2009年12月03日

オランダ人の名前・・・地形編2 (Wendy van Dijk)



今日は久しぶりにオランダ人の名前ですよ〜〜。


オランダ在住の長い方なら、あるテレビ番組をご存知だと思います。その番組では、金髪のオランダ人女性が、「日本語の通訳」に成りすまして、色々なスターにインタビューをするというものです。

一緒にいる男性は、私の目には日本人のようにも見えますが、偽通訳役のこの女性は、訳の分からない語・・・での通訳をしていました。

この番組、ここ1・2年放送がありませんでした。また見たいな〜〜と思っていたら、バージョンアップをして戻ってきたんですよ!


この偽通訳のときの名前が「Ushi」。
今年放送されたものが、YouTubeにありました。字幕はオランダ語ですが、しゃべっているのは英語なので、分かるでしょうか・・・?
質問はもちろん、「わざと」のもの。結構ぼけてます。(^^;;

まずパート1。


パート2。



そして今年からはじめた新バージョン。
インタビュー相手は、アイルランドの「霊と話す人」のDerek Ogilvie氏。
このインタビューの前に、上の「偽日本人」のインタビューを受けた・・・と話をしているのですが、同じ人から別の変装で再度インタビューを受けているんですよね〜。反応は・・・見ていると分かりますが・・・・?




ここではアンティル諸島出身の人を装ってます。

同一人物って、信じられますか???


そしてこの変装をしているのが、

Wendy van Dijk(ウェンディー・ファン・ダイク)と言う方。

オフィシャルHPは「こちら」


この「ダイク」というのが堤防と言う意味なんです。


きっとご先祖様は、堤防のそばに住んでいたんでしょうね〜。



 


posted by ニコラ at 07:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | オランダ語の世界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/134570012
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。