2006年03月06日

冬の名物料理・・・その3



今日は久〜〜〜〜しぶりにプールに行きました。さっちゃんも、みーちゃんも、週に2回(1回が45分と短いけれど)泳いでいるので、日曜日にも泳ぐと疲れるかな・・・?と言う心配もありますが、それでも体を動かすいい場所なので、気分転換をかねて行きます。

しかし今回は・・・前回行ったのが11月ごろかな?と言うくらい前なので、「絶対にくたびれる」と言う変な自信があり、今日の夕飯は・・・やっぱり手抜きの出来るもの!ということで、準備をしておきました。(まぁ〜、金曜日の買い物の時に、そういうものを選ぶわけですが・・・)

そして作ったものは・・・






これで〜〜す!!



「またソーセージ!?」って声が聞こえてきそうだけど(爆)・・・、そうです〜〜。


でこれは、五右衛門が純粋なオランダ人に変身する物なんです〜〜〜。


必要な材料は、オランダ語で「ブーレンコール」と言われるキャベツの一種。英語では、そのまま訳すと「ファーマーズキャベッジ」になるけれど、カーリーケイル(curly kyleだったかな?)ではないか・・・と、思っています。日本語では「ちりめんキャベツ」だとか。でもこれ、日本で見たことなかったです。

オランダ人でも、畑を持っている人や、栽培をしている人しか本当の姿は見たことがないと思うんですが、苗はガーデンセンターで購入できます。

お店で「ブーレンコール」を買うときには、もう細かく裁断されて、袋に入った状態のものになります。



(こんな感じのものです。)


五右衛門は、「2日分作ったほうが、翌日、より美味しいものが食べられる」と言うけれど、どうしても1日分しか作りません。エルテンスープは2日分でも食べられるけれど、スタンポットはね・・・・。ちょっとパスします。(苦笑)


このブーレンコールを熱湯で茹でますが、その時にお酢を小さじ1杯くらい入れると、味と色がよくなります。茹でる時間は、ジャガイモと同じくらい。私はジャガイモを火にかけると同時に、ブーレンコールも火にかけます。
(大なべで、下にジャガイモを入れて、その上にこのブーレンコールをのせ、お酢を入れてゆでる・・・のが正式らしいのですが、お酢とジャガイモでなかなか茹らないのでしません。)

その他の材料は・・・やっぱりベーコンですね。

ジャガイモが茹ったら、例のジャガイモつぶし機でつぶし、


(これですね!)

お湯を切ったブーレンコール、ベーコン、私は温めた牛乳(ブーレンコールの茹で汁でもOK)・塩・胡椒と混ぜ合わせます。


すると、「ブーレンコールのスタンポット」の出来上がり〜〜〜〜!!




皆様のご協力のおかげで、少しずつ上昇しています。ありがとうございます!


posted by ニコラ at 06:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 美味しい世界
この記事へのコメント
こんにちは!
先ほどは私のブログにコメント下さり、ありがとうございました。
こちらのお友達リンクに、私の知り合い達のブログが載っていて、なんだか世間は狭いですね〜。(笑)
オランダの方もソーセージお好きですか?
フィン人も大好物です。
マッシュポテトもしかり。
これはマッシュポテトの豪華版って感じで美味しそうですね〜。

また遊びに来ますね♪
Posted by joulupulla at 2006年03月08日 20:53


オランダのソーセージは、しょっぱいですよ〜。(食べた後にのどが渇く)おまけに、皮がふにゃふにゃ・・・日本で売られているシャウエッセンタイプのはなかなか・・・ないですね〜。

でも、スナックとして食べるシャウエッセンタイプのはあるのですが、五右衛門は嫌いです。(爆)私は大好きなんですけどね〜。

このスタンポットは、好きな野菜を入れて作れるので、結構便利ですよ。でも私には・・・大人用離乳食・・・って思う時があるんですけどね。(爆)
Posted by ニコラ at 2006年03月09日 04:22


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック