遣い帳をつけてもらいたかったのです。

でも答えは、「ないのよ〜。それって、いいアイディアね〜!!」・・・って逆に感心されてしまいました。(^^;;

・・・ってことで、自分でかわいいノートを買って、お小遣い帳を作ることに。こちらはすぐにクリアしましたが、肝心のがま口型のお財布。これがなかなかありません!

最初はやっぱり小金持ちになるはずなので(←古い表現ね!)、小銭がたくさん入るほうが便利だろうな〜と、がま口にこだわったので、なかなか見つからず、もう諦めかけていた3月の末・・・、みーちゃんの靴を買いに行ったところに、ありました!!!!

レジのそばに「バーゲン品」としておいてありました。

それを早速見つけたさっちゃん。「ママ、買ってね〜」とおねだり。ちょっとがま口とは違うし、大きいお財布だけど、小銭はたくさん入りそうだし、いいか・・・と買ってあげました。

と言うわけで、さっちゃんのお小遣いが始まりました。

私からは、毎週日曜日に1ユーロを貰う約束です。五右衛門からは、特別に約束はないので、貰うかもしれないし、貰えないかも・・・。

お小遣い帳の説明をして、1ユーロをあげて、記入したところで五右衛門登場・・・というグッドタイミングで、さっちゃんはお小遣い帳を五右衛門に見せ、五右衛門からもお小遣いを貰ったさっちゃん。

しかし!!!五右衛門はちょっとだけ意地悪をして、1.02ユーロをあげたのでした。と言うわけで、計算が出来なくなったさっちゃん。

1ユーロ=100ユーロセント

これが良く分かんないみたいです。

でも五右衛門が、丁寧に説明をして(私も手を変え品を変えて説明したけれど、駄目だった・・・)、何とか計算をしたさっちゃん。鼻高々でした。(笑)

翌週には、私が1.05ユーロあげて、ちょっと計算を難しくしました。(^^;;

でもその前の免疫で、ちゃんと1回で計算が出来たさっちゃん。いい調子です。

そうしたら、「いつお財布持って、お買い物に行くの〜〜??」と、お小遣いを使いたくって仕方がなくなってきたさっちゃん。

とうとう今日その日になりました。

今日はグッドフライディー。さっちゃんたちの学校は、この日も普通は通常に登校するのですが、今年はStudiedag(先生たちの勉強の日)にして、お休みです。おまけに金曜日なので、私は買い物の日。

と言うわけで、さっちゃんはお財布を持って家を出ました。(でもお財布が大きいので、私のポケットに忍ばせてありました。)

イースターに必要なものを買うのに、数件のお店を回り、その間にさっちゃんは欲しいものの物色です。そして見つけたものは・・・・、

Made in Japanのゲーム?

数独

でした。

初心者から経験者までのレベルが、1冊に収められているもので、1冊1.89ユーロ。セントの四捨五入があるので、実際に払うのは1.90ユーロですが、さっちゃんはこれを自分で買いました。

家に帰ってきて、ノートに記入して、レシートもノートに貼って・・・と全てを無難にこなしてました。引き算はさすがに難しかったようで、お財布の中にある小銭を数えたようですが、一応合っていました。(前はそれすら出来なかったものね・・・)

そして夕方から挑戦です。

「この列にはもう6があるから、この場所に6は来れないし・・・」などといいながら、初心者用のを私と二人で挑戦です。

それを横目にみーちゃんが、「私もやりたい」と・・・。確かにね、他人がやっていればやりたいのはわかるけど、みーちゃんの年齢ではまだ無理だと思うんですよ。

本人も多少は分かっているようで、「やりたい」・・・のは数独ではなく、「お小遣いを貰って、自分でお買い物」のほうなんでしょうね。


あと1年待ったらね、お財布を捜そうね!







posted by ニコラ at 23:27 | Comment(10) | TrackBack(1) | さっちゃんの世界
この記事へのコメント
さっちゃんも おこずかいを貰って何かをしたいのですね、 私の国では小さいときから現在は皆さん おこずかいを貰って自分で決めて使っています、皆さんためていますがさっちゃんはどうなるのでしょうか。
Posted by ダルマ at 2006年04月15日 08:59


はじめまして。

【1日1時間で!初心者でも簡単に無料ブログでフェラーリ代を稼ぐ方法】のムネトです。

この度は「100相互リンク支援センター」
の相互リンクで寄せていただきました。

相互リンクに誘って頂きありがとうございます。
貴サイトへのリンクが完了致しましたのでご確認ください。

  http://koredekimari1.jugem.jp/

すごいサイトですね、圧倒されました。
初心者ですが今後とも宜しくお願いします。
Posted by ムネト at 2006年04月15日 10:27


ダルマさん

さっちゃんは、まだ貰い始めたばかりで、「買ってみたい」衝動がまだまだあります。
今日もイースター前の買い物で、近くのショッピングセンターに行きましたが、また欲しいものを発見して、「いつになったら買えるか・・・」と聞かれました。(^^;;

それは結構高いものだったので、ある程度時間が掛かってしまうので、どうするか・・・、自分で決めてね・・・と言っておきました。

Posted by ニコラ at 2006年04月16日 03:27


ムネト様

リンクをありがとうございます。

私も「寝てフェラ」関係のMMを購読しています。(^^;;
もしかして、ムネト様?かもしれないですね。

これも何かのご縁、今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by ニコラ at 2006年04月16日 03:35


お小遣いをもらって、お小遣い帳で管理することって、算数の役にも立つし、自分自身を管理するという意味でもよいことですよね。さっちゃんも、ちょっぴり大人になった気分かな。

ところでオランダには家計簿ってありますか?見たことないような気がするのですが、私が気がつかなかっただけでしょうか?
Posted by jipenjanneke at 2006年04月16日 05:37


jipenjannekeさん

お小遣い帳は、いろいろな面でいいと思うのですが、ユーロとセントと二つの単位があるので、その計算がちょっと難しいです。

というのも、学校では縦の計算をまだ習わないし、横に書く計算式でも、3桁の計算はやらないんですよ〜。

なので、

 1,02
+0,03
−−−−−−
 1,05

って計算をさせるのが、大変なんです〜。

家計簿って、オランダにはないと思いますよ。(少なくとも売られているものは)

そう言えば、どうやって、オランダの人達は、お金の管理をしているんでしょうね〜?銀行からの連絡用紙だけ??


Posted by ニコラ at 2006年04月16日 07:08


トラバに誘われやってきました。
数独の記事にお買い物の記事〜???と思っていたら,お小遣いで数独をお買い上げになられたんですね。

100円持って駄菓子屋に出かけていた頃のことを思い出しましたよ^^
Posted by mozaiek at 2006年04月17日 08:25


お返事遅くなりました。すみません><
先日はトラックバック、ありがとうございました^^

さっちゃん、とってもかわいいですね。
自分で何かものを買うという行為がとても楽しいんでしょうね^^
Posted by ろんろん at 2006年04月17日 20:59


mozaiek様

TBの許可をありがとうございます。(^^)

本人にとっては、物凄く勇気が必要だったようで、数独を買ったあとはかなり興奮していました。

翌日にはさっちゃんのものを買いに行ったのですが、貴ブログにあるようなものが見つけられず、また日を改めて探しに行こうかと思っています。

子供が買った数独を、私がやってしまいそうなほど、面白いものですね!
Posted by ニコラ at 2006年04月18日 05:54


ろんろんさま

貴ブログで、台湾でもやっぱり人気なんだな〜と再認識をした次第です。(^^)

子供にとっては、集中力をつけるのに、とってもいいものだと思います。特にうちの子たち・・・集中力がないので(汗)、いい特訓材料になりそうです〜。



Posted by ニコラ at 2006年04月18日 06:01


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16590889
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

数独を始めてみよう!
Excerpt: ここにきて、数独と呼ばれるパズルゲームが脚光を浴びている。 ゲーム業界もその流行...
Weblog: Todasoft Blog
Tracked: 2006-04-15 10:32