2009年11月20日

ワールドカップ2010 (WK 2010)



来年の南アフリカで行われる、サッカーのワールドカップに出場できる国が決まりましたね。フランス対アイルランド・・・今までの歴史からすると、再試合はないと思われますが、どうなるでしょう・・・?

この決定に先駆けて、FIFAが南アフリカでやっていることを紹介していました。これを見て・・・口あんぐりでした。

でも五右衛門が言うには、サッカーだけではなく、オリンピックも同じだよと。なぜなら、ギリシャは未だに借金の返済をしているとの事なので。

なぜそういう事が起きるかと言うと・・・

来年のワールドカップに関してになりますが・・・

・各スタジアムの大きさ(可能収容人数)はFIFAが決定
・決勝が行われるスタジアムの場所は、カメラアングルを考えて決められた
・スタジアムの建設は24時間体制で行われているが、この仕事には白人系は携わっていない。つまり労働者は貧民街からの黒人で、安い賃金で働いているが、ボーナスもなければ、スタジアムで観戦出来る可能性もないとか。それに怒った労働者たちは、デモを行った
・スタジアムがある場所は貧民街から遠い「山の手」
・屋台などで生活をしていた人たちは、そこでの仕事が出来なくなった。つまりは、スポンサーのマ○クなど「だけ」がそこで商売が出来るように手配されている。(もちろんスタジアム内で飲めるものも・・・持込も含めて・・・スポンサーの会社のものだけになりますね〜)
・屋台以外の路上での販売店も、販売不可能。これにはコピーライトがからみ、「2010」・「World」・「Champ」などの言葉を入れたり、サッカーボールの絵を描いたものなど・・・「オフィシャルでないもの」は売ってはいけないとのこと。でもそれを知らない人たちが、た〜〜〜〜〜くさんいて、た〜〜〜〜くさんのおみやげ物を作っているんですよね。



などなどなどなど・・・。



表向きは、南アフリカの発展の為とか、一種の経済援助になるとか聞きますが、実際に行われているのは・・・スポンサーの為の商売とも言えるし、FIFA自身の儲けのためとも言えるし・・・。

韓国・日本で行われたとき・・・その1年前に里帰りをしていたのですが・・・FIFAの権力は感じなかったんですが、それは日本の経済力が原因だと五右衛門は言います。

色々な制約・決まりごと・・・日本にとっては普通のことでも、南アフリカの人たちにとっては、新しいこと・・・と言うこともありますからね。


でも南アフリカからの視点で、FIFAのやっていることやワールドカップを見たら・・・びっくりした・・・というか、再認識したと言うか・・・。ちょっと不思議な感覚ですね。


 


posted by ニコラ at 06:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | サッカーの世界
この記事へのコメント
サッカー、すごい迫力ですよね〜。最近、よく、ニュースでやっています。ワールドカップがあるんですね〜。知りませんでした。
Posted by ぽん at 2009年11月20日 08:44


ぽんさん
サッカー関係は、はずせない話題なんですよ〜、オランダでは。サッカー・スケート・自転車・水泳・・・どれもはずせないけど。(^^;;
サッカーのワールドカップは、来年の6・7月にあるんですよ。南アフリカだと真冬だけど。
Posted by ニコラ at 2009年11月22日 07:11


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/133406529
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。