2010年05月14日

ジロがやってきた! (Giro d'Italia in Utrecht)



母の日の恒例行事を終えた後は、さっちゃん・みーちゃんの希望をかなえました。まぁ〜前日には、アムステルダムでの準備をテレビで見ていたし、学校に行く路上には、ボードも立てられていたので、心の準備は出来ていました。

ただ空模様がね〜〜〜。今にも雨が降りそうな感じになったり、太陽が顔を覗かせてみたり。それでも気温はかなり低く、10度ちょっと位ではなかったでしょうか。でも風が冷たく、冬のコートが必要な感じでした。

まずは「どこに立つか」が重要なので、五右衛門とみーちゃんと二人で、順路の下見。「この辺なら住宅地ではないから・・・」とか、「ここはカーブでスピードを落とすから・・・」とか、色々ポイントがあった模様です。

そして帰ってきた二人と一緒に行った先は・・・

アムステルダムの出発は12時。この日の走行距離は209km(210kmというのもありましたね〜)。さっちゃん・みーちゃんが学校から貰ってきた地図によると、家の側の予想通過時刻は4時過ぎ。

「今から行くなら・・・」ってことで五右衛門が選んだ場所は、家のすぐ側のロトンデでした。(爆)3時過ぎに家を出て、自転車で10分も走らないで着いちゃう場所。(^^;;

着いた時にはまだ人もまばらでした。
Giro1.jpg

でも広い通り(交差点)では・・・
Giro2.jpg
結構すごい人!

そうしている間に、道路の閉鎖が始まり、迂回をさせられる車が右往左往に。そんな車を横目に・・・
Giro3.jpg
「ジログッズ」を売る車です〜〜。
バラで買うと高いけど、セットもあるよ〜〜、10ユーロだよ〜〜・・・って言葉に、五右衛門も買いそうになったけれど、現金を持ってなくて買えませんでした。(汗・・・現金はなくすと大変だから、極力持たないようにしてます)

それを横目に、白バイが行ったり来たり。「白バイのポリさん」って言ったら、さっちゃんが馬鹿受け!「ポリさん」ってのが、面白い音らしいんですよ。(謎)


待っている間に、周りにはたくさんの人が集まってきて、結構「携帯のラジオ」を聞いている人が多かった!その人たちの実況報告で、「今はNieuwegein(ユトレヒトの隣町)だって!」とか、「Uithof(大学のある場所)を走っているよ!」なんて聞いては、「後15分?30分かな・・・?」なんて話してましたが・・・

私たちがいた場所までは、結構時間がかかりましたね〜。選手たちがやってくる前には、広告の車がたくさん来て、「もうすぐかな?」なんて気を持たせたけれど、全く選手たちが来ない!

そして4時半過ぎ・・・もう5時近かったかも・・・2台のヘリコプターの音とともにやってきましたよ!
Giro4.jpg

あまりにも早くて、シャッタースピードが合わない!(^^;;
それでもみーちゃんが頑張って数枚撮ったのですが、すぐに・・・
Giro5.jpg
自転車の予備を積んでる車ばかりに!

そして最後に、白バイと救急車が通っておしまい!


「これだけ!?!?!?!」・・・って声が至る所から!




いや〜〜〜、本当、「これだけ!?!?!」の世界でした。(^^;;

1時間半待って、15秒見たかな・・・?くらいですね。

そして家に帰ってテレビをつけたら、ゴール寸前でした。そしてハイライトを見たら、私達のいた場所に来る前に、結構転倒が合ったようで、到着がかなり遅れたようです。

そして私たちの目の前をあっという間に過ぎて行った後、まっすぐの広い場所でも転倒が・・・。ゴールもかなり遅れた模様ですね。


・・・・と、ロードレースには向かない環境なのか、最近のロードレースは転倒がつきものだからなのか・・・。


寒い中、ブルブル震えながら待って、見たのは「これだけ!?」だったけれど、テレビでは見れないロードレースの裏側も、少しは見られて面白かったです〜〜。


 






posted by ニコラ at 07:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | オランダ
この記事へのコメント
こんにちは、ニコラ

何というおかしい偶然の一致でしょう。 Giroは1日後に私たちの家を通り過ぎました。 私は、最初に、わが校の自転車ツアーで助けました。 私たちには、良い見張りポイントがありました。 私たちは約90分間待ちました。 しかしながら、それはくり抜かれていませんでした。 私たちはワインと食物を持って来ました。 イタリアの人々さえ私たちに酔っぱらっています。
見るには約8分かかった、すべての乗り手が通ります。 私は良い記念品Tシャツとピンクのバンダナ毛皮を私のヘルメットの下に買いました。
Bramはまだ記念品車のテキストを繰り返しています。 「ユーロの5つのものだけのピンクのバンダナ。」

私のウェブログを見てください。 私はGiroに関する多くの記事を持っています。

それでは

Sjors

Hello Nikola,

What a funny coincidence. The Giro passed our house a day later. I had helped with the bicycle tour of our school first. We had a good look-out point. We waited for about 90 minutes. It was not boring however. We brought wine and food. Even Italian people drunk with us.

It took about 8 minutes to see the all riders pass. I bought a nice souvenir T-Shirt and a pink bandanna fur under my helmet.

Bram is still repeating the text of the souvenir cars. "A pink bandanna for only 5 euro's".

Look on my weblog. I have a lot of articles about the Giro.

Kind regards,

Sjors
Posted by Sjors at 2010年05月15日 22:40


Sjorsさん
Lucky you dat je 8 minuten lang kon zien ! Bij ons was het echt meteen voorbij !
Amsterdam naar Middelburg was stukje langer dan 209 km ?
Sraks ga ik kijken naar je blog !

groetjes,
Nicola
Posted by ニコラ at 2010年05月19日 05:41


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/149825563
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。