2009年10月22日

オランダ語トーク



昨日の火曜日は、さっちゃん・みーちゃんを引き連れて、買い物でした。荷物持ちの二人がいると、私は楽チン!(^^;;

その買い物の途中で、近所に住むオランダ語の学校時代の友達に会いました。私が見つけるより先に、さっちゃんがいつも彼女のことを見つけるんですよね。

彼女はブラジル出身なので、母国語がポルトガル語。私には未知の世界です。(^^;;
彼女の名前はRから始まるけれど、発音はラ行じゃないんですよね〜。彼女はオランダに来てから・・・でも英語は出来るけど・・・自分の名前をラ行で呼ばれるのに、かなり時間がかかったと言ってました。それもあって、私達はちゃんとラ行じゃなく、本来の名前で呼んでます〜。

その彼女に会ったので、伝えたかったことを言いました。まぁ〜さっちゃん・みーちゃんが着ていたお古・・・捨てるにはもったいないけど、まだ着れるものをあげようと・・・まぁ〜本人が欲しければですが・・・(^^;;

もちろん!

との答えだったので、忘れないうちに・・・と、今日3人でお古を持っていきました。


そして今日は弾丸オランダ語トーク。


色々と教えてもらいましたよ〜。ブラジルのこと、彼女自身のこと、家族のこと。今日はご主人もいたので、話に花が咲いて大変でした。(^^;; Rちゃんもおしゃべりだけど、ご主人もものすごいおしゃべり!だから弾丸オランダ語トーク・・・。

いや〜、迫力負けしてました。(汗)

10時半から3時まで・・・ひっさしぶりにたくさん脳みそ使ったぞ〜〜〜〜。


その中で一番びっくりしたのが、彼女は黒人系ですが、やはり黒人系の人が太陽のない場所に住むというのは大変なようです。ヨーロッパの秋から冬は、太陽がほとんど出ず、どんよりとした曇りの日が多いです。すると、黒人の人たちが必要なビタミンが、太陽から摂取できないので・・・大人の場合はエキストラでカルシウムの錠剤を摂取、子供の場合はビタミンDの液体を、普通の子供の倍(我が家の二人は普通量の摂取でしたが)ほど摂取しないといけないそうです。

やっぱり体がそのように出来ているので、太陽がないと大変なんですね〜。


それに、やっぱり人間も太陽の恵みを全身で受けているんですね。普段は感じないけれど・・・得に日本の冬は、冬でも太陽が出るから、太陽のありがたみというのは、ヨーロッパやアメリカにいるよりも感じにくいと思うんですが・・・そういう話を聞くと、愛のためにオランダに来たけれど、体にとっては結構負担になっているのかもね・・・って思ってしまう・・・。(^^;;


彼女がびっくりしたのは、日本の現状かな。結構怖い状況が、すぐそこにあって、その怖さを体験するのも、運次第・・・ってこと。子供の誘拐とか、子供携帯というものの存在・・・オランダでも子供の誘拐というのは多分あると思うけれど、ニュースにはならない・・・次の犯罪を防ぐ意味でも、そういう情報は伏せられている模様で・・・でも親が12歳までは学校の送迎についていったりするから、それである程度は未然に防げているとか。でも子供携帯というのは存在しないし・・・。


日本国外での日本人社会は、ブラジルでが一番大きく、日系の人たちとの接点は結構会ったような感じです。その彼女が、「え!?日本でそういうことがあるの!?」と、大きなお目目が余計に大きくなってしまう話でした。


そんなこんな話を途切れることなく・・・4時間以上・・・。


オランダ語で話すのは苦ではないけど、弾丸トークのあとは・・・やっぱり疲れるよ!!


 






posted by ニコラ at 05:21 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
お疲れ様でした!

 さて、新聞の連載で、アポロ宇宙船の会話通訳で有名になった通訳者西山千さんが、晩年、手紙などに英語を使われるようになられたとか、それまでは日本語だったそうですので、その方にとっての母語は英語だったのかなということをある方が書いておられました。
 こういう意味ではニコラさんの母語は、オランダ語になりつつもあるのでしょうか?

私など一生日本語以外あり得ませんが...

Posted by root at 2009年10月22日 06:48


昨日は楽しく過ごしましたね。そのように話した事は暫らくぶりでしょう。出も子供さん一緒で時間を気にする事がなく思う存分お話をした事でしょう。日本は冬でも日が当たり薬を飲む事もな過ごしいですね。ニコラさんも、英語 ドイツ語 オランダ語と大変ですね。 良く頑張っていらっしゃいますね。 私など日本語もままならず困る事もあります。
Posted by ダルマ at 2009年10月22日 12:52


rootさま
母国語をどのように捕らえるか・・・にも因りますが、私は「夢を何語で見るか?」に絞っています。起きているときには、ある程度意識的な部分がありますが、夢を見ているときには、無意識ですからね。私の場合は・・・なんと日本語・英語・オランダ語と、三カ国語で見ました。(^^;; めったに見ない夢ですが、日本語以外の言葉の夢のあとは、結構疲れているんですよね〜。自分で本当にしゃべっていたみたく!(爆)
Posted by ニコラ at 2009年10月23日 03:59


ダルマさん
ご主人もいたし、さっちゃん・みーちゃんが2歳の男の子と遊んでくれていたので、弾丸トークになりました。これだけの年の差があると、面倒が見れるので、心配しないで済みますね〜。(^^;;
Posted by ニコラ at 2009年10月23日 04:14


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/130890179
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。