2006年03月29日

AVI・・・読みのレベル



オランダの学校では、グループ2から3にあがる時点から、落第があります。日本で言う幼稚園から小学校・・・という場面です。

でも日本では、「生まれた日」が基準となって、一斉に小学校に入学が「義務」となりますよね。オランダの義務教育は、5歳の誕生日からなので、一斉に・・・と言うのは当てはまりません。

それは、グループ2から3の時にも一緒です。担任の判断で(普通は二人いて、曜日のよって来る先生が違う)・・・この子はまだ遊びたい盛りだから、とか、語彙が少ないから・・・との理由で、グループ3にあがるのを1年先にしましょう・・・と言われる場合があります。

実はさっちゃんも、1年先送りにしましょうよ・・・って言われました。理由は、移民の子ほどではないけれど、オランダ人家庭の子に比べると語彙が少ない、また、引込み思案・・・というのが理由でした。

オランダ人家庭の子の場合、6歳では(グループ2の2月ごろ)6000語ほどの語彙があるそうです。移民の家庭では5000語。さっちゃんはその間の5500語。調べる手段として使ったテスト(グループ8でも使っているCITOのグループ2バージョン)を見ましたが、私でも知らない単語がたくさん!

「これじゃ〜、さっちゃんが知らなくても当たり前!」・・・と開き直った私です。(^^;;


さっちゃんも、みーちゃんも五右衛門とはオランダ語で話しをしていますが、私と話すときには「基本的」には日本語です。子供が言葉を覚えていく時には、やっぱり長い時間一緒に過ごす人の言語が、かなり影響を与えるようです。

とは言え、私はさっちゃんが0歳児の時には英語で、1歳を過ぎたあたりからオランダ語を交えて、みーちゃんが生まれた頃には日本語とオランダ語、学校に行く頃には日本語オンリーと、色々な言語を耳にしてきたわけです。

なので、五右衛門がオランダ語でだけ話をしていても、両親揃ってパーフェクトなオランダ語を話している家庭とは、やっぱり違うわけです。


さっちゃんが3歳の頃、始めて日本に行きました。日本語は私が話していたので、聞くのには不自由はしませんでしたが、話す・・・と言う作業はおぼつかない状態でした。

日本滞在も中盤に掛かった頃、私が免許取得のために家を空けることが多くなり、わが両親と日本語だけで話さないと駄目な状況に置かれたさっちゃん。最初の1週間は、少しだけ知っている単語を話していたようですが、1週間も過ぎると・・・子供は大変身!







顔は東洋なので、日本にいてもあまり「ガイジン」とは思えないです。そんな顔の子が、イントネーションも、発音も・・・日本の子とは全然違う音で、べ〜らべ〜らと話をしていると、事情を知らない方たちは、「何、この子!?」って思ったようです。

でも逆に、事情を知っている方たちは、「1週間でこんなになるの!?」と。


こんな事が合ったので、五右衛門は理由が何であれ、グループ3にあがれないのは認められない・・・と数回にわたる面談で主張しました。

学校側も、1年先に伸ばしたとしても、こちら思っている結果が得られる確信がない・・・との事から、無事に他の子達と3にあがりました。


グループ3でまずやることは、書く練習。ブロック体と数字・・・・この練習を、連日手を変え品を変えてします。読むための法則も覚えていきます。綺麗に書く練習もします。

クリスマス休暇までに、ブロック体では全ての字が大文字も小文字も書けるようになり、数字も間違えなく書ける様になっている筈です。

クリスマス休暇のあとから、もう筆記体の練習です。

その頃から、読みのレベル調査が始まります。

指定された教材を、指定の時間内に、許可された間違い内で読んでいく・・・というのが、そのレベル調査です。そのレベルをあらわすのに、AVIという単語を使います。1〜9+まであります。


3月の成績表には、「1」というのが書かれていれば、OK。6月に貰う成績表には、「2」が書かれていれば、グループ4にあがれます。

!・!?!


そうなんですよ!

グループ3では、AVI2を取っていないと、基本的にはグループ4には行かれません。これが判断材料の全てではないので、行かれる場合もありますが、まぁ〜条件付だと思います。

そしてグループ4では、AVI4を取れば合格です。

本屋に行って、子供向けの本を探す時には、このAVIがひとつの判断材料になります。そのAVIのレベルの子は、これくらいの字の大きさ・1ページの字数がちょうど良い・・・という基準で本が作られているので、子供にとっても読みやすいようです。


そしてさっちゃん・・・。グループ3にあがれない・・・と言う時期もありましたが、無事グループ3ではAVI2を取って、無事にグループ4にあがりました。

そしてグループ4では、1回のレベル調査で、何段階もクリアをしてしまい、AVI6を1回で取得。その後もAVI7を取りました。


いったいあの時のあがれない理由は何だったの!?


読むのと語彙は別のものだし、内弁慶と言うのは3にあがったときにも言われたけれど、今では活発で、意見もちゃんと言うし、読むのだって問題ない・・・って言われています。


AVI9+を取ったら、Tutorlezenというグループ7のTutor(メンター)との読みの練習も、なくなるとか。さっちゃんはそれを目指して、今頑張っています!






posted by ニコラ at 21:30 | Comment(7) | TrackBack(0) | さっちゃんの世界
この記事へのコメント
 さっちゃん大変でしたね、両親の努力があり
そこまでいかれたと思います、自分の子供ですから人が何を話そうと子供と真正面から向き合って
しなければ乗り越えられない物があります。
さっちゃんなら色々と頭のよい子ですのでやれば
すぐ出来るようになるでしょう。
 頑張るようにお伝えくださいね。
Posted by ダルマ at 2006年03月30日 09:23


さっちゃんが少し引っ込み思案ですか。
子供それぞれ性格があるから又そこが良いところかもしれませんよ。 なるべく家でも子供にはきはきと話をさる要にして行けば良くなるでしょう
此れからですよ、 楽しみがあり苦しみでもあり
それが子育ての大変な所でしょう。
 お母さん頑張ってくださいね。
Posted by ダルマ at 2006年03月30日 09:33


ダルマさん

さっちゃんも、みーちゃんも怒られていると思うと、話さなくなります。これはかなり小さい時からです。それが「引込み思案」と思われたのかは別ですが、時と場合によっては別人のようです。

五右衛門も学校の先生たちも、機会があるごとに、「話さないと分からないから」と言っていたのが功を奏してきたのか、最近ではかなりしゃべるようになりました。でも反抗的なときもあるので、五右衛門は切れてますけど。(^^;;

Posted by ニコラ at 2006年03月31日 02:48


 子供は見んな先に親が大きい声で早く言いなさいとか、 何をぐずぐずいているとか話すので
自分が話そうと思っても次が来るので話せないこともありますよ、 おだてると好いといいますよ
此方が凄く怒っていても一呼吸してから笑いながら話すと意外と効き目がありますよ、私の経験からですが、 私の娘の良くすねて話さず困りました、 そんな時は主人が良くそうしていましたよ
すると人が変わったように素直になり効き目が有りました。そのような事はしていると思いますが
懲りずに何回もやることです。
Posted by ダルマ at 2006年03月31日 10:22


さっちゃんも、みーちゃんも、全く話す気配がなく、口を瞑ったまま、下を向いているんです。だから同じ質問を10回もしないと駄目だとか。いい加減にそこまで質問をするとなると、こちらもだいぶイラついてきます。

五右衛門は最初は穏やかに話しているのですが、相手が何も話さないので、だんだん怒ってきます。今日も最初は冗談を言っていたけれど、さっちゃんが何も話さない、話しても「知らない」としか言わず、五右衛門は極度に達しました。

自分でも何かを質問をして、相手が答えないと怒るのに、自分は何も話さないので、困るんです。

Posted by ニコラ at 2006年04月01日 06:44


子供って、ある時点で、突然すご〜くジャンプアップしたりすることもあるので、さっちゃんもきっとグループ2・3の時はウォーミングアップの段階だったのでしょうね。グループ2・3の間に、さっちゃん自身のなかにいろいろ蓄えて、だからこそ自信もついて、グループ4で大ジャンプしたのではないでしょうか?それがまた次のステップを上らせる自信につながっていくのだと思います。
Posted by jipenjanneke at 2006年04月02日 18:04


jipenjanneke さん

そうですね〜、だといいんですけど。(^^;;

確かに早咲きの子と、遅咲きの子がいますから、一概に「あーだ」と決め付けるのは、良くないと思うんですよ。
今のところ、学校でもちゃんとついて行っている様だし、少しずつでも自分を見せているようなので、先生たちも「差」が見えていると言ってくれています。

それを何かの機会に、さっちゃんにも伝えて、次のステップに行かれるような自信につながって欲しいと思うんですが、意地を張るところがあるので、なかなか・・・。

もしかしたら、私もそうだったのかもしれないですから、かえるの子ってことで、あきらめるしかないですね。(^^;;
Posted by ニコラ at 2006年04月03日 04:25


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック