2009年07月07日

Song Festival・・・1



今年になって、グループ5・6・7(8もかな)の子供たちは、音楽の授業があったと投稿しました。みーちゃんのクラスはミュージカルでしたが(このことはまだ投稿していないようですね・・・・汗)、さっちゃんのクラスは「International Songfestival」と称した発表会をしました。

4月頃に、「好きな国」「行ってみたい国」・・・なんでも良いから「一カ国を選べ」との指令が出た模様です。さっちゃんは散々悩んで

スコットランド

にしたんですよ。そしてその後は、「その国の曲をひとつ選べ!」との指令が・・・。

そういう指令をひとつずつクリアしながら、音楽院の学生さんの指導の下、子供たちが主体の作品作りが始まりました。

その国の曲を一曲選べと言われても、その国をあらわす曲はたくさんあるので、自分たちのレベルとも相談しないとだめだし(^^;;、出来る楽器があるのかないのか・・・その辺とも相談しないとだめだし・・・。それもなるべく早く!(これが一番大変だったかも)


曲を決めたら、誰がどの楽器を演奏するのか、誰がどのパートを歌うんだとか、どうやって歌うんだとか・・・決めることはたくさんあった模様です。

それでもくじけることなく、頑張った子供たち。
空いている時間を見つけては、自分の「国」の旗も作成!
自分たちで「招待状」も作成しての意気込みでした!


そして当日。

テレビ放送もある本家のユーロソングフェスティバルも顔負けの設定。新婚の先生は、ウエディングドレス(それも真っ赤なドレス!)を着て登場。「技術担当」の子供たちは、マイクやらライトやら、すべてをチェックして、「OK」を出し、「審査員」の3人もちゃんと登場しての開始です〜。
SongFestival1.jpg
(技術担当の子供たちの一部です。)



さてさて、どんな「国」を子供たちが選んで、どんな「曲」を選んだかは・・・またこの次!(^^;;


 




posted by ニコラ at 05:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | さっちゃんの世界
この記事へのコメント
なかなか本格的な役割分担ですね
そして歌のパート分けまで
きっと楽しい会になったことでしょうね

ちなみに私がやるとしたらマイク係でしょうか? 学生時代は放送部員の技術屋さんで結構露出していましたね(爆)
Posted by root at 2009年07月07日 12:47


rootさま
担任は技術担当の長をやっているのですが、タジタジになるほどの技術屋さんばっかり。
表があれば、裏もある・・・その裏を意識できた瞬間でした。
放送部のマイク係がいなければ、放送できないから、露出しても誰も文句言いませんよね!?(^^;;
Posted by ニコラ at 2009年07月08日 03:42


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック