2009年09月29日

150年記念で



今年が150年記念ということで、浮き足立っているオランダです。

・・・といっても、オランダでの150年記念ではなく、実はお隣のイギリスでのこと。今から150年前というと、1859年のことになりますが、果たして誰が何をしたのか・・・分かる人は!?
(ちょっと無謀な質問ですよね〜〜)


この150年を記念して、その足取りをたどろうと、「再現」までしています。何かというと・・・ヒントはビーグルですね〜。
(あぁ〜、もったいぶってる!?)




ビーグルと言うと、私は犬を思ってしまうのですが(汗)、実は今回は犬ではなく、「帆船」であります。

ハイ、ググッてくださいよ!
ウィキペディアも酷使してくださいよ!


何が出てきましたか・・・・?


帆船のビーグルは、あの・・・ダーウィンが乗った帆船であります〜。

このビーグルに乗って、イギリスのプリマスを出発し、南アメリカの東海岸から西海岸へ、そして太平洋を横断してオーストラリアへ。その後北上してインドネシアのそばの島へ。そして西へ移動してケープタウンへ。その後ブラジルに寄って、アフリカ大陸の西側を通ってプリマスへ戻る・・・という旅をしたのでした。期間は5年でした。


いろいろなものを見て、著書である「種の起源」のもとになったのでした。


そして現在オランダでテレビ放送されているのが、このビーグルを再現し、ダーウィンがたどった足取りを再現・・・というものです。ダーウィンは5年かけたのですが、今回は8ヶ月で回ってしまおう・・・とのことですが、ダーウィンのお孫さんも出演したり、イギリスの色々な学者が出てきて、ビーグルに乗って再発見や新発見をしている模様です。


五右衛門はこういうのが大好きなので(汗)、DVDにとってさっちゃん・みーちゃんと見ています。私は・・・途中で寝てしまっています。(爆)

なぜって・・・大学のときの生物学の先生が、「ダーウィンは本当は旅をしていない」と言っていたので、どうしても信じられないんですよね。体が弱く、金持ちだったダーウィンは、代わりに人を派遣して、その人がいろいろなものと一緒に手紙をダーウィンに送ったとのこと。それをまとめた物が「種の起源」だというのです。

でもインターネットで色々調べたのですが、そういう情報はなく、なんか腑に落ちないんですよね。


・・・ということも合って、「疑惑」はあるんじゃないの〜??って思いながら見るので、寝てしまうようです。(自己弁解!)



毎週日曜日に放送しているようなので、オランダ在住の方で興味のある方は、ご覧ください〜。
・・・って寝ちゃう私が言うのもなんですがね。(滝汗)


 





posted by ニコラ at 05:38 | Comment(6) | TrackBack(0) | オランダ
この記事へのコメント
やっぱり犬を思ってしまったぁ〜。
こういう航海はロマンがあっていいですよねぇ〜。
他にも何か企画があるのかな??
Posted by pnapl at 2009年09月29日 22:54


pnapl さま
やっぱり普通は犬ですよね〜。
今のところ、8ヶ月をかけて航海をしていくようですが、また新しい発見もあるとか。それを放送していくようです〜。
Posted by ニコラ at 2009年09月30日 04:46


150年といえば、横浜も開港150年のイベントをやっていましたが、あまりの入場者数の少なさにマイナス面がテレビで報告されていました。歴史あることなのに、ちょっと、寂しい気がしました。
Posted by ぽん at 2009年10月01日 07:41


日本では毎週ダーウィンが来ていますね(笑)しかし、水戸黄門様のまねをダーウィンがしていたという説もあったのですか... とはえい、当時は決死のことだったのでしょう

さて、ダーウィンの観察をもとにして進化論ができていますが、これって正しいのでしょうか? 例えばですが、ウォークマンだって、ラジカセが徐々に小さくなったのではなくて突然と現れました。 ipodだって突然現れました。 もっともガラパゴスと言われる日本の携帯電話は進化論そのものかもしれませんが...
ということで、創造説がただしかったとしても、神様が一大発明をされて突然これまでになかった物をお作りになられたり、また反対に習作を重ねてお作りになられて、それを横からみていたら、(勝手に)進化したように見えるだけということもあるのではと意地悪く考えたりして、一人ニタニタしています。

真実はどこにあるのでしょうね
Posted by root at 2009年10月01日 08:27


ぽんさん
里帰り中に聞きました!入場料は高いし、何をやっているのか良く分からないし・・・。悪評が高かったようですね。
行こうかな?とも思ったけれど、場所も分からず(汗)、結局行かずじまいでした。
Posted by ニコラ at 2009年10月02日 05:22


rootさま
確かに進化か変化か・・・見分けるのは難しいと思いますよ。一概に進化とは言えないと思うんですけれども、当時としてはセンセーションだったのでしょうね。
確かに日本の携帯は、訳が分からないです。(爆)まぁ〜2年に一度の里帰り。それも1ヶ月程度。持つ必要がないので、母のを借りて使っていますが、2年前と今年と・・・機種が変っていました。私のオランダの携帯は・・・もう今年で8年目?9年目?の代物です。ハイ、電話がかけられて受けられるだけです。十分です。
Posted by ニコラ at 2009年10月02日 05:25


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/129084296
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。