2006年04月08日

宗教とお祭りの締めくくりに



先週からの学校のテーマの「宗教とお祭り」も、今日が最終日でした。それぞれのクラスが、いろいろな形でテーマの宗教とお祭りについて、勉強をした模様です。

その締めくくりと発表をかねて、お迎えの時間の15分前から、親も参加しての会が開かれました。

さっちゃんの学年は、ヒンズーと仏教。どちらかと言うとヒンズー教に重みがあったようです。

お教室の一部に、そのヒンズーと仏教のシンボルとなるようなものを置いていました。

そしてその物や、習った歴史や特徴などを、先生が質問をする形で答えていました。



まずヒンズー教の国は

いわずと知れたインドですが、もう一カ国ありました。それもオランダととっても関係の深い国です。なぜその国がヒンズーなのかと言うと、インドから労働者としてわたったから・・・らしいです。

その渡った先は・・・南米のオランダ領だったスリナムです!

それを聞いて納得しました。何を・・・?

スリナム料理はとってもスパイスが聞いていて、カレーっぽい味が多かったんです!

そして「火をたたえるお祭り」があるとのこと。2〜5日ほど続くとか。「ふ〜〜〜〜ん」って聞いていたニコラです。(^^;;

そして仏教関係ではないけれど、アジアからのものと言うことで、さっちゃんのご自慢の和食器セットをもって行き、それをテーブルに並べ、説明をしたそうです。親たちにもそれを説明したさっちゃん。ちゃんと言えてました〜。

最後に、火をたたえるお祭りで食べるものだと言われるものを、みんなで食べました。(子供たちが、回って分けてくれました。)バナナの乾燥させたものが美味しかった〜〜。

それからアジア代表の「あられ風おせんべい」。スーパーでも売っているほど人気です。(^^;;

今日でこの宗教とお祭りはおしまいですが、来週からは日にちが迫ってきているイースターに、話題が移るそうです。



posted by ニコラ at 05:41 | Comment(6) | TrackBack(0) | 学校の世界
この記事へのコメント
さっちゃんん、どのような話をしたのでしょうか
家から日本の 食器類を持って行き説明をしたのですか、 凄いですね、 皆さん興味がありましたでしょうか、
Posted by ダルマ at 2006年04月08日 09:04


お野菜用の器・お味噌汁用のお茶碗・ご飯用のお茶碗・おしょうゆ用のお皿・湯飲み茶碗・お箸・・・と説明をしました。

授業中には、お箸の使い方のデモンストレーションもしたとか。昨年の里帰りの時に、お箸の使い方の腕を上げたさっちゃん。クラスの子供たちにはまだ難しくても、さっちゃんは出来るので、「やっぱりね〜」とは思われているようですが、それでもこういう話題の時には、注目されるようです〜。

他の親たちにとっては、私が学校におすしを持ってくることを期待しているようですが(^^;;、いくら海苔巻きを作ると言っても、クラスには26名くらいいるし、それに親たちの分も・・・なんていったら大変なので、丁重にお断りしました〜。

Posted by ニコラ at 2006年04月09日 03:35


さっちゃん頑張りましたね。さっちゃんお箸の使い方とてもよく出来ていたのできっと皆さんも吃驚した事でしょう。 現在はテレビ番組でたまに見ますが、さっチャンのように上手にもつ方は少ないと思います。 さすが貴方のお子さんです、
きっと上手に教えた事でしょう。
Posted by ダルマ at 2006年04月09日 08:57


今日の夕飯は、二人の希望で「お持ち帰り中華」でした。そして二人は、大好きな「ビーフン」を食べました。もちろんお箸で!

お箸で食べると言うと、大喜びする二人です。やっぱり練習が一番!ですよね!(^^;;

Posted by ニコラ at 2006年04月10日 06:08


どうして外国人は海苔巻が好きなんでしょうか〜 見た目が綺麗だから?
ドイツ語で書かれた、ドイツで出版されているの日本料理の本も表紙が海苔巻だったりするし。。。海苔巻の海苔は大丈夫なのでしょうか?以前ドイツでインド人に海苔煎餅をあげたら、海苔が気持ち悪いといって吐かれた(苦)
私が思うに、海苔巻には日本人の「器用さ」が表現されているのではないでしょうか?あれは日本人特有の発想で、作り方も日本人にしか出来ないのかもしれませんネ。一度外国人に作らせて見ると、その魅力再発見できるかも!?
日本には春になると、お花見の時期になると、「お花見弁当を作りましょう★」、と海苔巻が女性用雑誌や料理雑誌で特集されます。先日、海苔巻だけの料理本も見ました。
小さな御子さんを持つ私の友人・知人の話では、具材を用意して巻くだけだから簡単よ〜、と海苔巻は手抜き料理に属するらしい。
Posted by よね at 2006年04月10日 18:21


よねちゃん

海苔巻きは、確かにちょっとエキゾティックな部分もあるのではないでしょうか?海苔が苦手な年配の方もいますが、私たちの年代より若い人達は、舌の許容範囲も広いらしく(?)、海苔があっても食べますね。

確かにオランダ料理の中には、海苔巻きのように「巻く」と言うものはないですね。

数年前に、子供たちが遊べる管理人のいる公園にて、「日本週間」と言うものをやって、海苔巻きを子供たちに作ってもらいました。やっぱり「巻く」と言う作業は・・・えらく大変そうでした。

そういう私も・・・実はあまり上手に巻けません。(爆)
だからって訳ではないですが、手抜き料理じゃないよ〜〜。だって、巻く材料を考えて、準備して・・・って、2日前から考えないと(少なくとも)作れないもの!
Posted by ニコラ at 2006年04月11日 04:03


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック