2009年03月14日

女性の実力



女性対男性の人口比率と言うのは、どれくらいなんでしょうか・・・?

子供の頃聞いたことは、女性のほうが多少多い・・・と言うことなんですが、現在も・・・?

北欧では、そのような人口比率に関係なく、女性が半数を得られるような環境を整えているとも聞きます。そういう環境じゃないと、女性の権利が発揮できないのか・・・?やはりどこでも男性優位なのか・・・?と、色々画策してしまいます。(^^;;

何でこんな話題になったかと言うと・・・

昨夜のことですが、ハイティンク氏の指揮での放送が、ベートーベンでした。五右衛門はベートーベンが好きなので、見ていたのですが・・・。

その時にふと思ったこと・・・・


世界的に有名なオーケストラと言えば、



ウィーン・フィル
ベルリン・フィル


・・・と、「男性優位」のオーケストラですよね。現在はEUの法律にのっとり、女性の団員さんもいますが、それでも全体でも5人もいないのが現状では・・・?

そしてオランダを代表する・・・というより、世界のコンセルト・ヘバウのオーケストラですが、入団試験の最初の段階では、受験者は「カーテンの裏」にて演奏をします。

それは審査員が、「誰が演奏しているのか分からない状態」にして、平等に審査が出来るようにするからなんだとか。

そして最終先行に残った人たちだけが、顔を見せての演奏をして、審査員が納得をすれば、試験通過となり、晴れて団員となるそうです。

その結果・・・と言って良いと思うのですが、第一バイオリンであれば1/3くらいが女性、コントラバスでも3名が女性(全体でも8〜10名)などと、ざ〜〜〜〜と見回しただけでも、女性が結構目に入るんですよね〜〜。


そしてオーケストラ番付では、コンセルト・ヘバウ・オーケストラが・・・



世界一!!!!


なんです〜〜!!


「女性は男性よりも上手には演奏できない」と言うオーケストラを差し置いて、女性が実力で入団して演奏しているオーケストラが、上なんですね〜〜!


それでも老舗のオーケストラは、「男性優位」の立場を貫くのでしょうかね〜!?



 





posted by ニコラ at 06:24 | Comment(8) | TrackBack(0) | オランダ
この記事へのコメント
そういえば・・・

娘達の中学校では、男の子のブラスバンド部員が2人しかいません。以前は、男の子も結構、いたようですが、今は、2人。入賞を何度も逃しています。こういう世界では、男性が優位なのかな?とも思っていたのですが、違いますよね!!女性も実力があると違いますよね!!この記事を読んで、嬉しくなりました。
Posted by ぽん at 2009年03月14日 16:50


女性の多いオーケストラが世界一!
なんだか誇らしくなります。
音楽には無知ですが、
世界のオーケストラの演奏、聞いてみたくなりました。
まずはランチコンサート行ってみようかな^^;
Posted by zebra at 2009年03月14日 22:23


コンセルト・へバウの団員はこうして選ばれるのですね!余り意識していませんでしたが今度は注意して見ます。日本のオーケストラも弦楽器は女性が多いですね。昨日の夕刊にオランダ人の音楽家の記事が二つ載っていました。
一つは「甘いマスク 魅惑の声 多彩な曲
オランダ新進歌手 ヘメル」と「チェリストの
ヤープ・テル・リンデンのリサイタル」の記事です。初めて聞いた名前ですがオランダでは有名な方ですか!


Posted by ケイコ at 2009年03月14日 22:50


日本のオーケストラはもっと女性が多くないでしょうか? 
さて、学生さんのブラバンなどでは圧倒的に女性が多いようにもおもうのですがいかがでしょうか?
Posted by root at 2009年03月15日 00:19


ぽんさん
ブラスバンドで男性が2名ですか?少ないですね〜。あの大きな楽器・・・名前を忘れちゃいましたが(滝汗)、担いで吹いて・・・大変ですね。
女性だからと言うことで、男性より劣っていることはないですよ!体力的には少しは劣っているとしても、能力は一緒ですよ!
Posted by ニコラ at 2009年03月15日 04:41


zebraさま
まずはテレビ放送を楽しんでくださ〜〜い!日曜日の午後1時過ぎには、舞台裏の番組をやっていますよ。(毎週じゃないかもしれないけど)
また月曜日の夜には、コンサートの番組もやっていますよ〜。
でもランチコンサートもいいですね。私も近くに住みたいな・・・。(^^;;
Posted by ニコラ at 2009年03月15日 04:43


ヘメルとはWouter Hemel(ヴァウター・ハーメル)のことでしょうか・・・?
チェリストの方は
http://www.jaapterlinden.com/
でしょうね。
コンセルト・ヘバウの団員の方たちは、みながソリストの実力のある方たちばかりです。まぁ〜ほかのオーケストラもそうでしょうけれど。(^^;;
でもその選ばれ方は、平等を貫く為に、まずはカーテン越しなんですよね。なので何年経っても、誰が応募をしたのかは・・・分からずじまいだそうです。
Posted by ニコラ at 2009年03月15日 04:50


rootさま
日本ではやはり女性のほうが多いのでしょか?気にしてみていたことがないので、記憶がないんですよ。(^^;;
でも1年に1回だけ見ていたウィーン・フィルのニューイヤーコンサート。「男性ばかりだ」と思った覚えは、忘れてません。(^^;;
Posted by ニコラ at 2009年03月15日 04:52


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック