2009年08月02日

TDLでも病院でも



みーちゃんの体質は、「蚊」に弱いのか、刺されると硬くなってしまうものがあります。オランダにいるときには、「これくらいじゃ、医者には行かないだろう」とのことで、塩もみをしています。

医者や知識人は、「塩でもむなんて!?」と言うかもしれませんが、海に入るとその部分の直りが早いので、塩でもむようになったんですよ。蚊の針のあとがある場所は、とってもしみますが、効かない薬を塗るよりは、効いている気がするんです。(^^;;


でも日本の蚊は、オランダの蚊よりも強力なのか、何にも効かずに、かちんコチンになってしまったので、今年も再度医者のお世話になったのですが・・・。

医者の受付の横においてあったもの。

そのものはTDLのトイレの洗面台にも置いてありました。


そして皆さん、そこを通るたびにそれを手にしていたんです。


気持ちは分かりますよ。だって、新型インフルエンザが猛威を振るっている様子ですから。


オランダでも新型インフルエンザは上陸しています。でも、日本ほどは流行っていないんですよね。

・・・というか、気にしていないというか?

実は私・・・日本に来る直前に、喉・鼻・耳が痛くなって、咳が止まらなくなったんです。でもそれだけでは医者には行かないので(1週間ほど症状が続けば行きますよ!)、痛みを伴う場合の解熱剤を飲んでいました。でも咳は止まりません。その状態で日本に来たら、父が一言・・・「マスクしろ!」


インフルエンザじゃないし、私と一緒にいる子供たちは、同じ症状にはなっていないけれど、「咳が出る」と言うだけでマスク・・・?

オランダでは「マスクくらいでは防げない」と言う認識です。ましてやTDLや皮膚科にあったものを使うなんて、考えられません。

なぜって・・・置いてあったものは「殺菌ジェル」のようなものですよ!そのような殺菌の仕方で、病気にならないようにすると言うよりは、菌に対して体を強くする・・・と言う方法をとるような気がします。

実際、色々な記事を読んでいると、新型インフルエンザにかかっている年齢層を調べると、若い人たちが多いとか・・・?ある程度年齢が高い人たちは、対抗物質を持っているのか、比率では低いようですね。


子供が風邪をひくと、「まだこの種の風邪はひいてなかったんだね〜、でもこれで、また強くなるわ!」と言うのがオランダですが、日本だったら「また風邪ひいてヤダワ!」なんでしょうか?


体の弱り具合や菌の強さによっても移るのでしょうが、殺菌ジェルで風邪を防げるのでしょうか・・・?


「本当にこれって必要なの!?」って思ってしまうものでした。


 


posted by ニコラ at 21:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | Nippon2009
この記事へのコメント
うちもマスクは、結構、買います。でも、多少、息で湿気がこもり、菌が足どめされる程度の予防の意味もありましたが、マスクをしていれば、かからないとは、思ってはいません。風邪などは、仕方がないものだと思っていますから。

でも、うちは、子供が喘息なもので、結構、咳をします。咳をしているのに、マスクをしないと、あちらこちらで、知らない人に文句を言われたり、嫌な顔をされたりするので・・・なかなか、喘息を理解してもらうのは、大変です。
Posted by ぽん at 2009年08月04日 11:23


マスクは,かなり上等なものを注意深く使わない限り、防ぐ効果では気休め程度だそうですね。 またウイルスをばらまかないために掛かった人が付けるのが効果的だそうです。
これは専門家も言ってはいますが...

手洗いは昔から効くとは言っていますね。うがいより効果的ではと言っている専門家もいました。

とはいえいずれにしても、しないよりした法がよい程度ではないでしょうか?

 日本は世界一清潔(好き)な国民になってしまったそうです。 これは逆効果の面もあると聞いたことがあります。

Posted by root at 2009年08月06日 05:46


ぽんさん
父に同じことを言われました。「自分が掛からない為じゃなくて、移さない為の礼儀だぞ!」って。(^^;;
今回は咳き込んだ場合の為の飴を、必ず持ち歩いています。オランダのと日本のと。
Posted by ニコラ at 2009年08月06日 10:37


rootさま
やはり度が過ぎるとだめだと言うことですね。昔は除菌・殺菌は今ほどではなかったですが、今ある病気は存在していませんでしたからね。(風邪などは別ですが・・・(^^;;)
横浜の場合、新インフルエンザの患者さんの90%が30歳以下。その半分くらいが子供だと、耳鼻科に書いてありました。除菌・殺菌世代ですよね。
Posted by ニコラ at 2009年08月06日 10:39


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/124839863
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。