2006年03月17日

フライドポテトとマヨネーズの関係



オランダでは、フライドポテトを食べるのに、「マヨネーズ」を一般的につけます。お店でフライドポテトを注文する時、「パタット・メット」(フライドポテト・ウィズ)って言うだけで通じてしまうのです。

本来だったら、「パタット・メット・マヨネーゼ」って言わなきゃいけないけれど、マヨネーズをつけるのが普通だから、省略しているようです。(五右衛門の談)


だから・・・?かもしれないけれど、世界的に展開している赤がトレードカラーのハンバーガー店では、日本ではただでもらえるケチャップ・・・、オランダでは有料です!

ただだと信じていた私は、お会計も済ませて待っている間に、「あっそうだ・・・、ケチャップもお願いね」と何気なく言ったら、「xxセントね」って言われて唖然とした覚えがあります。(^^;;

ところ変われば、システム変わる・・・。常識でしたね・・・。


そしてそのフライドポテトにつけるマヨネーズ・・・フライドポテトとの相性は凄く良いです。最初はゲ〜〜〜〜、っと思っていても、そのうち・・・「フライドポテトにはマヨネーズがなきゃね!」って思い始めますから。

でもそのマヨネーズには大きな(?)落とし穴があるのです。






というのも、




甘いのです!!


フライドポテトと食べている時には感じませんが、サラダに使う時には、「砂糖が入ってるの?」って感じます。日本のさっぱりしたマヨネーズになれていると、おもったる〜〜〜〜く感じます。

重いから、軽くしようと・・・マヨネーズを作る時の材料でもあるお酢を入れて作り直しても、美味しくないです。(断言)


でも、どうしても美味しいマヨネーズで食べたいの!

・・・って場合は、



1.レモン汁を少しずつ入れて、好みの酸っぱさにする

2.ピクルスのみじん切りと、その汁(漬かっていた液体)で伸ばす






私はず〜〜〜〜〜っと1番の方法でサラダを作っていました。(マヨネーズを利用する時)しかしある時、タルタルソースもどきを作る時の要領で、ピクルスの汁でマヨネーズを伸ばして、野菜とあえて見たら・・・美味しい〜〜〜!!!

さっちゃんも、みーちゃんもピクルスが大好き!学校のお弁当には、ピクルスを持っていくこともあるくらいです。マヨネーズも大好きな上に、大好きなピクルスがサラダの中に入っていたら(みじん切りでよく見えないけれど、拾って食べてます・・・)、もうその日は大変ですよ〜〜。(^^;;


この方法が、卵サラダにも通用するかは分かりませんが、一度サラダの時の試してみてください。


実は先日・・・日本のマヨネーズを買ってくるのを忘れたんです、アムスに行って・・・。次はいつ行かれるか分からないので、私もこの方法で、オランダのマヨネーズを利用して、日本のマヨネーズは「これじゃなきゃ駄目なの!」って時しか使いません。





posted by ニコラ at 20:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | 美味しい世界
この記事へのコメント
フライドポテトにマヨネーズ???いや〜、日本では、考えられないですよね。でも、おいしいんですね。食べてみたい!!うちは、塩オンりーですねえ。子供たちは、ケチャップもほとんど、つけたことがないです。私は、サブウェイのバジル味の塩が好きです♪

ピクルスの汁とあわせるの、私もやってみます!!おいしそう♪私もピクルスは、大好きです。次女は、マックに行って、「きゅ〜かんべ〜が何枚、入っているかなあ?」といつも、のぞくので、嫌になっちゃいます。
Posted by ぽん at 2006年03月19日 16:05


ぽんさん、

日本のマヨネーズとフライドポテトは・・・多分あまり相性がよくないと思います。またケチャップの味も、こちらのとは少し違うんじゃないかな・・・って思いますね。というのも、こっちのケチャップ、結構すっぱみを感じるんですよ。(変だけど)

マヨネーズを伸ばすのにピクルスの汁はとってもいいですよ!ヨーグルトとかサワークリームもいいけれど、結構もったりするけれど、ピクルスの汁だとさっぱり!ぜひお試しください!
Posted by ニコラ at 2006年03月19日 22:47


はじめまして。
このブログにある、その甘いマヨネーズを
探してます!7月にオランダに行って依頼、実は、その甘いマヨネーズをつけて食べるポテトのトリコになってしまいました。
日本で買える所、知りませんか?
Posted by おくちゃん at 2007年09月17日 00:06


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック