2008年09月23日

英語のクラス



オランダ全土でなのか、二人が通っている学校でだけなのか・・・その辺は分かりませんが、グループ7になったさっちゃんの新たな教科・・・それは英語

オランダのテレビは、外国語のものは字幕放送なので・・・対象が小さな子供であれば吹き替えですが、字幕のものもあるんですよ・・・、小さいときから外国語の音には慣れてきます。

英語・ドイツ語・フランス語の音は分かっていますが、自分では殆ど何もいえません・・・。日本での体験入学で、英会話を体験したわけですが、どれだけ記憶に残っているか・・・、分かりません。(^^;;

TDLでも日本語が分からないとなると、英語で話してくれるけれど、英語なんかもっと分からない!って状態だったし・・・。

そんなさっちゃんの英語のクラス・・・。


グループ7・8の子供たちが、レベル1・2・3に分かれての授業だとか。レベル分けをする為に、グループ7の子供たちは、テストがありました。

このテスト・・・五右衛門も私も、「会話」だと思っていたら大間違い!筆記試験だったんですよ!

言われれば多少分かる事でも、紙に書かれたら、全く分からないさっちゃん・・・。結果は一番下のクラスに入りました。(^^;;

先週から授業が始まったようですが、ものすごく楽しんでいます。

今日習った単語・・・
street
newspaper
home
school
shop
bookshop

1日でこれだけ覚えてきちゃいました!

私なんか・・・短いオランダ語の単語を覚えるのに、さっちゃん・みーちゃんに手伝ってもらって、数日かかるのに・・・。(自爆)


さっちゃんのなかでは、英語がちょっと熱いですよ〜。
五右衛門もさっちゃんに合わせて、英語で一言言ったりしています。耳はまだ良いので(音に敏感)、メキメキと覚えてくれるでしょうか。

結構楽しみです〜。(←親ばか丸出し・・・わーい(嬉しい顔)



 
posted by ニコラ at 03:34 | Comment(12) | TrackBack(0) | さっちゃんの世界
この記事へのコメント
いよいよさッちゃん、英語が入りましたか。楽しい事でしょう。先日オーマーとチャットをした時に少し英語を話していたとオーマー楽しそうに話していました。オーマーは何を話しているの日本語で話してね、と話すと日本語で話をしたいといっていました。ニコラさんも小さい時に自分で英語を習いたいと話して習ったそうですねきっとさッちゃんも上達する事でしょう、楽しみですね。親ばかでいいのですよ、
Posted by ダルマ at 2008年09月23日 06:57


英語の授業が始まったんですね〜。
始まる前にレベル分けがあるとは!
私の通ってるオランダ語学校のようです^^
私はさっちゃんと逆で、
読めるけど、音で聞くと分からない単語がたくさんあります。
耳から単語や文章を覚えられるようになりたいです。
もう遅いかぁ〜^^;
Posted by zebra at 2008年09月25日 00:01


オランダ・日本・英語と三ヶ国は完全にマスターですね。今 世界で活躍するには五ヶ国語と言われていますがこれもいずれは自然に出来てしまうでしょうね!いいですね・・・!
羨ましいです。
Posted by ケイコ at 2008年09月25日 08:10


トリプルリンガルですね!
いいなぁ
と素朴に思いました。

ちなみに大人も良い年になると記憶のスピードは子供にはかないませんね

その分年の功で勝負ですね!
Posted by root at 2008年09月25日 12:17


ダルマさん
やはり本人がやりたいと思っているときは、伸びますからね。色々な単語も、家で教えています。まだまだ目で見る単語は、オランダ語読みですが、少しずつ覚えていけるでしょうね。
Posted by ニコラ at 2008年09月26日 04:03


zebra さま
やはり音感は子供のほうがいいですよね〜。特にさっちゃんは、語感がいいんですよ。
私も負けじとラジオを聴きますが、単なるBGMになりつつありますね〜。(爆)
Posted by ニコラ at 2008年09月26日 04:07


ケイコ様
中等教育に行くと、進学するコースによって、ラテン語が入ったり、ドイツ語が入ったりするんですよね。その前に、今習っている英語を、ちゃんと覚えてくれれば、楽しめるはずなので。
Posted by ニコラ at 2008年09月26日 04:09


root さま
トリプルとはいえ・・・日本語は漢字が入っていると、なかなか読めません・・・。やっぱり漢字の勉強は、ハードルが高いようです。(どうしても絵になっちゃうし)
そこをいくと、同じアルファベットの英語のほうが、親しみやすいようです。
Posted by ニコラ at 2008年09月26日 04:11


日本語は言語の中でもっとも難解な部類に入るそうですね。 それはきっと感じなどの標記も含めてだとおもいます。
将来さっちゃんみーちゃんが頻繁に日本語に接するような環境になるかどうかはともかく、会話はまずまずできるわけですし、ちゃんと素地があるわけですからそれでもりっぱな一言語習得ですね。
Posted by root at 2008年09月26日 21:36


アムステルダムの運河ツアーのガイドさんは、最初に「何語でガイドして欲しいですか?」と尋ねて、確か英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語? の6カ国語くらいはしゃべっていましたね。

流石に、日本語や中国語は無理でしたが。

日本語は、漢字、かな、カタカナを使用するに加えて、漢字には音と複数の訓よみがあるので、覚える事が他の言語と比較して多いのが習得しにくいといわれる理由だと思います。

その代わり発音は簡単ですがね。

柴犬は、英語と中国語のトリリンガルを目指していますが・・・。 いつのことになるやら。(笑い)
Posted by Syn3 at 2008年09月27日 08:36


rootさま
確かに「文字の種類」が3つ・・・というのは、世界的にも珍しいでしょうね。おまけに、場合によっては右から書いたり、左書いたり・・・。アラビア語の人たちは、ちょっと近親感を持った感じを受けますが、アラビア語意外にも右から書く言葉がある!って、びっくりされました。(^^;;
まぁ〜言葉は出来るにこした事はないですからね。頑張って欲しいですね〜。(他人事みたい・・・!)
Posted by ニコラ at 2008年09月28日 04:46


Syn3さま
日本人がオランダ語を習得するのに、「最低2年」と言われました。でも逆に、オランダ人の日本語習得も2年はかかるようですね。日本語は文字だけではなく、語彙も多く知らないとしゃべれませんのでね〜。(同じ雨でも、種類がたくさんあるから、「雨」だけ知っていても駄目)
中国語は私たちには、逆に難しいのではないでしょうか?日本語での意味と、中国語での意味が、いつも一緒とは限りませんからね。
Posted by ニコラ at 2008年09月28日 04:49


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/106998355
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。