2010年02月10日

中等教育 (middelbare school/ voortgezet onderwijs)



今日はちょっと硬い話題です〜〜。(^^;;

そう・・・オランダの教育システムについてなんですよ。


オランダの義務教育は、5歳のお誕生日から・・・とずっと書いてきましたが、実は!!!「4歳のお誕生日後の最初の月の初日から」というのが本当のようです。・・・というのは、最初は5歳からが義務教育でしたが、4歳に引き下げ・・・というのを聞いてはいたのですが、いつから実行されているのかは謎なんです。

ところが、Wikipediaのオランダ語版を見ると、4歳からが義務教育となっているので、ここ数年で変ったようです。

そしてこの義務教育は、基礎学校(日本的には小学校)の8年と中等教育の4年の12年になります。

日本的に考えると、「4歳から12年なら・・・」になるのですが、9月生まれの子達への気遣いや(繰り上げ進学をさせる場合が殆ど)、落第もあるので、16歳で卒業ばかりではありません〜。


そして現在、さっちゃんが直面している「次の学校選択」があります。

この中等教育ですが、日本とはかなり違います。

日本では義務教育の中学が3年、希望者が行く高校が3年というのが普通だと思います。

が・・・オランダの場合、中等教育の学校に種類とレベルがあります。

Nederland-Onderwijs.jpg
(Wikipediaより)
さっちゃん・みーちゃんは図の一番下の緑の部分にいます。そしてさっちゃんは、上手く行けば・・・その上の青の部分に行くはずです。

これが中等教育の2−3年の基礎部分になります。

この中等教育ですが・・・

VMBO
HAVO
VWO
Atheneum(アテノウム)
Gymnasium(ギムナジウム)

ですね。VWO以上は大学進学コースといっていいですが、Atheneum・Gymnasium・VWOと、実は内容が少し違います。

本来の意味での大学進学コースはGymnasium。ここではラテン語と古代ギリシャ語を学びますが、Atheneumを含めて他のコースでは学びません。(これが一番の大きな違い!)
(でも学校の特色として、Gymunasiumでなくてもラテン語を教えているところもあります。)


VMBOには4つのレベルがあり、理論よりは(職業)実技に重みをおいています。(レベルによって、どれくらいの比重を置くか変ります。)年数は4年です。

HAVO以上は、まぁ〜普通の学校・・・って感じですね。HAVOは5年、それ以外は6年です。


昔はそれぞれのコースが独立していたようですが、最近の傾向として、VMBOの一番上のレベルとHAVOを併せたクラスや、HAVO/VWOを併せたクラス・・・と二股クラスを設置している学校が殆どの印象です。

そして学校やレベルによって、1年間だけ合同であったり、2年間合同であったりします。そしてその合同の期間に取った成績によって、VMBO/HAVO/VWOなどのその先のコースが決まります。


そしてHAVOのコースであっても、成績によってはVWOに移ることも可能で、最終的にはラテン語や古代ギリシャ語を勉強していなくても(つまりはギムナジウムの卒業扱いではないけれど)、大学に行くことも可能です。

なぜそういうことが可能かというと、1つの学校には、最低でも2つのレベルがあるので(多ければ全レベルまでも)、移動が可能なんです。つまりは、入学時はVMBOだけれど、成績がよくって途中でHAVOに移り、そこからまた勉強意欲がわいてVWOに移って卒業・・・も可能なんです。(ただし上記の通り、ラテン語と古代ギリシャ語をやっていないので、ギムナジウム卒業にはならない)そして大学へも、卒業試験の点数によっては行かれます。


大学とは別に、日本的に言うと・・・専門学校になるのでしょうかね〜?・・・中等・高等職業学校(MBO/HBO)に行く人もいます。・・・というか、こっちのほうが多いんだと思いますよ。



頭では分かっていても、なかなか言葉では表せなくって、少しは理解できたでしょうか・・・・?(滝汗)


 



posted by ニコラ at 08:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 学校の世界
この記事へのコメント
4歳からですと日本で言うと幼稚園ですね。 それにつけても一見複雑そうに見えますが皆さんきっちり理解されているのでしょうね

いずれにしても国として教育にはお金をちゃんとかけているということでもあるのでしょうか?

日本とは随分違うなと思いました

ともあれ、さっちゃんが希望のところに行けますように
Posted by root at 2010年02月10日 22:09


rootさま
複雑そうなんですが、学校の種類は違っても、行き来が可能・・・ってことのようです。日本的に言うと、普通高校・商業高校・工業高校間で、成績によって移動する・・・って思えばわかりやすいでしょうか?
教育にあまりお金を掛けていず、予算が削られています。勉強する内容も、レベルが下がっているとか。五右衛門は、「このしゃべり方・・・なんだ!?僕が子供の頃の、10歳児のしゃべり方だぞ!?」って、15・16歳のしゃべり方を見て言ってます。(^^;;
Posted by ニコラ at 2010年02月12日 06:17


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/140719166
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。