2010年03月04日

地方選挙 (Gemeenteraadsverkiezing)



今日はお雛様ですが・・・我が家はお雛様を出していません。あぁ〜〜〜大丈夫なんでしょうか。あとで日にちが変る前に、お顔を拝見してきます。(汗・汗)

今日はオランダでは地方選挙が行われ、朝7時半から21時まで投票で、即日開票が行われています。

日本での投票といえば、白い紙を貰って、そこに自筆で、間違えずに候補者の名前を書く・・・というのが法則ですよね?・・・まさか、方法が変っているとは・・・?(^^;;

でもオランダでは全く違う方法です。

前回の地方選挙の時には、ユトレヒトではレフレンダムも行われました。内容は・・・日曜日の開店に賛成か、反対か・・・だったんですが、ここユトレヒトは結構コンサバな場所なので、反対多数でした。

そして今回はそのようなレフレンダムは行われず、単に市議会議員の選挙です。


EU以外からの人でオランダのパスポートを持っていない人は、合法的に5年続けてオランダに住んでいると、このような地方選挙に参加することが出来ます。

私ももう10年を過ぎ、今回も召集令状を貰ったので、投票をしてきましたよ〜〜。

オランダの選挙は、人が中心というよりも、党が中心。だから・・・というわけではないのでしょうが、選挙運動の電話もかかってこないし(我が家だけ?)、選挙カーもありません。

テレビでのディベート大会も、地方選挙にもかかわらず、党の代表が出てきて・・・まぁ〜出てきたのは大きな6党でしたが・・・やってました〜。

2月の末に内閣総辞職になったので、6月上旬に総選挙が行われます。その前哨戦にもあたるので、各党とも白熱したディベートを展開してました。

そして投票は・・・オランダの場合比例代表制だと思います。そして各市が

リスト1・・・現第一党
リスト2・・・現第二党
リスト3・・・現第三党
リスト4・・・現第4党・・・

と参加する党をリストアップします。そしてそれぞれの党が、候補者のリストを発表します。

そして投票は、「人」にするわけですが、集計は「党ごと」になり、A党が何パーセントの指示を集めたかを計算し、それが何人になるのかの計算をしていくわけです。

前回の投票では「投票用の機械」が使われましたが、結果に信憑性がないとのことで、それ以降はすべての投票が、伝統的な方法になっています。つまりは・・・

「赤鉛筆」が必要なんですね〜〜。


投票用紙はA3くらいの大判。それが四つ折になっていて、そこには党ごとに、候補者の名前が印刷されていて、その名前の前には○も印刷されています。そしてその○を、赤鉛筆で塗りつぶす・・・というのが、こちらの伝統的な方法です。



そして開票は、9時に投票が締め切られたらすぐに始まります。と同時に、テレビでは速報番組が始まります。

今日はオランダ対アメリカのサッカー友好試合が行われていますが、そっちのけで(^^;;選挙速報の番組にかじりついている五右衛門です。


さてさて・・・どんな選挙結果になるんだか・・・。なんだか移民反対の党が大幅に支持を伸ばしたとの結果のようですね〜。んんんん・・・・良くない予感・・・。



 


posted by ニコラ at 06:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | オランダ
この記事へのコメント
 ニコラさん、選挙に行かれたのですか、所変われば色々と変わり大変でしょう、 よく選挙の事お勉強して行きましたか、大変でしょう、此れにこりずこれからも頑張ってくださいね。
Posted by ダルマ at 2010年03月16日 13:11


ダルマさん
五右衛門の影響で、国会中継やら選挙前のディベート大会は、私の大好きなテレビ番組になりました。(^^;;
投票をするにも、内容が分からないと、思った党に投票できませんからね。
Posted by ニコラ at 2010年03月17日 05:22


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック