2010年04月18日

まだまだ空港情報 (nog steeds dicht)



Facebook情報ですが・・・

昨日は「明日には再開します」なんてことを言っていたKLMで、テスト飛行は成功とは言っていても、飛行解除には至っていません。


今日4月18日13時時点の情報では

ヨーロッパ内はすべてキャンセル
国際便に関しても、到着はすべてキャンセルで、出発に関しては少なくとも20時まではキャンセル


と言う風に発表しています。

超低空でのテスト飛行も、9回もやって、すべて成功とは言っているけれど、まだだめなようですね。

実際、庭仕事をしたら・・・無風!!

高度が上がれば、風が出てくるとは言え、この無風は静か過ぎ!

これだけ無風であれば、火山灰が空中に漂ってしまうんでしょうね。(誰か大きな扇風機を作ってくれれば問題解決!?爆 まぁ〜それだけ風って偉大〜〜〜)


出張が迫っている方たちは、とてつもなく大変なことになっているかと思います。電車で行くと言っても、座席の確保が出来る??夜行で行く??

車で行くと言っても、渋滞は大丈夫??


人事ながら、とても心配しちゃってます。(^^;;



KLMでは、5月7日の金曜日までの予定で、無料にて「リブック」が出来るようです。もうかれこれ5日くらいたつのでしょうか・・・?アムステルダムー成田便だけでも、1500人以上の方が足止めを食っていることになりますからね。成田にもそれだけの方たちが足止めを食い、大阪便もあるのでかなりの人数に・・・。



自然が相手のこととはいえ、困ったことになってきましたね。


 



posted by ニコラ at 22:57 | Comment(8) | TrackBack(0) | オランダ
この記事へのコメント
大変ですね。
試験飛行には成功してもとばせない理由があるのでしょうね。
上空はわかりませんが風が弱いと灰も漂いそうですね。

早く元に戻るとよいと思います。

ちなみに、アメリカの空港も影響を受け始めたのでしょうか? そのようなテロップをどこかで読んだようにおもいます。
Posted by root at 2010年04月19日 05:38


こんばんは。
お初寄せて頂きます。よろしくね。

空港閉鎖、えらいことになっておりますなぁ。
オランダって、風が強い土地でしたわよね?
無風なんて、やっぱり異常でしょうか?

今朝、假屋崎省吾さん(華道家)が、オランダで足止めになっていると、出演予定番組に電話で語っておられました。
確実に、あちこちに影響が出て来ています。
Posted by にゃい at 2010年04月19日 23:25


こんにちは、ニコラさん。 
今回の記事も共感させてもらう所が多かったので、コメントさせて頂きました。

お仕事関係の方はもちろん、観光で楽しい時間を過ごそうと思ってきた方たちにも大変な時になってしまいましたね。 ユーロスターもユーロラインも満席、キャンセル待ちで先が見えない状況のようです。
数日の欠航ならまだ笑い話しにもなりますけど、ここまで来ると待つのも疲れてきちゃうでしょうね。
みなさんの為にも、欧州経済の為にも(ここか!)いち早い対策と航空機の運行再開を願うばかりです。

大きい扇風機で火山灰を逆方向に飛ばすアイデア、実現させたいですね!(笑。いや、笑い事じゃないんですけど)
Posted by とも at 2010年04月20日 02:22


rootさま
火山灰の漂っている高度が、結構問題なようです。それに昔火山灰が原因で、飛行機も落ちているし・・・。慎重になっているんですよね。成田とは規模が違うヨーロッパやアメリカの飛行場。「行ったきり戻れない」方たちの数も、かなりの数。乗務員たちもしかり。収入がないのに、出費だけは膨れ上がり・・・!
でも妥協点を見つけられそうです。
Posted by ニコラ at 2010年04月20日 03:43


にゃいさん
オランダは花や野菜の輸出国。日本にもたくさん輸出しています。が・・・輸出予定のものが出せず、大変のようです。逆に日本から見ると、入ってこないから品薄状態。
現代の技術を持っても、やっぱり自然には勝てないということでしょうね〜。
Posted by ニコラ at 2010年04月20日 03:45


ともさん
お久しぶりです!
夕方のニュースで、イギリス海軍は船を貸し出すようですね。(貸し出すと言うか、援助すると言うか・・・?)
あまりにも足止めを食っている方たちの数が多いから、普通どおりの運行では間に合いませんからね!
高いホテル代も問題になっているようですね。ボランティアで、ソファーを使わせてあげている人もいるとか。我が家も近かったら、そうしてあげたかったです〜。5日も終わりの見えない状態で待つのって、辛いですからね!
Posted by ニコラ at 2010年04月20日 03:48


このたびの噴火では何処の飛行場でも大変でしたね。成田でももの凄く皆さんが疲れた気が休まらずお困りでしょうと何処か忘れましたが無い他の近くを観光バスで案内をしてお風呂にも入れてたたみの部屋で休ませてしていました。皆さんとても気に入れ大変嬉しく思いますと話していました。浅草の方に行くバスもありとても喜んでいました。皆さんとてもよく日本語を話されていました。オランダでも大変でしたでしょうね。
Posted by ダルマ at 2010年04月21日 13:04


ダルマさん
出国してしまっていた人たちが、空港の外に出られず、確か赤十字の方たちと、空港の手配のサービスだけで、ず〜〜〜〜っと過ごしていたんですよ。「いつ出発できるか分からない」とのことだったので。
ほかの方たちは帰宅させられたり、ホテルに回されたんです。(回されたと言っても、自分で探さないとだめでしたが)なので大混乱にはならなかったのですが、それが一番の奇跡かも!?
Posted by ニコラ at 2010年04月24日 06:45


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック