2006年02月25日

凄い!!(日本編)



昨夜は、あまりにもアイスダンスの変貌ぶりに失望して、女子シングルを見る予定ではなかったけれど、10時過ぎに仕事を終えたので、テレビ観戦をすることに。五右衛門は、私が前の日に「見る予定ではない」といったので、9時ごろ仕事場へ。

見始めたときに、アメリカのコーヘン選手が演技をしている時でしたが、コメンテイターの様子がちょっと変!?演技が終わってのリプレイを見て唖然・・・。ご丁寧にも2回尻餅をおつきなっていらして・・・!

その後荒川選手でしたね。見ていて「すご〜〜〜〜〜〜い!」としか思えませんでした。あの細い体から、あのしなやかな動きが次から次へと出てくると、も〜〜〜見入ってしまいますね。

そして得点発表で1位へ!日本の応援団の興奮がテレビを通して伝わってきました〜。


そして続く選手たち・・・荒川選手に押されてしまったのか、演技の内容・技術のレベルの「差」を感じられました。皆さんメダルは欲しいから・・・出来れば金色が欲しいから頑張っているのですが、ちょっとした「差」が積み重なって、荒川選手のほうが勝っていた結果になりましたね。


イタリアのエミリアさんのブログにに写真がありますが、コーヘン選手の面線が・・・気になりますね〜。(^^;;

やっぱり金色のほうが良いのは分かるけど、その銀色のだって「欲しい!」って人がいるのにね・・・。やっぱりかなりショックだったのでしょうか??



posted by ニコラ at 04:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | トリノオリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック