2009年06月23日

もう20年



実際の日にちは、6月24日なのですが、私にとってははずせない話題なのでもう投稿しちゃいます。(^^;;


4月から5月にかけての魔の仕事期間中、やっぱりこの曲よね・・・ということで聞いていた曲が数曲あります。まぁ〜実際はエンドレスで30曲くらいを流していたのですが、その数曲の時にはやはり気持ちが落ち着きました。


特にそれを歌っていた人のファンだったというわけではありません。でも歌い方は大好きです。音符が読めないにもかかわらず(確かそんな事を聞いたことがあります)、出せる音の領域はものすごいものがあり、おまけに息継ぎの音は全く聞こえず。本当に歌う為に生まれてきたと思える人でした。

その歌手とは・・・

今年で没20年になります。1989年6月24日に他界されました。


そう、美空ひばりさんです。




他界される前のひばりさんは、病魔に襲われていて、東京ドームでのコンサートのときも、控え室では点滴をしていたとも聞きました。にもかかわらず、あの歌唱力。普通に息するのさえ辛かったらしいのに、あのように歌を歌うとは!


一方で、歌とは関係のないところで、色々取りざたされていたのも事実のようですよね。



ご生存されていれば、今年で72歳との事。
どんな「おばあちゃん」になっていたんでしょうね〜?



 


posted by ニコラ at 05:16 | Comment(6) | TrackBack(0) | ニコラの世界
この記事へのコメント
ニコラさんも、ひばりさんの歌い方お好きですか。何回も最後の後楽園の時のコンサートの模様をテレビで見ても本当に驚きですね。舞台の袖で点滴をしていてもあのようにどこも悪くないように元気で歌いフアンをとても大事にして顔もにこやかに苦しそうになさらずとても出来る事だわないですね。教えられる事ばかりです。
お互いに頑張りましょうね。
Posted by ダルマ at 2009年06月23日 08:23


先程NHKの歌番組で「美空ひばり特集」を
してました。ほぼ同世代ですのでその時代時代を一緒に生きてきた想い出と共に思わず口ずさんでしまいました。子供の頃の歌は歌詞も全部覚えているのですね!生のひばりさんはとうとう聞けませんでしたが、ウオーキングの会で「美空ひばりの足跡」で生家から学校、ひばり御殿、お墓まで訪ねて来ました。60の手習いで歌を勉強していますがレパートリーは「ひばりからカラス(マリア)」です。ニコラさんも聴かれるなんてうれしいですね!(^^♪
Posted by ケイコ at 2009年06月23日 22:35


ケイコさんが書かれてますが、私も特集番組ちらりと見ました。 2度と出てこないような大歌手でしたね。 もしも今生きておられたらまだ歌っておられることでしょうね。

合掌
Posted by root at 2009年06月23日 22:48


ダルマさん
ひばりさんが歌われた歌詞と、ご自身の人生が重なり合うものもあり、じ〜〜〜んとしてしまいます。それだけ年をとったと言うことでしょうか。(^^;;
いろいろな意味で、お手本にしたい人ですね。

Posted by ニコラ at 2009年06月24日 04:37


ケイコ様
昔は、「祭り」の歌が好きでした。「あとのまつり〜・・・」で終わる歌です。あのリズムと落ちが好きでした。(^^;;
他界される前に歌われていた二曲・・・愛燦燦と川の流れのように・・・この二曲は忘れられない歌です。谷に落ちてしまったときには、この曲を聴いて元気を貰うんですよ。
Posted by ニコラ at 2009年06月24日 04:39


rootさま
確かにめったに出てこない大物歌手でしたね。東洋のマリア・カラスと言ってもおかしくない人だったと思います。
お元気だったら・・・と最近は良く思いますね。
Posted by ニコラ at 2009年06月24日 04:41


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック