2009年10月01日

定年の年齢



現在のオランダの定年は、65歳になっています。その年齢になったら、年金を積み立ててきた人は、その年金をもらい始めます。でもやはり働いた年数により、積み立てた年金額が変ってきますので、一概に年金額はいくらだ・・・とは言えませんね。

そのもらう年金額が少ない人・・・・多分最低の収入額と関係するんだと思うのですが(まだ年金システムについて、100%把握していないので・・・)・・・また年金を積み立てていない人(専業主婦でいた人など)などは、WAOという保険金をもらうことになります。

このWAOというのはオランダ特有の法律のようで、オランダ名はWet op de arbeidsongeschiktheidsverzekering・・・と、長ったらしい名前です。(^^;; なので省略しているわけです。

でもこの名前は年金ではなく・・・

労働不可能の保険の法律・・・とでも訳せるものなんです。日本的に言うと、労災保険?の意味合いもあります。

つまりは65歳でなく、何歳であっても、仕事が出来ない状態になったときに、申請して受け取ることが出来ます。その場合はもちろん審査もあるし、期間も決められているようです。そしてなかなか受理されないとの噂もあります。


先日のプリンシェスダーハでのベアトリクス女王の指示は、「年金給付年齢を67歳に」というものがありました。それを受けて、国会では喧々諤々。労働組合長と雇用側とがテーブルに着くはずだったけれど、合意するはずだから?とかでテーブルには着かなかったとか、って五右衛門が言ってました。
(サッカーの試合とこの手のニュースを、チャンネルサーフでは理解できない・・・!)

内閣はすでに、67歳にする方向で動いているわけですが、年金の資金が足りなくなるのを避ける為・・・とか言っているんですけどね・・・雇用の現場はどうなんでしょうか。

また事務職と体力勝負の職種とでは、65歳と67歳の差って、結構あると思うんですよ。


かなりむか〜〜〜〜しのことになりましたが、日本では60歳から65歳に引き上げられましたよね。あの時は段階的にだったと思うのですが、今回はどうなんでしょうか。


今年はオランダと日本の間の年金が、一本化されたので、日本で払っていた社会年金を、65歳以降にオランダでもらえることになりました。

さてオランダの年金・・・一時期五右衛門の社員になっていたので、すずめの涙ほどの年金もあります。それでは足りないのでWAOももらうことになると思いますが、どんなシステムになっていることやら。

現在はまだ年金とは関係のない年齢ですが(若ぶってる!?)、そのうちやってくる(はずの)65歳。気になりますね〜。


 



posted by ニコラ at 06:04 | Comment(8) | TrackBack(0) | オランダ
この記事へのコメント
本当ですねえ。私もこの年齢になって、やっと、老後のことを考え始めました。でも、真っ只中は、自分の親の世代で、夫の両親は、40代で、リタイアしていますが、私の両親は、まだ、現役です。夫の両親には、子供世代が世話をしている状況で、夫もこれを望んでいるのかなあ?と思うと、ぞっとします。私は、両親のように、自立できるなら。と考えています。オランダでは、どうですか?子供に面倒を見てもらうとかそう言うのは、ありますか?
Posted by ぽん at 2009年10月01日 07:39


ニコラさんに年金を気になさいますか。出も良かったですね、日本での年金が受け取れる事になれば少しでも嬉しいですね、年金は大切ですよ、 
Posted by ダルマ at 2009年10月01日 08:02


日本ではどうせもらえないからと払わない若者が大勢いるようですね。 払えないというのもあるかもですが...
オランダと日本で融通できるようになったのはよかったですね、しかし日本ではこの手の話が報道されることはありませんので知りませんでした 世の中が国際化してくると大切な問題ですね

さて、日本は年金ともに定年も延長されていますが、一体何歳まで働けばよいのでしょうね、現世をリタイアするまでなのでしょうか? どうもそんな気がします...
Posted by root at 2009年10月01日 08:38


年金問題は、どの国でも困っているようですよねっ。
引き上げ、引き上げで、最悪の場合、私は日本での勤務期間も短かったし、こちらでも年数が少ない為、何処からも貰えないかもしれない立場です。
Posted by pnapl at 2009年10月01日 23:09


ぽんさん
オランダのご老人たちは、自立していますね。自分の面倒を見れなくなったら、介護のある老人用のアパートに行きます。介護は必要なものを、保険を通してとか、自費で購入になるんですよ。
でもその場所はアパートなので、子供たちは頻繁に遊びに行くようですよ。でも一緒には住みませんね。親子でも、無理はしない・・・ってことでしょうか。
五右衛門は、仕事が出来るうちは、年齢に関係なく仕事をしたいと言っているので、67歳以降ももしかしたら仕事を続けるかもしれませんね。それも一つの選択になるのかもしれません。
Posted by ニコラ at 2009年10月02日 05:14


ダルマさん
まだまだ・・・と思っていても、いつかは来るはずの定年・年金ですからね。まだとは思っていても、大分視野に入ってきました。(^^;;
Posted by ニコラ at 2009年10月02日 05:15


rootさま
国民年金は払っていません。全額自費で、月に1万5千円くらい払うようです。収入がないので払えない・・・というのが実際のところですが、払っても海外だともらえないというのもありました。今は事情が変ったので、余裕がある人は、国民年金を払っていれば、オランダでも少しはもらえると言うことになりました。
Posted by ニコラ at 2009年10月02日 05:18


pnapl さま
テレビの報道によると、アメリカの年金システムは、日本のものとはかなり違うようですよね?(誤解かな・・・?)
貰えないかも・・・となると、自力積み立てですか?結構きつそうですね。ますます不安が募りますね。
Posted by ニコラ at 2009年10月02日 05:19


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/129230782
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。