2006年03月13日

ゴミの出し方



オランダのゴミの出し方は、日本とは多少違います。

まず、住宅地の中には、特定のゴミの収集箱があります。それは


古着・古い靴(ただし再利用可能なもの)

ガラス(色分けするところと、ごちゃ混ぜのところとある)


です。

古着・古い靴は、ビニールに入れて投入。
紙はリサイクルにするので、食料が入っていた紙の箱類は出せませんが、卵の紙パックはOK。
ガラスは、クリスタルや電球は駄目なので、ビンしか入れては駄目なようです。まぁ〜、ワイン・ジュースのビン・・・って事ですね。



(ビンの収集箱ーここは色分けします。)



(紙の収集箱ー良い物と悪い物が写真付きで貼ってあります。)




古電池は、電池を売っているお店や電気屋さんにもって行きます。カウンターで渡す場合と、古電池専用のゴミ箱がある場合とあります。


なので、上に書かれたものを、一般のゴミと一緒に捨てると、違反になり、ばれると(ゴミ検査の人達がいます)罰金を払うことになります。(もしかしたら、自治体によって違うかもしれません)


家の前に出せるゴミは、オランダ語の頭文字をとった「GTF」と「その他」です。

GTFは、野菜・庭からのもの・果物のことです。野菜・果物の皮、枝や雑草を指します。またコーヒーフィルター・卵の殻も捨てられます。

これらは集められて、「土」にリサイクルされます。
ということで、「洗剤のついたものは、出してはいけません」。


(先日のエルテンスープの時の野菜の皮もこうやって貯めておいて)




(こんな感じで、専用のコンテナに入れます。)



「その他」は、一番上に書いた古着・紙・ビン以外で、GTF以外で、乾電池でもないものということで・・・牛乳パック・卵のプラスチックパック・「紙の収集箱に入れられない紙」・プラスチックのもの・缶・・・などがあたります。が・・・・強い洗剤の容器は捨ててはいけません。まぁ〜、分けて捨てられないもの「以外」って事でしょうか。(^^;;

注:容器にどくろのマークがついているものは、「化学品収集車」が近所に来たときに(1年に1回かな?)、出します。古電池も出せます。


何か抜けていると思いませんか??


そう、ペットボトル・ビール瓶です〜〜。

ビール瓶は330ccと500ccとありますが、1本25セントの「借り賃」が必要です。ビール瓶ケースは、1つ5ユーロとかだったかな?
ペットボトルは、1リットルと1.5リットルの両方で、それぞれやっぱり1本25セントが必要です。

これは購入時にレジで支払いますが、スーパーや酒屋などに持っていくと、返金してもらえます。
(スーパーの場合は、店内に返却専用の機械があり、そこから出てくるレシートを持ってレジに行き、返金をしてもらう。)




そしてGTFもその他も、1週間に1回の収集です。が・・・自治体によっては、GTFは2週間に1回のところもあります。今のような冬場はいいですが、夏場は困ります・・・。そして自治体によっては、GTFのコンテナーの「無料洗浄サービス」もあります。(ユトレヒトの場合、昨年は3回でした。)



粗大ゴミは・・・


引越しや、改装などで出た粗大ゴミは、ゴミ回収所に持って行ってもいいし、そこに電話をして引き取りの日を予約しても良いです。引き取ってもらうにしても、無料で出来ますが、1回当たり1.5m立方メートルとなっています。(ユトレヒトの場合)

また、出してはいけないものもあるようで、電話で予約をしたら、「予約受付確認」の手紙が送られてきます。その手紙には、出してはいけないもの・・・のリストもあるので、確認しながら出します。(大抵の場合、ギブス・土・化学品等ではないかと思います。)



そしてどのゴミの場合も、「出すのは朝8時まで」となっていますが、前の晩から出しておいては・・・見つかるとこれまた罰金になるようです。

また夕方4時くらいにはゴミの収集は終わっているので、それ以降も出しておくと・・・罰金だと、ユトレヒトのゴミ収集所の人は言っていました。


実家のある横浜では、牛乳パックは水洗いをして、開いた状態にすること、紙の収集は月に1回(だったかな??)、生ゴミの収集は週に3回(2回だった??)、缶・ペットボトルも定期的に来ていました。











posted by ニコラ at 07:16 | Comment(4) | TrackBack(0) | オランダ
この記事へのコメント
私のうちは、ゴミ置き場があるくせに、管理組合のうるさいおばちゃまのせいで、収集日の朝8時にならないと出せません。なので、こう言うゴミ箱は、とても、とても、うらやましいです。
Posted by ぽん at 2006年03月14日 16:09


ぽんさん

ゴミ置き場は、「いつでも出せる」と思っていたのですが、違うのですね!?

まぁ〜、ゴミ置き場によっては、溢れるほどになっていても、収集車が来てくれないときもあるので、周りに迷惑をかけないように・・・との心積もりなのでしょうが、夏場は本当に困りますよね。(いくら日本より湿度が低いとは言え、匂いは同じですからね・・・)

Posted by ニコラ at 2006年03月15日 04:10


コンポストでしたっけ?あれが欲しいです。オランダは、こうやって、公共のものがあって、本当に、良いですね〜。にしても、生ゴミ、少ないですね。すばらしいです!!
Posted by ぽん at 2006年03月15日 16:28


ぽんさん

ははは・・・、わざと少ない時に撮ったんですよ〜〜。(^^;;
でも1週間で、このゴミ箱がいっぱいになることは・・・ほとんどないです。生ゴミのほかに、雑草なんかを入れると、溢れるほどになりますが、冬場は少ないです。

1日1回しか温かい食事をしないし、出る生ゴミと言えば、ジャガイモの皮が毎日、野菜の皮が多少、果物を食べればその皮くらいですからね。

やっぱり日本のほうが、食べる野菜の種類とか量が違うと思いますよ。

Posted by ニコラ at 2006年03月15日 17:42


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック