2009年07月08日

Song Festival・・・2



一番緊張する先頭バッターは・・・
SongFestival2.jpg

これだけで分かるかな・・・?
ちょっと無理よね〜。(^^;;

ヒントは・・・
we will, we will rock youをちょっと変えたものでした。

・・・ってことは・・・?

この5人組は完全なるアカペラ。手拍子・足拍子でリズムを取って、

アメリカ・アメリカ
・・・って歌いましたよ〜。

その迫力と言ったら!
途中ソロも入ったし、デュエットもしたし、何でもありのアカペラ軍団でした!

その次はソロ!
SongFestival3.jpg
お国は「イギリス」でした。
でも私が知らない曲でした。でも回りの人たちは知っていたから、有名な曲だと思います。

そしてさっちゃんのグループ。スコットランドです!
SongFestival4.jpg
このために、私のチェックのスカートを出して、斜めにかけている布を買って(1mで2ユーロと激安だったとか!)、その布で髪飾りも作って、靴下も買って・・・と、一番衣装に力を入れたかも!

本当はバグパイプも作りたかったようだけれど、それは無理と言うことで・・・なし。バグパイプの音をまねしたキーボードの音をバックに、さっちゃんの縦笛のソロ。途中ちょっと間違えちゃったけれど、ご愛嬌!?(^^;;

子供たちの目線の先に、拍子をとる音楽院からの先生。その拍子が合っても・・・ちょっとリズムが狂ったりと、あわせる難しさを披露してました。(爆)


その後は・・・。
長くなったから、また明日ね〜。


 




posted by ニコラ at 03:38 | Comment(8) | TrackBack(0) | さっちゃんの世界
この記事へのコメント
なかなか凝っていますね
さっちゃんのグループが一番見応えもあり負に気がでているように思われました。 子供の観察眼の鋭さでしょうか?
Posted by root at 2009年07月08日 05:19


すごいですね〜!!こういう授業があれば、楽しいですし、他の国をたくさん、知れますよね。

長女は、「ヘタリア」という漫画を持っています。国が擬人化されているんですけれど、人気があります。一時、アニメで放映される予定でしたが、ある国の反対をへて、流されることは、ありませんでしたが・・・歴史や地理の苦手な長女ですが、国を知るひとつのきっかけになっています。
Posted by ぽん at 2009年07月08日 07:28


 さっちゃん、とても可愛いですね、皆さんも良く衣装もお似合いですよ、お母様の努力のたまものです。日本で言えば学芸会でしょうか、 ニコラさんも思い出して衣装を作られたのでしょうね。皆さんとても可愛く写真に取れていますよ。 頑張ってね。
Posted by ダルマ at 2009年07月08日 08:52


楽しみながら国際理解をして行く素晴らしい授業ですね!バグパイプで無くてもリコーダーと
チェックのスカートで充分雰囲気出ています。
素晴らしいです!
Posted by ケイコ at 2009年07月08日 21:42


rootさま
見た目も「スコットランド」に決めたかったようです。グループの中の一人が、正式な「スコットランド人」と言うこともあって(祖先に男性のスコットランド人がいて、その血を引き継いでいる男の子なので)、かなり凝った模様です。(^^;;
Posted by ニコラ at 2009年07月09日 04:06


ぽんさん
確かに外国を知ると言うのは、難しいですよね。特に、国と音楽を結びつけると、選べる国も限られてくるし。
それでも子供たちにとっては、とってもいい経験になりましたよ!見ている大人も、とっても楽しみました!
Posted by ニコラ at 2009年07月09日 04:07


ダルマさん
私はスカートを貸しただけです。(^^;;
ほかのママたちは結構器用な人が多いし、今回は布を切るだけだったようなので。
今回はこのクラスだけの学芸会。かなり力を入れて、頑張りましたよ!
Posted by ニコラ at 2009年07月09日 04:09


ケイコさま
「衣装はばっちりで賞」がもらえるくらいでしたよ!
子供たちも楽しみましたが、親たちも結構力が入っていましたね。準備を楽しみ、ショーも楽しみ、2回楽しめました!
Posted by ニコラ at 2009年07月09日 04:13


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック