2009年10月10日

Lees smakelijk !



今年も今週の水曜日から始まりましたよ!

何が!?・・・という方は、アーカイブで10月を少しだけ検索してみてください〜〜。(^^;;

何が出てくるかというと・・・児童図書週間です〜〜。


そして今年のテーマが・・・


タイトルにあるのですが、
kinderboekenweek6.jpg

Lees smakelijk!というものです。

意味は、「美味しく読んでね!」でしょうか。

これはオランダ語の「いただきます」をもじった物なんですよ。
(いただきますは、「Eet smakelijk!」です)

ということで、食べ物に関する事・物がテーマになった本が選ばれています。


そして学校では、児童図書週間のオープニングにあわせて、こんなセッティングが!
kinderboekenweek7.jpg

ん〜〜〜、お腹が空きそう!(爆)

実際、水曜日は学校の先生たちの勉強の日でお休みだったので、木曜日が初日だったのですが、3時のお迎えの時にはと〜〜〜っても美味しい匂いがしていました!どこかのグループが、「オランダ版クレープ」を焼いた模様です。

さっちゃんがまだ学校に行く前に行っていたシュペールザールでも、その時のテーマが何かの食べ物だったようで、やはりオランダ版クレープを焼いて食べたんですよね〜。

子供たちが大好きなオランダ版クレープ。こういうテーマの時にははずせないもののようです。


今週から来週の金曜日まで、児童図書週間ということで、図書館や学校では、色々な特別なことを勉強したり体験したりするようです。


そして児童図書週間が終わると・・・1週間の秋休みです〜。


 



posted by ニコラ at 05:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | 風物詩
この記事へのコメント
テーブルが置かれたのは、発表会などでおなじみの場所ですね。
読書週間とか月間は日本でもあるとおもいあすが、取り組み方が全然違いますね。
日本の学校はいまやつまらないところになりつつあるのかもしれませんが、オランダの学校は楽しいところみたいですね。
ちなみに読んだ本の発表会などもあるのでしょうか?
Posted by root at 2009年10月10日 08:08


rootさま
そうです〜。場所はその場所です!
オランダの小学校は、楽しむところというほうを大事にしているように思います。もちろん覚えることもたくさんありますが。(^^;;
この児童図書週間では、ベスト作家賞が渡されるんですよ。児童文学作家たちの本が、5・6冊ほど選ばれて、その中から金賞・銀賞・・・って選ばれます。
Posted by ニコラ at 2009年10月11日 04:09


日本とオランダ、読書週間は、どちらにもありますが、全然、違う印象ですね。以前、長女が図書委員をやっていたので、読書週間も見ましたが、図書委員がおすすめの本をポスターにするだけ。そんな活動だけでは、全然、貸し出し数が増えなかったみたいです。当たり前ですよね〜。

おいしそうな感じ。読書は、読書でもおいしいものが載っているものが見たくなりました。
Posted by ぽん at 2009年10月11日 07:15


ぽんさん
学校には図書館はないので、学校で本を借りることは出来ません。なので、自分たちで図書館の会員になります。でも18歳以下は無料なので(あれ、そうだったよね・・・?)、結構気楽に借りられます。
私も今週は、かこつけて料理の本をたくさん見ています〜。(^^;;
Posted by ニコラ at 2009年10月12日 05:35


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック