2008年11月29日

電気工に変身!・・・1



水曜日の午後、予定の時間よりも1時間も早く、電気工の方が来ました。2階のホールの電気が、どうもぶら下がっている感じな上に、少し前には電気をつけても消えたりもしたので、どうなっているのか見てもらうためでした。それと、住居横に並んでついている倉庫部分の電気がつかないので、その原因究明も。

倉庫部分の電気は・・・やはりオランダと言う土地柄なのでしょうか・・・大麻などのドラッグの栽培が出来ないように、普通は220Vのところを、わざと24Vに下げてあるんだとか。これだと一般のお店には電球は売っていずに、大家の会社の相談所においてあるので、そこで貰えばいいと言われました。

この倉庫部分の電気代は、住居部分の電気代とは別で、一律いくらで払っているんだとか。つまりは他人の電気代で(少しの電気代で)、大量に電気が必要な大麻の栽培が出来ないようにしている・・・ってことです。

まじめな私は(!?)、そんなことを考えたことがないので、驚きましたよ〜〜!!

そして問題の2階部分の電気・・・。

電気工の方は、見ただけで原因が分かり、まぁ〜サササササ・・・と、電球をはずし、部品もはずし・・・「ほら見てごらん!もう古いからプラスチックが焼けてるんだよ。新しいのを買って、自分でつけてね!」と言って去っていってしまったのでした!

さて・・・これが悪夢の始まり・・・。

夕方帰ってきた五右衛門に、「だから、取り付けね!」といったけれど、超細かい字の説明書を読んだ後に・・・「どうやったらいいかわかんない」とぬかしおった!


アンタ・・・男でしょ!?このうちに引っ越してきたとき、どーしたのよ!?

・・・って思ったけれど、喧嘩を売っちゃ〜いけないと、「じゃ〜ど〜すんのよ!?」とだけ言いました。(^^;;
(それも優しくね!)


答えは、「もう一度会社に電話をして、電気工をよこしてくれるように頼んでよ。契約に入ってんじゃないの!?」と、ハナッカラやる気なし。


仕方なしに翌木曜日電話をすると・・・予想通りの答え。つまりは、電気を設置するのは各住民の責任の範囲なので、代わりに設置することは出来ません〜・・・ってことです。でもどうしても設置しろ!と言うのであれば、経費が掛ります・・・だとさ。


その経費を節約する為に、頑張りましたよ!何時間もググリましたよ!色々見つけたのですが、やはりこの住居が古いと言うこともあって、同じ環境は見つけられず・・・。おまけに一番知りたい部分は、どこにも載っていず、再度お店に戻って教えてもらいました。でもお店番のような女性は、大嘘を教えてくれました。(爆)

その後に、男性が教えてくれたのですが、いや〜この人は凄かった!私のようなど素人のへんてこな質問にも、きちんと答えてくれました!

その答えに基づいて、配線を頑張ったのですが・・・・




長くなったので、また明日〜〜。



 

posted by ニコラ at 05:37 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
ご苦労様でした。
五右衛門さ〜〜ん... と言いたいところではありますが、 量販店に行って、いろいろかなり専門的に質問するのは奥さんの方... とかかなり一般的ですし

五右衛門さんがバリバリ文系であれば、さもありなんかもしれませんね

それにつけても、日本なら最近は、ワンタッチで灯具はこうかん出来るよう、天井のコンセント(引っかけシーリング?)が規格になっていますので、機械系に詳しくない女性でもその気になれば比較的簡単かとおもいます。 というか配線を伴う物を勝手にやると法律違反です...

パソコンの再インストールを自在にやれるニコラさんですので、ちゃんと出来たのは間違いないところかと安心していますが、後編の奮闘編が楽しみになってきました。

なにはともあれご苦労様でした。
Posted by root at 2008年11月29日 08:36


 電気の事でとんだ苦労をしましたね。 でも良くローデンしませんでしたね。 五右衛門さんはそのような事苦手ですか。ニコラさんが何でも良く調べて出来るので頼っているのでしょうか??でも良く怒らず優しくお話をしましたね 私なら直ぐ喧嘩をしたと思います。ニコラさんのように優しく話す事が出来なかったと思います。こらからも頑張ってよき妻でありますように願っています。
Posted by ダルマ at 2008年11月29日 09:09


rootさま
実家の電気カバーを取り替えるのを見たときに、まぁ〜用心のためにブレーカーは落としていましたが、オス・メスをカチッと合わせればよかったように記憶をしていたんです。だけれど、オランダの家は、日本にあるような電気カバーがないので、こんな風になっているようです。(新しい家も、配線だけ天井から出ています。)
「論理的に考えて」・・・がやはり必要でした。(^^;;
Posted by ニコラ at 2008年11月30日 04:09


ダルマさん
後編を読めば、どんなだったか分かりますよ!もう心臓がバクバクしました。(^^;;
怒りやすい五右衛門ですからね・・・、ちょっとはおだてないと!(爆)
Posted by ニコラ at 2008年11月30日 04:10


日本も昔は事情がオランダとおなじでしたが、40年くらいまえにはワンタッチ式に移行したとおもいます。
まあ、雇用創出に貢献しているのかもしれませんが、日本の常識が世界の常識ではないというのを思い知るエピソードに思えました。
Posted by root at 2008年11月30日 23:04


root さま
そういう事情があったのですね〜。なので、日本の電気のかさを変えるのは、簡単なのですね〜。
でもオランダは無理でしょうね・・・。日本のようなかさはないし、ぶら下げるタイプはないし、間接照明だし・・・。でもはっきり言って、危ないですよね〜!
Posted by ニコラ at 2008年12月01日 05:53


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/110374003
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。