2006年02月18日

仮装パーティーとその後



今日はみーちゃんのクラスでは仮装パーティーでした。でも、カメラを忘れたニコラです!(大馬鹿!)

さっちゃんと、みーちゃんの学校では、期間を決めてひとつのテーマについて勉強をします。さっちゃんのクラスでは「輸送手段のもの」でした。ということで、昨日の木曜日は、近所にある最近再オープンした「鉄道博物館」。学校から歩いていったそうですが、帰りは土砂降りの中歩いたとか。「い〜〜〜ぱい濡れたの!」って怒ってました。でも博物館ではとっても楽しかったようで、「また行きたい!」と叫んでましたね〜。

みーちゃんのクラスは、「プリンスとプリンセス」。子供たちが大好きなテーマですね。男の子も、女の子もあこがれるプリンスとプリンセス。「このテーマに沿ったものならば、何でも良い」との事で、ゾロのような男の子もいれば、道化になった女の子も。

みーちゃんは、12月のシンタクラースで貰った「プリンセス」のドレスを着ていきました。おまけに、去年のお誕生日に貰った王冠もして!

クラスでは、ママ・パパたちが(ママだけではありませんよ!)作ってきたものや、持参したものをテーブルに綺麗に並べ、子供たちも待ちきれない様子。でも、最初にパーティーと称して、ディスコをした模様。そして最後に、パーティーディナーでお開き。

パンあり、パンネンクックあり、果物ありと、軽く一食分は食べた模様です。

そして帰宅時間。みーちゃんはドレスを着ているから、お友達とのお約束(遊びに行くこと)は止めにしたのですが、さっちゃんは大の仲良しのNちゃんのところに。そのNちゃんのことは、みーちゃんも大好きなので、事件は起こりました。



「じゃ〜帰るよ〜」とみーちゃんに言っても、みーちゃんがいない!ぐるりと見回したら、Nちゃんと手をつないで、一緒に遊びに良く雰囲気で付いていっている!

「ほら、帰るから!」といったら・・・すねたみーちゃん。

昨日の木曜日から、車は学校からちょっと離れたところにとめてあるので、道路をわたったり、水溜りに気をつけたりと・・・こっちとしては気をつけるところがいっぱいあるけれど、そんなことにはお構いなしのみーちゃん。

クラスメートのママが、「みーちゃんもお約束したの?違うの??どこ??」と心配してくれるほど、離れたところで泣き叫んでいたのですよ。

それでも置いていかれる!と思ったら、着いて来たけれど・・・・。でも今度はこっちの腹の虫が収まりません。

家に帰ってきても、お昼ご飯を用意して、自分の分を勝手に食べて、オリンピックの放送を見ていたら・・・いつの間にか寝てました。(^^;;
五右衛門からの電話で起こされて・・・それも2回も!・・・ぼ〜〜〜っとしながら台所を片付けて、車に飛び乗ってさっちゃんのお迎えに。

そうしたらまた五右衛門から電話。「何か変だよ!」って。そりゃそ〜ですよ!「ごめんなさい」って言わないんだもの!!車の中で言っていれば・・・、帰ってきてからすぐ言っていれば・・・、こんなに腹は煮え返りませんでしたよ。

それを言ったら、五右衛門はすぐに帰宅した模様。さっちゃんと帰宅をしたら、みーちゃんはベットに入れられていえました。今日のシンクロのクラスもお休みさせられました。

やったことも悪いけれど、五右衛門が何をしたのか聞いていったところ、答えない・・・これはいつものこと、それに、答えたかと思ったら嘘をついた・・・私が何をしたのか言っていたので話が合わない・・・ということで、今度は五右衛門の腹の虫が収まらなくなりました。

シンクロにはさっちゃんだけ行き、帰ってきたら・・・みーちゃんはもう夢の中。後でトイレに起こさなきゃ・・・。


posted by ニコラ at 04:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | みーちゃんの世界
この記事へのコメント
 さっちゃん 又すねたの行く前に話して連れて行かないと 子供はでめですよ。此れからもあることですねでお気よ付けあそばせ
Posted by ダルマ at 2006年02月18日 08:52


さっちゃんじゃなくて、みーちゃんです、すねたのは。ちゃんと納得していたんだけど、さっちゃんのクラスのほうに移動して、さっちゃんが遊びに行くことになったら、「なんで・・・?」って事になったみたいです。

「ドレスじゃ遊びに行かない」とは言ってあったし(もう月曜日から)、本人も納得していたけど、Nちゃんのところには、弟がいて、その弟がみーちゃんのクラスにいて、みーちゃんは大の仲良しだから、行きたくなったのは分かるけど、何も言わずについていくのはまずいですよ。

向こうのお父さんだって、承知していてではないからね。

そのあとで、泣き叫んだということで五右衛門に嘘をついたのもまた駄目。シンクロの先生にも、「嘘をついてのお仕置きで、今日は来ません」といったら、「嘘は駄目。分かったわ」との事で、納得でした。

これでまた、ひとつ覚えてくれると良いんだけど。
Posted by ニコラ at 2006年02月18日 21:45


すっすごい!
>シンクロの先生にも、「嘘をついてのお仕置きで、>今日は来ません」といったら、「嘘は駄目。分かっ>たわ」との事で、納得でした。
というくだり。
日本だったら、こういう理由では先生は納得しないだろう〜なー。母親が「風邪気味だから」と嘘をついて^^;休ませているかも?!
こんなに頑なにすねるのは、みーちゃんにしてみれば、不公平な扱いを受けた、という考えなんでしょうか・・・?お洋服の事は別として。この「大の仲良しのお友達のところへ行く」という『点』だけで考えた場合だけれども。
・・・かわいい〜





Posted by よね at 2006年02月20日 01:14



「嘘は駄目」と言うのはやっぱり小さい時から教えないとね。今までにも「嘘は駄目」と教えているけれど、やっぱりつかれてしまったようで、五右衛門も耐えられなかったんでしょうね。

してはいけないことをしたら、どうなるか・・・ということも、覚えないといけないので、楽しみにしていることを今回は取り上げたようです。

家庭の方針・・・と言うのもとても大切にするので、他人がとやかく言わない・・・と言うのスタンスです。だから、「親がそういうなら仕方ない」って事も。(^^;;

学校の後のお約束は、送迎の関係で、順番にやっています。じゃないと、いつもいつもさっちゃんだけとか、みーちゃんだけになってしまうから。土曜日にお誕生日会で、みーちゃんは「お約束」をしたわけなので、順番としてはさっちゃんであったとも言えます。普段は納得していても、時によってはなかなか・・・。そうなると、今回のようなことになってしまうのですよ。

Posted by ニコラ at 2006年02月20日 06:34


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック