2008年08月16日

痛い!!



今日は男子柔道の100kg以上が行われましたが、あぁ〜痛い!!

オランダの選手は、オリンピック出場が微妙だった選手。最終決定直前までは、別の選手のほうが有利だったのですが、蓋を開けてみたら・・・という背景がありました。

そして今日の対戦相手は、このランクの選手の中では、最多重量だとか。それでなくても不安があるのに、そんな最多重量の相手だなんて・・・。

私は生中継では見なかったのですが・・・


「こちら」がその試合模様。

途中で相手選手の上に落ちるのですが、その時に右のひじから落ちる形となり、その直後からものすごい悲鳴と凄い顔。

毎日練習している選手が、「大げさに」痛がることは無いと思うんですよ。にもかかわらず、「痛がりすぎ」とのことで、反則まで取られる羽目に・・・。

試合後病院で検査をしたところ、ひじの骨折の疑いと肉離れらしいとのことです。


昨日のピーターも5位に終わり(3位が同タイムで二人!)、今日はマレーン・フェルトハウス選手は6位。室内の自転車競技(競輪?)も不調だったとか。

メダル獲得の確率が高い選手を送り出しているオランダですが、なんだかめちゃくちゃな結果になっています。審判によるものもあれば、体調不良によるものもあるようです。

「前回のオリンピックでは、日本の上だった」とメダル獲得数(金メダルのことだと思うのですが)のことをいう五右衛門ですが、

「今年は違うね〜」というのが私の反応。(^^;;

面白くないようです。


でも今日の怪我は、本当に痛い!完治まで、2・3ヶ月はかかるのでしょうか・・・?


 
posted by ニコラ at 03:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 北京オリンピック
この記事へのコメント
オランダはサッカーで金メダルと取れば全てOKじゃないですか?(などと簡単に)

しかし、ブラジルをはじめとして強豪が残っているからね。簡単じゃないけどね。(笑い)

応援してますよ。 日本は一勝もできませんでしたから。(あ〜。情けない。)
Posted by syn3 at 2008年08月16日 21:52


メダル競争もよいですが
理由はあるにせよ
メダルを投げ捨てたり ドーピング...
それに完全に商業化しています

クーベルタンの時代に戻れないものかともおもいますが、無理でしょうね

最近の日本はなんとなく格好がそれなりに付いていますが、これも報奨金が出るからという話もあるようで

世の中すべてお金のようでいやですね

Posted by root at 2008年08月16日 23:07


syn3さま
今日のブラジルは、延長戦での勝利。圧勝とはいえないのでしょうね。お隣のベルギーは、10人になっての試合でしたが、イタリアを下しましたね〜。そしてわがオランダ・・・監督も頭を抱えるような状況でしたね〜。(上手い具合にそんな映像が流れました!)
今回は完全に、希望メダル数を下回っています。もう無理でしょう・・・。気合を入れなおさないと!(日本だったら、ふんどししめ直せ!って言われそう?)
Posted by ニコラ at 2008年08月17日 04:13


rootさま
審判の判定に異議があったとしても、メダルを投げてしまうのは、クーベルタンの思想とは違いますよね。
競争であるから、人に勝ちたいというのは普通の事。ただ負けたのが審判によるものだとしても、その結果は変えられませんからね。3位になれたことを、やはり喜んで欲しいです。一般人は出場する事すら出来ないのですから!
Posted by ニコラ at 2008年08月17日 04:16


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/104814562
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。