2010年06月08日

ユトレヒトの歴史・・・1 (over stad Utrecht -1-)



1月から2月にかけての、上の学校訪問のときに、ある学校でラテン語の授業を受けたと投稿しましたね。そのラテン語の授業がとても面白く、ラテン語の勉強をしようと画策しているのですが、やはりなかなか時間がとれず、まだ実行にはいたっていません。(涙)

そのラテン語の授業のときに聞いた面白い話し。そう・・・「ユトレヒト」についてなんですよ!


「天地は神が創ったが、オランダはオランダ人が造った」とはよく言われますが、ユトレヒトは違うんです。と言うのも、時はさかのぼること紀元前!ローマ帝国にまで行き着きます。

・・・とはちょっと大げさだけど(爆)、50年ごろ(紀元前じゃなくて、紀元後です〜〜)には、現在のドム塔・ドム教会のある辺りにローマ軍が駐屯していたとの記録があります。人数的には500名ほどとのことですけどね・・・。(^^;;

当時のローマ皇帝は、クラウディウス・・・とのことです〜。(調べました・・・。)


そしてあるとき突然出現した「船」が、家のそばにあるんです。その船は、ローマ軍がユトレヒトにやってきたときに使ったものを再現したんだとか。いつも車でしか通らないので、写真が撮れないのですが、小さなつり用のボートって感じです。(汗)

ローマ軍は陸からもやってきたのでしょうが、船でもやってきた・・・という証拠とされています。


そしてその当時に呼ばれていた名前が・・・

Traiectum ・・・なんだそうです。
意味は・・・歩いて渡れる場所なんだとか。

「でもこれには、Uがないよ!」・・・って思った貴方!!!


この最初のUは古いオランダ語の「uut」=現在の「uit」がくっついたんだとか。

・・・で合わせていくと、uit−Trechtになって、Utrechtになったとの話です。


東京は「東の京」から作られた名前、横浜は「(江戸の)横にある浜」・・・から作られたのとは、ちょっと違いますよね〜。

そしてそのユトレヒトですが、この後はとても重要な都市になります。そういう意味でかと言うと、まずはカトリック教会的に、歴史的にも条約が結ばれた場所、そして現在に至るまでも交通の要所となっています。


そんなユトレヒトが、6月2日に盛大にお祝いをしました。

何かと言うと・・・・



 

posted by ニコラ at 18:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | ユトレヒト散策
この記事へのコメント
面白いお話ありがとうございます!
続きが楽しみ!!!
Posted by root at 2010年06月09日 22:55


rootさま
結構びっくりする内容かも!?
続きを投稿したので、ご覧ください〜〜。
Posted by ニコラ at 2010年06月11日 19:14


オランダの事は良く知らず、ニコラさんのブログで始めて知り驚きました。 明日かしら元NHKの方で 池上さんがオランダに行きそちらの事をレポートします、どのようなことをレポートするか楽しみにしています。 テレビ番組でいくのですがね、興味があれば録画をしますよ。 連絡まで。
Posted by ダルマ at 2010年06月16日 06:46


ダルマさん
住んでいても、機会がなければ知らないことばかりですよ。
Posted by ニコラ at 2010年06月17日 02:45


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/152625192
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。