2008年08月26日

サルの楽園(Apenheul)



やっと行って来ました!

どこに!?

いや〜、タイトルからお分かりになる方・・・いらっしゃいますよね??

そうですよ〜〜、あそこですよ〜〜!!

ほら、日本の皇太子ご一家もオランダ滞在中に行かれた所!

そう、サルたちが放し飼いにされているサルだけの動物園です〜〜!!


場所はユトレヒトから1時間弱の場所のApeldoorn。カタカナに直すと、アペルドールンとかになるのでしょうか?でもオランダ人の発音だと、アポルドールン・・・かな?

行った日も、今年の夏の天気を象徴するような日・・・肌寒くって、曇ってて、時たま晴れ間が出るけれど、雨も降る・・・そう、何でもありな天気の日。まぁ〜その分暑くなく、楽に1日を楽しめました!


入り口で入場券を買うと、本当の入り口まではちょっと歩きます。そこがちょっとした公園・散歩道になっているようで、景色を楽しむ為のやぐらも。でも高いところは嫌いな私は・・・もちろん上りません!(^^;;

そこを通り過ぎると、本当の入り口。ここで園内の注意事項を聞きます。なにせ頭のいいサルたちが放し飼いになっているので、注意する点がいくつかあります。

まずはかばん・バック類。普通のチャックであれば開けてしまうので、サルたちが開けられないタイプのバック類を、園から無料で借りる事になります。もしくは、「安全だよ〜」レッテルを貰います。

そして、サルたちはきちんと栄養の管理をされた餌をもらうので、食べ物をあげてはいけませんので、放し飼い地区での飲食禁止です〜。自分の現在地がどこなのかを時折確認したり、看板に注意するように言われます。

サルたちが自分のほうにやってくるのは自由ですが、サルを触ってはいけません。これはサルがびっくりしてしまう為だそうです。犬・猫のようなペットではないと言う事ですね。

そんな注意事項を聞いた後、サルたちの中に突入です〜!

すると・・・
apenheul1.jpg
目の前を飛んでくれたり、興味を示して寄って来てくれたりします。

apenheul2.jpg
本当のサルだけではなく、類似サルというか・・・オランダ語で半サル(半分はサルだけれど、別の血も流れている)達もいます。

そしてサルたちを集める為、また私たちを楽しむ為に、いろいろなサルの場所で、餌付けを見せてくれます。
apenheul3.jpg
このサルたちは、イナゴのようなバッタ類を貰っていました。

このサルは野生では15年くらいは生きるようですが、この園のサルたちは25年くらいは生きるとか。敵もいないし、栄養のバランスも考えてもらえる餌のおかげでしょうか。



このサル園は繁殖にも力を入れていて、ヨーロッパの動物園に250頭ほどいるゴリラなども、全てのサルを把握・統括しているようです。そしてどこの動物園のどのサルが、どの動物園のサルと掛け合わされたのか・・・きちんと残しているとのこと。そのために、定期的にオスの交換やメスの交換もしているとのこと。

種を残す大変さを目にしました。


とはいえ、ここでは人間たちがお客様。サルたちはとてものんびりしていて、気ままです。喧嘩もすればグルーミングも見せてくれます。

いつまでいても飽きないところです。

皆さんも一度、いかがですか??


 

posted by ニコラ at 04:18 | Comment(6) | TrackBack(0) | オランダ散策
この記事へのコメント
お子さんと楽しい一日になりましたね。でも日本ではサルの放し飼いの動物園は無いと思います。私なお怖くていく気がしません。いくら来ないと言われてもやっぱり動物でしょう。何時来るかと思えばやっぱり怖いですね。主人に言わせれば私はとても動物におくびよなことらしいです。お子さんが怖がらず楽しんだ事に関心ですね。
Posted by ダルマ at 2008年08月26日 07:31


自然いっぱいのところで、飼育されているんですね〜。上野動物園みたいな感じではないですよね。サルにとって、良い環境で育てられていることは、ステキですね〜!!
Posted by ぽん at 2008年08月26日 15:58


ダルマさん
食べ物を手に持っていると、それを取ろうとちょっかいを出してくるそうですが、いまでは昔に比べて、そういうことをするサルは少ないようです。多分飲食禁止にしてあるからでしょう。
サルたちが自由に遊べるような環境にしてあります。その中を歩いていくので、柵なしで見ることが出来ますよ!
Posted by ニコラ at 2008年08月27日 03:18


ぽんさん
サルの種類のあわせて、環境を作ってあります。また共存できるサル、共存できないサルも把握しているので、混ざらないようにもしてあります。
本当のジャングルを歩いたら、こんな感じなのかな〜?と思える感じでしたよ!
Posted by ニコラ at 2008年08月27日 03:19


サルが放し飼いのサルの楽園!!
こんな楽しそうなところがオランダにあるんですね!
サルも自然に近い形で過ごすことができるんでしょうね〜。
電車でもアクセス便利なところなんでしょうか?
もし車で、が便利であれば、
次回車がある週末はここに行くこと決定です^0^
ホームページがあったら教えてください♪
Posted by zebra at 2008年08月27日 04:37


zebraさま
バスが園前で止まっていました。駐車場もあります。料金は1時間いくらですが(市の設定料金)、1日券も購入可能です。
公式サイトは、www.apenheul.nlでどうぞ!

Posted by ニコラ at 2008年08月28日 03:48


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック