2008年11月15日

さっちゃんのクラスの担任事情



夏休み前には、普通は発表になる新学期からの担任。さっちゃん・みーちゃんが通っている学校だけなのか、オランダ全土でそのような風潮なのか・・・その辺は定かではないのですが、一クラスに担任が二人でやっています。

というのも、先生たちはみな・・・だと思うけれど、一人で2・3クラスを受け持っています。その中で、専門のクラスと言うのも設定していますが、基本的には一クラスには担任が二人で、一人の先生は複数のクラスを受け持つ(1・2,3・4,5・6,7・8の枠の中で)・・・って感じです。そして先生たちは・・・3・4日だけ授業をする(教える以外に職務のある場合は、3日授業)というのがスタンスです。

例外として、昨年のみーちゃんのクラスは、担任が一人でした。月曜日から金曜日まで、一人の先生だけが担当。「私と馬が合わなかったら、悲劇よ〜〜!!」なんて、冗談を飛ばした担任ですが(^^;;、担任Aのやり方に疑問を持つ場合は、担任Bになんとなく聞いてみたり・・・が、出来ないわけです。まぁ〜ストレートなオランダ人なので、何があってもとことん論議をして、問題解決をするわけですが・・・。


そんな前提の上で・・・夏休み以降の担任の割り振りで、今回はものすごく苦労をしたんです。大体どの先生が、どの学年を受け持つ・・・というのは、決まっています。そして2年越しで繰り返す・・・というのが、今までのパターン。だけれど、先生たちがみんな残っていれば・・・なんですよね〜。(^^;;

そう・・・今年は、夏休み以降に「休養」に入った先生が数人。特定の曜日だけ来ていた先生もいれば、かなり密接に学校とかかわっていた先生もいました。

・・・ということで持ち上がった問題が、どうやって担任を振り分けるか・・・なんですよね〜。グループ8は、2月のCITO試験にむけての準備や、中等教育の学校選択などがあるので、優先的に担任がそのまま持ち上がりになりました。そのほか、3→4、5→6など。(2年連続にする為)

けれど・・・4→5や6→7の場合は担任が変わることになるので、ちょっと貧乏くじを引いた感じ・・・?というのも・・・さっちゃんのくらすの一人の担任(中心になるほう)は決まっていたのですが、この担任が担当するもうひとつのクラス・・・グループ8の関係で、予定されている週3回には出来ない上に、もう一人の担任が決まらない!という状況でした。それも、9月に学校が始まる数日前まで!!

やっと決まったその先生・・・9月に挨拶をしてびっくり〜〜。だって・・・補聴器つけてる60歳の先生なんだもの!

それでなくてもさっちゃんのクラスは、とっても活動的。活動的といえば聞こえはいいけれど、悪く言えば・・・みんな野生児!(爆)手綱を引くのが大変なんですよ!だから、「この人で大丈夫かな・・・?」と不安がよぎったわけです。

そしてその不安は大当たりに。10月になって、「病気療養」として秋休みの前に学校を休みました。「流感にやられたのかな?」って話していたんだけれど、秋休みが終わって、学校に行ったけれど、「なんか今日も休みみたい・・・?」って学校の先生たちも事情が分からず右往左往。そして分かったのが・・・

「子供たちについていけず、疲労過度になり、ホームドクターの診断で、年内は休みます」

・・・ってこと。も〜、みんなして唖然!

だからといって、首に縄をつけてつれてくることも出来ないし、そういう事実を受け入れるだけですよね〜。そして学校側は、代わりの先生を見つけました。(緊急の代理の先生を派遣してくれる組織があるらしい)

その先生も・・・補聴器はつけてないみたいだけれど、60歳近い人。「初日から、罰を与えたんだよ!」とさっちゃん。それも腑に落ちない理由でだそう。ってことで、子供たちの反発開始!何かにつけて反抗をしたそうな。すればするだけ、先生の態度が厳しくなり、さらに反抗・・・・。

どこかでこの連鎖をとめないと・・・と思っていたら・・・、今日、学校からの連絡で・・・

「さっちゃんのクラスの準担任は、突然ですが辞めることになりました。代理は・・・・」

そんな手紙を持って帰ってきました!


過労に突然止めちゃう先生たち・・・新学期を待って転職というのもしないし、日本の先生たちに比べて、やっぱり自分優先ですね〜。

五右衛門は・・・自営業だから仕方はないけれど、過労死したって仕事しなきゃいけないし、「や〜めた!」なんて言えないし・・・「サラリーマンは気楽でいいよな〜」って言ってます。(^^;;


そう、普段は感じないサラリーマンの先生たち。でもこういうことがあると、再認識しちゃいますね〜。


クリスマス休暇まで後4・5週間。来週から来る代理の先生は、任期満了が出来るでしょうか!?



 
posted by ニコラ at 06:37 | Comment(10) | TrackBack(0) | 学校の世界
この記事へのコメント
 さッちゃん、先生が其れでは困りますね、日本では考えられませんね。早く先生が落ち着くといいですね。勉強の方も遅れないのですか。補聴器をつけた先生では何かと大変ですね。良く聞こえないと話す方もいます。子供さんが騒ぐと普段は聞こえていても聞こえない事もあるのでお互いにストレスがたまりす頭が痛くなり先生としてつずか無い事でしょう。
早くよい先生に恵まれますように
ねが伝います。
Posted by ダルマ at 2008年11月15日 09:36


大変ですね
そちらもはやり こころの病気 になる先生は多いのでしょうか

ちなみに日本はぼろぼろのようですね 怪獣○○のストレスの方が大きいのかもしれませんが...
また、サラリーマン先生は多いですね、そうでない先生もいますが... 子供の顔より給料袋を見ている先生は明らかに増えているでしょうね
Posted by root at 2008年11月15日 09:50


ダルマさん
あき休み前の月曜日には、ヨーロッパ地理のテストがあるはずでした。でも突然の休みでテストはなし。その次はあき休み。その次の月曜日は、また休み。その次の月曜日は・・・と、延々とテストが延長されました。(合計5週間くらい?)
その間にも、ちゃんと授業はやっていたようですが、それでも遅れているようです。どうやって取り戻すのか・・・?謎ですよ〜。(^^;;
Posted by ニコラ at 2008年11月16日 05:34


rootさま
ここのところ、心の病気になる人が、とっても増えているように思います。自己中心・モラルの低下・・・色々原因はあると思います。
子供たち相手は、楽しい部分もありますが、大変な部分も多いですよね。裏には親という大人も隠れているし。
でも・・・休んでも給料は手元に入るという安心感を、逆手に取られているような気もします。
Posted by ニコラ at 2008年11月16日 05:37


そちらも同じ様な状況なのですね... 
休んでも・・・ は ある民間企業では、そのような事があると聞きましたが、 日本の先生ではどうなのでしょうね


Posted by root at 2008年11月16日 10:04


先生の個人的な事情も分からない訳ではないのですが、そういう方が担任になると、親としては考えてしまいますね。こういう時代だから、国を問わず心の病を抱えている人は増えています。学校側でもそういった教師へのフォローをして欲しいものですね。

話し変わって、きのうTVでオランダのどこだったか忘れましたが、壮大なドミノ倒し大会の映像に見入ってしまいました。すごいのねー。平面だけではなくて立体的になったドミノ倒し、あれはもう芸術よ〜♪
Posted by エミリア at 2008年11月17日 03:21


rootさま
病気で休むのと、休暇とは別物なので、権利をしっかり使うぞ〜〜とも取れますが・・・。でも子供たちの心のケアも必要だと思います。慣れた頃新しい先生が来て・・・が繰り返しだと、繊細な子は不安定になりますよ。
Posted by ニコラ at 2008年11月17日 05:14


エミリアさん
確かにいろいろなことが混ざり合って、心の病気になるわけですが、先生たち同士でシグナルが感じられなかったのか・・・って思ってしまいましたよ。確かに先生たちにとっても新しい同僚ですから、いろいろな面で「あぁ〜そうなんだ」と思う面はあると思うんですが。

ドミノ倒しは、毎年この時期にやっています。昨年は新記録達成にならなかったので、今年は合計12個くらいの新記録に向けて頑張ったそうですよ。ダイジェスト版をみたけれど、ハラハラした〜〜!!(^^;;
今はゆっくり休んでほしいです〜。
Posted by ニコラ at 2008年11月17日 05:18


日本も先生が病気になり、替わることが多くなりました。あと、先生が親に辞めさせられるってことも・・・でも、オランダの先生事情は、すごいですね。子供達、びっくりしていませんか?
Posted by ぽん at 2008年11月17日 17:21


ぽんさん
小学校の先生が、風邪で休むこともなかった記憶があるので、信じられないオランダ事情です。(^^;;
でも親に辞めさせられちゃう先生・・・いるんですか!?びっくりです〜〜!それも凄いですね〜。それだけPTAが強いのでしょうか。
Posted by ニコラ at 2008年11月18日 05:39


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック