2006年02月26日

女子5000m



今日でスピードスケートはスケジュールがお終い。その締めくくりは、女子5000mでした。別の距離の結果で、3人目の参加が認められる・・・という状況だったオランダ。その時の結果は悪く、3人目の参加はなりませんでした。

そして参加をしたのは、レナーテ・フリューネボルト選手と、カリーン・クライボウカー選手。



このお二人・・・。

フリューネボルト選手はオールラウンド選手権にも参加したり、そこで優勝したりしたこともあるので、知っていますが、もう一人のクライボウカー選手・・・全く見たことがないのです・・・。それでも12月末の選考会でいいタイムを出したので、トリノ行きが決定したんです。

でも、はっきり言って・・・入賞の可能性は??

低いと思っていました。(爆)


だって、カナダの選手たちにペフシュタイン選手・・・チェコの新鋭だっていますから。

そうしたら、やっぱり・・・、今日は全然駄目でしたね。

なので、この話題はこれでお終い。(^^;;



こちらの時間で8時半過ぎに始まった、男子10000mのメダルの授与式。何とメダルを授与するのは、東京オリンピックで一世風靡を飾ったアントン・ヘーシンクさん!一人ずつと、長いことお言葉をかけていましたね。(何を言っていたのか・・・興味津々!)

そして花束贈呈役の方もオランダ人!

IOCもサービスしてくれましたね〜〜!!


そしてボブ・デ・ヨング選手。もう嬉しさを隠せないのがひしひしと伝わってきました。そしてさっちゃんも、みーちゃんも・・・まだ歌詞は覚えていないけれど、オランダ国歌をメロディーだけだけれど歌いました。いつもは寝ている時間だけれど、特別に起こしておいた甲斐がありました。まだオランダがメダルを貰えるか・・・は定かじゃないですが、金メダルは無理かもしれませんからね。(^^;;


明日はアイスホッケーの決勝戦。フィンランド対スウェーデン。因縁の対決ですね。アジアで言えば日本対韓国か中国。オランダで言えば・・・オランダ対ドイツ的な要素があるそうな。やっぱり隣国同士というのは、仲が悪いそうで・・・。この2国も例外ではないそうです。

その決勝戦が終われば・・・オリンピックも閉幕です。早かったような、長かったような・・・。でも十分に楽しみましたよね!

日本の皆さんは時差の関係で、寝不足やニュースが気になる!の状態が続いたと思います。時差がないオランダでも、仕事から早く帰ってきたり、夕方からはず〜〜〜っと11時過ぎまでテレビにへばりついていたりと、あまり健康的ではなかったです。

ぎゃくに終わってから、オリンピックの選手たちを真似してスポーツをする人が増えるのでしょうか!?



posted by ニコラ at 05:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | トリノオリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック