2006年02月07日

週末のパン





これは週末に食べるパンです。(名前は「ベネチア風の茶色いパン」と言います。)土曜日1日で、この一斤がなくなります。大食らいだからじゃ〜ないですよ〜!!(笑)

五右衛門の希望で、土曜日は私の休業日のような感じの日です。つまり基本的に調理はしません。いつもは暖かい食事の夕飯を食べますが(そうなんですよ〜、オランダでは夕飯だけ調理をしたものを食べるんです〜)、土曜日はパンを食べます。(理由は私が楽を出来るだろうと言うものではなく、毎日暖かい食事をしていたら、お腹に負担が掛かるので、お腹を休ませて上げるためなんですよ〜。)

いつもはチーズとハムのサンドイッチを、学校や職場に持って行きますが、家で食べると言うことと、週末と言うことで、ハムの代わりに・・・パテーを食べます。いろいろな種類があって、金曜日にはいつも、「明日のパテーは何にしよ〜・・・?」って悩んでいるのですが・・・。

五右衛門はクリームパテー、さっちゃん・みーちゃんはマッシュルームのパテー、私は緑の胡椒のパテーと、好みが全く違うので、「先週はあのパテーを買ったから、今週は・・・」とか、安売りのパテーを狙ったりとか、いろいろ主婦は大変でございます。(^^;;

さて話題をパンに戻して、このパンの美味しいところは、真ん中はとてもフワフワでやわらかいけれど、パンの耳はカリッとしているところ、その柔らかいところにも味がある・・・ということで、五右衛門のお気に入りのパンのひとつです。

オランダ人は好んでは白いパンを食べません。小麦の殻の入っているパンや、いろいろな穀物が混ざっているパンを食べます。その方が、ビタミンやら食物繊維やらとで、お腹にいいし、健康的なんだそうです。実際、五右衛門は白いパンを食べると、食べた直後からお腹が張ってきて、腹痛に悩まされるのだとか。

とはいえ、物によっては白いパンのほうが美味しいものもありますよね〜。(例えば・・・写真のようなチョコフレーク)




ということで、ある会社が、「色は白いけれど、他の茶色いパンと同じビタミンや食物繊維が入っているパン」と言うのを販売し始めました。

試食をしたら、確かに味は白いパンです。食感も殻や穀物のガサゴソ感はありません。「でも本当に白いパンと一緒??」と言う疑問が残るので、買ってみました。



五右衛門のお腹は・・・普通の白いパンと同じ結果になり、食後は暫く・・・苦痛に耐えておりました。それ以後は、「お願いだから買わないでくれ!」と言われているのですが、先日のさっちゃんの病気の時には、さっちゃん専用に買いました。五右衛門は「うえ〜〜〜」って顔をして見てたんですけどね。(そんな顔しなくても良いのにね〜)

posted by ニコラ at 04:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しい世界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック