2008年10月10日

児童図書週間2008



今年の児童図書週間は10月1日から11日までです。テーマはzinnenverzinzinとか。何のことやらさっぱり分かりません。(汗)

この言葉を分解すると・・・zinnen・・・文の複数形とverzinzinに分かれるのでしょうか・・・?verzinはverzinnenという動詞の関係だと思うのですが・・・、果たして・・・。


・・・と、私にとっては理解しがたい言葉でありますが、子供たちは年齢に合わせた本やテーマに沿って、いろいろな事をやっているようです。みーちゃんのクラスでは、作者への質問を考えた・・・とか言っていました。さっちゃんのクラスは、月・火・水曜日の担任がお休みで、クラスが分けられたり、代理の先生が来たりしたので、あまり児童図書週間のことはやっていない模様です。


明日が最後の児童図書週間。金曜日の担任は来る予定なので、最後に何か楽しい事をするのでしょうか。それが終わると、来週1週間は、秋休みです〜。



 
posted by ニコラ at 03:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | 風物詩
この記事へのコメント
作者への質問ですか なかなか 興味深いですね でも子供から質問された作者は内容によらずうれしい物でしょうね

二人もと楽しい企画になるとよいですね
Posted by root at 2008年10月10日 12:24


rootさま
詳しく内容を聞いてみたら、質問は用意してあったようです。子供たちが考えたものを、少しアレンジして、他の子に言わせた感じも在りますね〜。だって、みーちゃんは一番に質問をしたそうですが、絶対に子供が考えそうもない内容ですから!
さっちゃんのほうは・・・やはりなかった模様です。今日の担任は、別のクラスの応援に行ってしまったので、やはり代理の先生だったのでね〜。あぁ〜印象の薄い児童図書週間でした。
Posted by ニコラ at 2008年10月11日 04:09


そうですか 子供さんのことなので や○せ ではなくて、教育的配慮とおもいますが。

 それでも みーちゃん には一番の質問というのはよい想い出かもですね

 さっちゃんは、ちょっと残念でしたね でも来年もあることでしょうから、 なにもなかった一年というのも将来は想い出になるのではないでしょうか

来年はもっと良い企画になるとよいですね。
Posted by root at 2008年10月11日 22:27


rootさま
教育的配慮と思いたいですね〜。じゃないと、子供たちがかわいそうですから。一生懸命に質問を考えたのですからね!
さっちゃんはこれよりも、毎日担任が来るかの方が気になっていました。なにしろ、ヨーロッパの国々の名前と首都のテストがあったのですが(15カ国くらいに絞って)、全部を覚えていたわけではないので。(^^;;
Posted by ニコラ at 2008年10月12日 03:19


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/107860643
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。