2008年10月11日

珍しいものを見た!



今日の朝は、さっちゃん・みーちゃんを学校に連れて行ってから、さっちゃんの発表に必要なUSBスティックと、五右衛門の仕事場に必要なものを買いに行きました。久しぶりに行ったので、売り場が変わっていて、あれやこれやと探すのにかなり時間がかかってしまいました。(^^;;

その帰り道、準高速につながるロトンデに行く途中、珍しいものを目にして、最初は信じられませんでした〜。

でもはっきり言って、これが走っていると・・・迷惑です。何かというと・・・


bus1.jpg
これだけで分かりますか・・・?

信号で止まったのでもう一枚。
bus2.jpg

ロンドンバスですよ!!
ナンバープレートを見れば分かるとおり(バスの右下の青いもの)、これは古い時代に登録をされたバスですから(1990年くらいより前らしい・・・?)、相当古そうですよね。

それが原因か、バスだからか・・・発進が遅いのなんの!それに加速も遅い〜〜!!

結構イライラしてしまいました。(^^;;
写真を撮るために後ろについたけど、ここまで遅いとは・・・。(苦笑)



でも初めて見たロンドンバス・・・ほぉ〜〜〜〜でしたよ!(^^;;



 
posted by ニコラ at 04:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
なつかしぃーー
ロンドンバス!!

新婚旅行はロンドンでした。 二人のツアーだったので実質個人旅行のようなもの、ガイドさんが、「バスに乗りますか?」というような感じで載せてもらったのを覚えています。 2Fの一番前にのったような記憶があります

ありがとうございました。

Posted by root at 2008年10月11日 09:58


rootさま
新婚旅行がロンドン!逆算すると、まだまだポンドが劇高だったときではないですか?(^^;;
二人きりのツアーというのも、これまた劇的ですね〜。
そのロンドンバスも、今ではロンドンでは乗れないとか?これも時代の流れですね〜。
Posted by ニコラ at 2008年10月12日 03:21


ネットで調べてみたら私がロンドンに行ったのはバブルのネタになったプラザ合意の年だったらしいです。 記念すべき時に結婚したのですね。 さてその時のレートは300円くらいとなっていました。 仰るとおりの劇高の時代だったようですね。
添乗員が日本からは添乗しないツアーだったのですが、最低催行人数2人で応募が二人だったのでした。 アリタリアが遅れてイタリアではBAへの乗り継ぎが30分ほどになってしまい、横にいた台湾人のビジネスウーマンに「国際乗り継ぎの30分なんてじかんないわよ! 急いで!!(一応英語で)」と怒鳴られ、走っていった想い出があります。 そしてヒースローでは私のバックは明けられ、妻のバッグは出てきませんでした...
という散々のスタートでしたね。
ふと想い出しました。
Posted by root at 2008年10月12日 11:07


rootさま
おぉ〜〜、やっぱり劇高の時代でしたね!そして劇的な乗り継ぎ30分に、ヒースローでの洗礼ですね。(^^;;
ロンドンバスから、とんでもない事を思い出させてしまいましたね。(汗)
Posted by ニコラ at 2008年10月13日 04:19


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/107906397
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。