2010年06月23日

サッカーの応援は・・・ (Oranje supporter)



「保存」をしたら、投稿になっちゃってました。(汗)
続きを書いたので、もう一度最後まで読んでくださいね〜。m(..)m



結構体がしんどく、土曜日から日にちがたってしまいました。
風邪をひいているわけではなく、単に無理しちゃっただけなんですけどね。(^^;;

その理由で、土曜日の試合もテレビ中継は見れませんでした。(大涙)仕事してたんですよ・・・。もちろん五右衛門の仕事場のパソコンで、インターネットで見ることも出来るんですが、なにせケーブルでつながっているし、デスクトップだからパソコンを移動させらない!

五右衛門はラジオ放送のほうが好きなようですが・・・昔はテレビを見ながらビデオを、ラジオの音声で録画してたくらい(爆)・・・ラジオのサッカーの実況中継・・・感情が出すぎててついてけませんでした・・・。(汗)


今回のWKが南アフリカでの開催と言うことで、応援の仕方もかなり違うようですね。もちろんオレンジ軍団のサポーターたちも、いろんなオレンジを身につけているとは思いますが・・・オレンジのかつら(もしくはヘアースプレーでオレンジにしたとか・・・)・マフラー状のもの・オレンジの帽子・オレンジのシャツ・・・は基本グッズでしょう。

そしてサッカーの応援に必要なものが、応援歌なんですよね。
その応援歌・・・実はオランダ語の学校で使っていた教科書にも載っていたんですよ!!

オランダ語を勉強するなら・オランダに住むなら、この応援歌を知らなきゃだめ!!!・・・って脅かされている気分でしたが(^^;;、頭の部分しか覚えてません。(爆)
どんなのかと言うと・・・



これをいつ歌っているのか・・・記憶にないんですが、試合中やハーフタイムなんでしょうね〜。

歌詞は1950年に、公共放送の一部を担っているKROという会社の社員だったヤン・デ・クレアという人が書いたとされています。
当時はNOSではなく、KROがサッカーの試合を放送していて、このヤン・デ・クレア氏が前半戦・後半戦の内容を書いていたとの事で、歌詞は毎回違っていたそうです。

現在歌われる歌詞も、人によって・その時によって多少違うようですが、まぁ〜こんな感じです。

Hup Holland Hup
Laat de leeuw niet in z'n hempie staan
Hup Holland Hup
Trek het beesie geen pantoffels aan
Hup Holland Hup
Laat je uit het veld niet slaan
Want een leeuw op voetbalschoenen,
kan de hele wereld aan
Want een leeuw op voetbalschoenen,
kan de hele wereld aan.

意味は・・・
頑張れオランダ
ライオン(オランダのサッカーのマスコットと言うかシンボルと言うか・・・)にシャツを着せて立たせるな
頑張れオランダ
その動物(ライオンのこと)に木靴を履かせるな
頑張れオランダ
簡単に諦めるなよ!
なぜなら、サッカー靴を履いたライオンは
世界に立ち向かえるから(x2)


メロディーはディコ・ファン・デ・メア氏によるそうですが、Hans F. Maßmannの「Ich hab' mich ergeben (1820)」がベースになっているそうです。




そしてオランダが試合に勝つと歌うのが、日本では別の場面で使われているんですけども・・・これなんです。(途中だけですが)



歌っているのは、オランダを代表していた歌手の「アンドレイ・ハーゼス」氏。シンガーソングライターだったので、あの「蛍の光」を使ったんだと思うんですけどね。スコットランドの人たちはどう思っているんでしょうか?(「蛍の光」はスコットランド民謡)

1988年のEK(ヨーロッパカップ)で優勝をしたときに、超ヒットを記録したとか。確かに・・・この時は準決勝が対ドイツ戦。しかもドイツ大会。ドイツで、ドイツに勝った・・・って事で、オランダが燃えたんですよね。そして優勝。何百万人もが、サッカーチームの凱旋を見に、アムステルダムに行ったんですよ。途中通行止めとかあったし、予定は大幅に遅れたし、運河で凱旋パレードをしたけれど、住居ボートの屋根にたくさん人が乗って、そのボートが沈んじゃったり・・・・ってしたほど。五右衛門も電車に乗ってアムス迄駆けつけたとか。「あんだけたくさんの人を見たことない!」って言ってましたから、相当だったようですね。
(実際、準決勝のことは覚えていても、決勝の相手が誰だったかを覚えている人は・・・少ないです、ハイ。ちなみに決勝選はオランダ対ソ連でした。)

この歌は全部を歌うわけではなく、「蛍の光」の部分だけを、「Holland」と書いてあるマフラー状のものを頭の上にかざして、左右に揺ら揺ら体を振って歌うんですよ。
今度、オランダが勝ったら、気を付けて見ていてください。もしかしたら目にする・耳にするかもしれませんから!

皆が歌う部分の歌詞は・・・

Nederland oh Nederland
Jij bent de kampioen
Wij houden van Oranje. 
Om zijn daden en zijn doen. 


意味は・・・
オランダよ、オ〜、オランダよ
お前はチャンピオンだ
俺たちはオレンジ軍団(ここではサッカーチーム)が好きだ
その功績と行いがゆえにさ


あのメロディーでこの歌詞・・・いいでしょ〜〜〜。(爆)


さて、明日もこれを歌えるでしょうか!?


 



posted by ニコラ at 05:57 | Comment(6) | TrackBack(0) | サッカーの世界
この記事へのコメント
オランダもう一勝しましたね!!!

日本も勝ちましたら!

楽しみが続きます!
Posted by root at 2010年06月25日 06:09


ニコラさん、最後の君が代の所は良く分かりました、 色々と見ましたでも言葉がわからず絵だけです、 今度も決勝にいけるといいですね。 お子さんも見ていましたか。家族で見て騒いだのではないのでしょうか、この時には皆さん何処の家でも騒いでいたのでしょうね、次も勝てることを願っています。
Posted by ダルマ at 2010年06月26日 08:04


思わずメロディーだけてウルッとしてしまいそうになりましたが、買った後ですからそんな人もいるのでしょうね
Posted by root at 2010年06月26日 18:48


rootさま
オランダと日本と通過ですね!
さてさて、それぞれどこまで行かれるか・・・楽しみです!
Posted by ニコラ at 2010年06月29日 05:10


ダルマさん
騒ぎましたよ!騒いでますよ!
オランダが試合をする前から、路上では大変な騒音です〜。
今回はかなり頑張っているので、応援にも力が入りますよ!
Posted by ニコラ at 2010年06月29日 05:12


rootさま
確かに、顔がグジュグジュで歌っている人もいますよ!
でも日本人には、別の意味でジ〜〜〜ンと来る歌ですよね〜。
Posted by ニコラ at 2010年06月29日 05:13


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック