2009年02月21日

やっぱり苦手



本来ならば、今年は日本への里帰りの年。

でも残念ながら・・・実現しそうにないです。飛行機代はドイツから飛ぶと、かなりの格安なので、できれば今年帰りたい・・・。来年はさっちゃんが12歳になってしまうので、大人料金になるんですよね・・・。でも今年はまだ子供料金。300ユーロくらいの差だけど、差は差。

でも帰れないのは、それが理由ではなく、他にたくさんの理由があります。

帰れそうもないから、学校が休みの時には、なるべく時間を作って日本のオーマ・オーパとスカイプを楽しもうと計画をするのですが・・・


どうもみーちゃんはそれが嫌な模様。

今週も水曜日にスカイプをしました。その時にやはり思ったとおりに・・・みーちゃんはそっぽを向き、自分の世界に。

そこを何とかなだめて、「金曜日にはちゃんと話をする」と約束もしたのですが・・・、当の金曜日の今日・・・またもやそっぽ向き。


2年前に里帰りをして、かなり流暢になった日本語。それでも日本語は私しか使わないから、頭をたくさん使わなくても話せるオランダ語が、やはりメインになってしまう毎日。どんなに私が日本語で話しても、答えはオランダ語・・・というのは毎日のこと・・・というか、いつものこと。

ママと日本語で話す練習をしないと、オーマ・オーパと話せなくなるよ・・・といっても実感は全くない。


おまけに、昨年の秋からは、3歳児向けの読み聞かせの本の読みの練習も、全くしなくなったし、感じの練習も全くしない。


「ママが何も言わなければ、日本語の勉強は全くしないんだね!」


と言われても、言われても、言われて続けても・・・しない日々。



だから日本語で話せといわれても、「何を言ったらいいのか分からない」と言い出す始末。

でも話というのは一人でするわけではないし、オーマだってみーちゃんのことを考えて、やさしい日本語で話してくれているんだけどね。


そんな姿を見て、さっちゃんも手助けをして、あーだこーだと話をしていたけれど、一度曲がったおへそはなかなか元には戻らず・・・。

夕飯のときにも五右衛門にそのことを聞かれて、やはりそっぽを向いたみーちゃん。ご飯も途中で、喉は詰まって、おなかもいっぱいになった模様で、今日は残しちゃった。大好きなギョーザだったのに。


何がそんなに嫌なんだろうね・・・。

やっぱり無理やり日本に連れて行って、日本語でしか話せない環境にならないと、駄目なんだろうか・・・?




 





posted by ニコラ at 06:52 | Comment(6) | TrackBack(0) | みーちゃんの世界
この記事へのコメント
先日お母様と皆さんでチャットをしたそうですね、 さッてゃンはとても良く話すそうですが、みーちゃんが駄目だそうですね。突然日本語が出てこないのでしょうね、無理をするとよけいに話をしなくなるのではないかしら。日本に居ても遠くからおばーちゃん来て抱っこを使用としてなかれる事もあるのですんなりと受け入れられないのでしょうね、其のうちに嫌がらずになんでも話をするようになるのでしょう、あせらずにしてくださいね、ニコラさん頑張りましょうね。
Posted by ダルマ at 2009年02月21日 09:14


ダルマさん
やはり語感的には、さっちゃんのほうが少し鋭いのでしょうね。言語学的な耳は、やはりさっちゃんのほうが良いし。
それと恥ずかしがり屋というのも、多少あるかもしれません。
Posted by ニコラ at 2009年02月22日 05:36


難しい時期になってきたのでしょうか?
大変ですね。
奥様がアメリカ人でアメリカ在住の方とスカイプしたとき家族のかたが回りにおられましたが、問いかけは日本語返事は英語といった感じでした。 聞けば日本語を話すことも出来ないことはないとのことでした。
やっぱり周りから言ってもなかなだめで、子供さんでも、自分で、日本語も話せた方がよいというきっかけを感じないとなかなか難しいのかなとも思いました。 日本語の練習ではなく、日本のおばあちゃんと話をするということでニコラさんが通訳してもよいので、強制ではなくて接することを続けることが大切なのかなと思いました
Posted by root at 2009年02月22日 09:19


難しい時期ですね。娘達、中国は、拒否の姿勢は、変わっていないので、もともと、中国とは、疎遠の生活なのですが、それでも、いろいろと難しい年齢で、悩みも多いです。子供なりに、考えるところもあるのでしょう。思春期ってくらいで、何もなくても、いらいらする年齢なんだそうで、スクールカウンセラーの先生がいつも、「あせらずに。」といいます。ニコラさんもここは、のんびりと。

Posted by ぽん at 2009年02月23日 05:35


rootさま
日頃から、日本語を話す習慣をつけていれば、このような問題はないんですよね。でも私が日本語で話しても、私しか日本語を話す人がいないからか・・・私もオランダ語が分かってしまうからか、オランダ語で話は返ってきます。仕方ないと言えば仕方ないですが、子供の柔軟性で、ジジ・ババと、自分の言葉で話せたら楽しいな〜って思って欲しいんだけど・・・。
Posted by ニコラ at 2009年02月25日 06:14


ぽんさん
私が何も言わなくなってから、日本語の勉強はな〜〜〜〜〜にもしてません〜〜。二人して1年生の漢字ですら、全部は読めないし書けませんよ〜。まぁ〜それは日本の子だって・・・の部分もあるとしても、なら話すのは・・・?でもこれも駄目。もうお先真っ暗の気分です・・・。
Posted by ニコラ at 2009年02月25日 06:17


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック