2009年03月28日

オランダ一影響力のある女性



今週はオランダの国会にて、経済危機を脱する為の対策を話し合っています。

その討論の中での一番の焦点が、「年金支給年齢の引き上げ」なんです。

私には経済のからくりが全く分からないのですが(滝汗)、労働者削減をしているほどの経済状況ということは、職場が減っているはずなのですが、退職する年齢を引き上げると言うのは・・・?職場の確保は出来ていると言う前提なんでしょうか・・・?

職場の確保と言うよりは、この経済危機で年金基金の持ち金が減ってしまい、年金を支払えないから、支払う年金を削減する為に、年金支給年齢を引き上げよう・・・と言うことのようなんですけれどもね。

与党連合のこの案に対して、野党連合はもちろん反対しています。が・・・


私がファンであったSP党のヤン・マライネッセン氏が現役であれば、もしかしたらもう少ししっかりと反対が出来たような気もするのですが・・・。病気だと言うことで、政界から引退してしまったんですよね。残念!

その彼の代わり・・・と言うわけではないのですが・・・今週の国会討論に、全労働組合の代表が呼ばれました。

会社には労働組合が存在するのは、日本もオランダも一緒です。でも、オランダには各労働組合を統括する代表者がいるんです。そうすることによって、各労働組合との差を無くしているとのことです。

各労働組合は、労働条件をどのようにするか・・・をメインに、会社との交渉をするわけですが、たとえば建設業と学校の先生や助産婦さんたちの間に、ものすごい差があっては困るわけです。でもそれをどのようにコントロールするか・・・ということで、全労働組合の代表が存在する・・・といった感じでしょうか。

そしてその代表者が・・・
Agnes Jongerius.jpg

Agnes Jongerius・・・アグネス・ヨンヘリウスさんと言います。

全労働者の代表ですよ!女性ですよ!

そしてこの方は、先日の国会にて、全野党をひっくるめたよりも、「年金支給年齢の引き上げ反対」を明確にしたとか。

その国会中継を見ていたわけではないので、なんともいえないのですが、彼女の切れのよさなのか、野党がだらしないのか・・・。


実際に年齢の引き上げがされるかどうかは分かりませんが、この方にオランダの労働者は守られているんですよ〜。(いい表現かは分かりませんが・・・(^^;; )


デモやストをする場合も、彼女は関わっていますからね。彼女の一言が、労働者の生活を左右するんですよ。

そういう意味では、「オランダ一影響力のある女性」なんですよ!


 


posted by ニコラ at 04:46 | Comment(4) | TrackBack(0) | オランダ
この記事へのコメント
 お写真を見ても存在感ある方ですね。 多分男性では出来ない役職ではと思いました。
 男は交渉がうまくいかなくなると、真っ赤に焼いて叩いて細長くした鉄の棒とか、小さい金属が飛び出すものを集団で持ち出すのが関の山ですので

 上手な落としどころが見つかるとよいですね
Posted by root at 2009年03月28日 08:00


rootさま
この人の前任者は、男性でした。結構腕がある感じがしていたのですが、この方のほうが・・・もっとのようです。何が違う・・・?受ける感じですが、鋭いようですね。
でも本人は、感情を出しやすいのが難点・・・とか言っていましたね。でもそれが逆に良い点なのかもしれませんね。
Posted by ニコラ at 2009年03月30日 17:58


鋭く、出来度に感情が出るので有れば、素晴らしいのではないでしょうか?

あくまで一般的比較論かつ優劣ではないのですが、男性は抽象化が得意で感情を出しにくい、女性は具体的表現が得意で感情も出しやすい と聞いたことがあります。 これが役職とマッチしてうまく働いているということもあるのではないでしょうか?

 ちなみに、昨日NHKの予算審議の模様を深夜放送で聞いていましたが、蒟蒻問答の様でした。 会社であんな問答をしたら、たぶん、いずれ左遷されるか、超スピードで出世したものの会社は大波が来たときには一発で潰れるかのどちらかでしょうね。
Posted by root at 2009年03月31日 07:30


rootさま
女性の細やかの心配りと、感情を出しながら、つぼは押さえているんでしょうね。
日本の国会審議とオランダのを比べたら、大人と子供くらいの差がありますね〜。日本は「役人」が書いたものを読めば終わりですが、オランダは実践でのディベートです。回答をしている間でも、質問をして、答えなければいけませんからね。日本の政治家で、オランダ式に対応できる人は・・・いるんでしょうかね〜?
Posted by ニコラ at 2009年04月01日 06:18


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/116329003
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。