2010年02月25日

逃した金は大きい! (oh oh oh .... waarom !?)



火曜日のお昼に食べたビザで、女3人がどうも食あたりと言うか、食中毒と言うか・・・ものすごいことになりました。おまけにサーバーメインテナンスもあったようで、これが今日は3本目の投稿。他の投稿分も合わせて、読んでくださいね〜。

火曜日の夕食を食べる直前に、私の背中が痛くなり、食欲がなくなり・・・、食事中にさっちゃん・みーちゃんも食欲もなくなり、食後は3人してトイレがお友達の状態でした。ピザを食べていない五右衛門だけが元気!

そんな状態で見た男子スピードスケート10000m。唖然としちゃいました!

4年前のトリノでも、アメリカのヘドリック選手が同じ事をして失格となったのですが・・・、まさかわれらがクレーマー選手もが同じ事で失格になるとは!

そうなんですよ・・・、転んで失格ならある程度あきらめもつきますが、今回は10kmも完走した後・・・まぁ〜途中で分かったのですが・・・それもオリンピック新記録でフィニッシュをした後に、「コース変更間違い」と言うことで失格に!

あぁ〜〜〜〜・・・なんということ!

クレーマー選手自身は、「外のコース」と思っていたけれど、韓国のリー選手との時間差を書くのに忙しくて、滑っていたコースを確認していなかったコーチの勘違いから、「内のコースへ」との指示により失格になってしまったわけです。

五右衛門の話だと、むか〜〜〜〜しは交差するところに人が立っていて、交差の指示をしていたんだとか。それがいつの間にかなくなってしまった模様です。

水曜日のテレビでは、「なぜ!?」と言う特集や、これまでの失格特集のようなものをやっていました。結構重要なときに、選手は間違えているようなのですね。

クラーマー選手やケムカースコーチが最初ではないのですが、メダルの期待が200%の距離だった為に、失格と言う文字にため息以上のものが・・・・。

それもオリンピック新記録だったし・・・といっても、11m近く短く滑ったことになるそうなので、まぁ〜ちょっとはタイムもはしょらないと!?(^^;;

韓国のリー選手は、オランダに言わせれば「タナボタ金」だしね〜。でもおかげで、3位にボブ・デ・ヨング選手が入ったし!(前回のトリノ大会では優勝!)


逃した金は大きいけれど、銅は獲得!


五右衛門が送ってきた面白い合成写真を。
この辺はオランダのジョークですね〜。
思いっきり笑ってやってください!

その一・・・これなら間違えても、怒れない!?

その二・・・勝つためには・・・?

その二は、間違えたときにコーチが、「リーとの差・・・」と書いてあったものと間違えたことを、パロッタ物。この辺がオランダらしいですね〜。
(オランダ語の意味は・・・・内側のバーンへ=早いよ!・・・ってことです。)


 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/142172169
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。