2009年01月08日

やっぱりスケート王国



今日木曜日は、12年ぶりに・・・ということで、天然氷でのスケートマラソンが開催されています。

今日のスケートマラソンの開催地やコースは、日曜日に?発表になりましたが、その時点での氷の厚さは5cmくらいでした。なので、「下見」を兼ねて練習をしにきた選手たちは、そこを管理をしている人たちに「入場禁止」を言い渡されたほどです。

日本ではスケートというと、フィギュアスケートをさすように思いますが、ここオランダでスケートというと、スピードスケートを指します。近所にあるスケートリンクは、フィギュア用の室内の小さなリンクと、屋外の400mのスピードスケート用のリンクとが用意してあります。

日本では真夏の避暑地として、スケートリンクに行った事もありますが、オランダでは高い電気代の節約ということででしょうか、夏の間はスケートは出来ません。そのため、毎年リンクがオープンされる日を、心待ちにしている人たちが大勢います。

そしてこのスケートマラソン・・・11都市を回るスケートマラソンだけではなく、氷のあるところであればマラソンをしてしまうオランダ。今日はアルメーレ(Almere)とレイリスタット(Lelystad)・・・オランダの一番新しい州で、州全部が埋立地というところですが・・・の間にある場所で、行われています。


大きな地図で見る


女性は朝10時半出発で、距離は60km、男性は午後1時出発で、距離は100kmです。


そして凄いのはその参加人数だけではなく、番組の予定を変更して、生中継してしまうところだと思います。


これはやはりスケートの歴史とも関係があるような気がします。そもそも運河がいたるところにあるオランダ。冬になると凍るのが普通だった大昔。そこを利用しない手はない!というのが人間の知恵であり、オランダの知恵でした。

靴の下に取り付けられるタイプのものを、かなり早い頃に作っていたとか。そういう歴史や、スケートへの視点が違うのか、現在スピードスケートで使われているスケート靴・・・かかとの歯が外れるタイプ・・・は、オランダの大発明だといわれているそうですね。このタイプになってから、タイムがかなり縮んだとか・・・?


とはいえ、スケートリンクに行って靴を借りるときや、お店で靴を買うときに、「スケートの靴」というと出てくるのがスピードスケートのものになるのですが、なぜかこれの種類を「ノルディック」と呼ぶんです。(ノルウェー風の・・・って事ですね。)

それだけノルウェーからの影響を受けたのか、関係が深かったのか・・・ということになるかとは思います。


そんなこんな歴史的背景もあってでしょうね、オランダ人の天然氷へのこだわり、スケートへの情熱はものすごいものがあります。

スケートは出来ない五右衛門ですが(滝汗)、スピードスケートを見るときには、まるで自分がコーチであるかのように、1周のタイムをメモしながら見ていたそうです。そしてこれが結構「普通」なことなんだとか。

スピードスケートの長距離と、スケートマラソンは別物ですが、スケート人口という大きな器で見ると、日本の比ではないほどのスケート人口。子供を対象としたスケートのレッスンも盛んだし(さっちゃん・みーちゃんも参加したものです)、学校からもスケートのレッスンを受けにリンクに行きます。


オランダがスピードスケートで、優秀な選手がたくさんいることが、不思議ではなくなりましたよね・・・?

それほど、スケート大国オランダ!なんですよ!



 








posted by ニコラ at 21:28 | Comment(6) | TrackBack(0) | オランダ
この記事へのコメント
スケートもオランダが発祥なんですね!
オランダとはつくづく凄い国ですね

さてスケートマラソンの結果はどのようになったのでしょうか?

これって参加は一般市民だけなんですか?
Posted by root at 2009年01月08日 22:19


オランダがそんなにスケート王国だったとは、取り外しの出来る靴もオランダで開発されたのね。でもトリノオリンピックでオランダ勢の活躍を見たから、頷けますわ。
Posted by エミリア at 2009年01月09日 03:35


rootさま
小国オランダですが、日本との関係や経済効果に関しては、忘れてはいけないほどの力があるんですよ〜。(^^;;
この経済危機のど真ん中でも、あせっているオランダ人が少ないくらい!
マラソンの結果は追っていないのですが(汗)、参加されていたのは「スケートマラソンランナー」といわれる人たちのようです。プロではないけれど、どこかのクラブに参加をしているようです。ちゃんと独自のチームのスーツを着て走っていましたから。
Posted by ニコラ at 2009年01月09日 21:49


エミリアさん
未だに取り付けられるタイプのスケートの歯・・・じーちゃん・ばーちゃんのものを使う子もいるんですよ!
毎年・毎年氷がしっかりと張って、その上でスケートが出来るわけではないから、天然氷への執着は凄いです!呆れるくらい!でもそれだけ執着して、張ったら張ったでたくさんすべるから、一般人でも凄い上手ですよ!
今日からヨーロッパ選手権(オールラウンド)ですね〜。私のプリンスも、イタリアから来ているようです〜。(ウフフ・・・)ここは非国民になって、ファブリース選手を応援しますからね〜〜!
Posted by ニコラ at 2009年01月09日 21:52


こんにちはニコラ殿

あんまり寒いのでフランスでは野菜が凍って収穫ができず、野菜ので値段が高騰しているそうですね。 

パリでマイナス10度位ですからかなり寒い。そうなるとオランダは極寒の地ですね。

・・・・寒・・・・

ご自愛下さい。
Posted by syn3 at 2009年01月10日 08:28


syn3さま
ご心配をありがとうございます〜〜。(嬉)
ドイツではマイナス30度近くまで下がり、ハンガリーでは暖房費を節約する為に、死者も出たと聞きました。
幸いこのあたりは、氷点下10度程度、昼間は氷点下0度近くにまで暖かくなるので(!!)、まだ大丈夫です。
体の不思議で、寒さになれると、0度でも寒くないですよ!
Posted by ニコラ at 2009年01月11日 04:20


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック