2008年11月30日

電気工に変身!・・・2



昨日は外されてしまった電機の部品を、設置しようと(設置ってほどぢゃ〜ないかもしれないけど・・・)している・・・と言うことを投稿しました。今日はその続き!(^^;;


まず天井がどうなっているかと言うと・・・これが日本とは違うんですが(当たり前じゃ〜〜!!とは言わずに・・・)
lamp1.jpg
こんな感じです。(汚くてすいません・・・)

この黒い部分が隠れるように、部品を天井にくっつけなければいけないわけですが・・・

説明書の絵を見ていると、「穴を開ける」となっているんです!!でも今までついていた部品の形跡をたどっても、穴を開けてあった形跡は全くなし・・・。ってことは、ここについている「ねじ」を使っていた可能性があるって事・・・?だよね・・・?

ってことで、まずはこのねじを外してみると、中は横についている黒と赤の線が隠れていました。ただそれだけ。(^^;;

でもそのねじを使って、新しい部品をつけようとすると、ねじが短いことが発覚!なので付いていたねじを使っても良かったけれど、別のなが〜〜〜いねじを使って、部品を取り付けましたよ〜〜〜。
(でもちょっと長すぎたのか、なかなか全部が隠れず、慌てました・・・。汗)

それが終わってから、教えてもらったように、黒と赤の線を、電球を差し込む部品に差込み・・・、ブレーカーを上げて電気をつけてみたら・・・


ボン!

ブレーカーが落ちた!!!!



なぜに!?!?!?!?!



素人には原因なんか追究できないから、部品を持って再度お店に戻り、教えてもらうと・・・・


その部品の内側には、電気が電球に通るように、薄い鉄板が2枚付いているのですが、その鉄板の1枚が間違って付いていた・・・そうな。(でもこれが分かるまで、暫く掛ったのよね・・・)

つまりは、普通なら1枚はまっすぐで、1枚は曲がっているそうなんですが、私が買った部品は、2枚ともまっすぐになっていたそうな。なので、++なり−−の電気しか電球に通らず、ブレーカーが落ちたそうな。


・・・ってことで、直してもらったその部品を、言われたとおりに取り付けて、恐る恐るブレーカーを上げて、電気をつけてみたら・・・




lamp2.jpg


本当はきれいなカバーがあるのですが、この電球がまだ使えるので、これを使おうとすると、そのカバーが使えずこんな感じです。(^^;;


このまま暫く点けておいても、何にも起きなかったので、五右衛門に・・・・

「私が取り付けたら、いくら払ってくれる!?」とメールを出しました。

答えは・・・



「2.5ユーロかな??でも無理だし、危ないから、止めとくんだよ!!!」


その場は「は〜〜〜い」と答え、ベットの時間になるのを待ちました。そしてさっちゃんがいつものように電気をつけようとして・・・



「ママ!!!電気が点いたよ!!!!」


五右衛門もびっくりして、見に来て・・・


「ママったら〜〜!!いつやったの??でも家燃えないよね??」


などと言っておりました。(^^;;



・・・って事で、次の職業は、電気工です〜!(爆)



 
posted by ニコラ at 04:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
うーむご苦労様でした。
どうみても手に覚えのない大和撫子がする仕事ではないような気がします。
日本なら100%電気工事士の資格がないとやってはいけない工事ですね

それにつけても最初から部品がショートしていたなんてちょっと信じられませんが、無事に収拾できてよかったですね

25ユーロもらってもあわない仕事だったのではないでしょうか

改めてご苦労様でした

それにつけても220Vなのでちょっと怖そうです。
Posted by root at 2008年11月30日 23:01


root さま
大和撫子ではないですが(^^;;、確かに手に覚えはないですね。これが最初で最後であって欲しいけれど、そうも言っていられそうにありません。
ちゃんと商品管理されたものを買っているはずだけれど、誰かがまっすぐにしてしまったようで、ブレーカーが落ちてしまい、心臓が止まるかと思いました!
調べるところから始まって、1日半掛の作業・・・もう100ユーロくらい貰いたいですね!(^^;;
確かに220Vですからね、危ないですよね。
Posted by ニコラ at 2008年12月01日 05:58


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック