2008年07月18日

ドーピング



今日もまた、ツール・ド・フランスに参加をしている選手が、ドーピングで逮捕をされた模様ですね。テレビの映像では、フランスの警官が、チームのバスから出てくるように言っていました。

その後チームはスタートをせず、ツール・ド・フランスから去った模様です。

他のロードレースとは違うシステムでのドーピングコントロールをしているツール・ド・フランス。今回のドーピングは、EPO3世(・・・って日本では言っているのでしょうか・・・?)で、ラボで作られたものだそうです。

それでなくても、いつ受けるか分からないドーピング・コントロール。それに加えて、つい先日は、「4日目の勝者」が疑われ、検査をしたら陽性だったとのことですからね。「勝ったら検査」を受けるツール・ド・フランスのようです。


つい先日は、オランダのオリンピックへの水泳軍団が上海に向けて出発しました。そこで1ヶ月ほど体調調整をして、北京に行くそうです。


水泳協会なりxx協会に登録をされている選手たちは、1日毎のスケジュールを、殆ど1分単位くらいの細かさで、ドーピングコントロールをするところに提出をしているそうです。

昨年のツール・ド・フランスでは、オランダのRABOBANK所属の選手が、提出していた居場所と、実際の居場所に差があったとして、首になり、今年は(つい先月くらいに)ここユトレヒトで裁判がありました。(判決が出ましたよ。)

話を聞いていると、チームリーダーは知っていたにもかかわらず、知らなかったような振りをしている感じです。

だからか・・・?判決によると、首にしたのは違法とのこと。それでも慰謝料は、希望の金額より下げられていました。

この「提出された居場所」に向けて、検査係は不意を付いて訪問をし、検査をするそうです。だから、提出された場所にいないと・・・それが不意なものであれ、大問題になりえないとか。

実際に、「たった5分だけ、お隣さんちに行った」時間帯に、検査係が訪問をしてきたら、「いないぞ!!」ってことになって、えらい騒動になった人もいるとテレビではやっていました。(渋滞に巻き込まれたり、急の用事だと・・・困りますよね・・・。どうするんだろうか・・・?)


現在のIOCのトップマンのロッヘ氏。お隣のベルギー出身の方ですが、就任するに当たって、「ドーピングの撲滅」を目指すといわれたそうですね。そしてオリンピックの時だけではなく、普段から厳しく検査をするようになり、今まで以上に「陽性反応」を告げられた選手たちや、ドーピングを使用していた選手たちが表に出てきていると思います。

旧東ドイツや中国が強かったのも、ドーピングのおかげと言われていた模様です。(周知の事実だったけれど、証拠がつかめなかったらしい)そのドーピングを使用していた選手たちは、引退後もドーピングの後遺症に悩まされているとも、テレビではやっていました。

そこまでしても・・・体に良い影響がないドーピングにもかかわらず、「勝つため」にドーピングに手を染める選手たち。

「世界一」の響きには勝てないのでしょうか。(凡人の私には・・・規模が大きすぎて分かりません。汗)


末広がりの意味をこめて、8月8日(午後)8時8分・・・北京オリンピックが始まりますね。政治的要因から、本当に始まるか・・・始まってみるまで分からない・・・中国だから何があってもおかしくない・・・そんな気持ちもありますが、ドーピングのない大会であって欲しいと思います。


ツール・ド・フランスのドーピング問題から、オリンピックのほうに目が行ってしまいました。(^^;;




 
posted by ニコラ at 04:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | 北京オリンピック
この記事へのコメント
アマスポーツの大会も参加するだけでは意味がない時代になってしまったのですね。

日本はアマの大会で勝っても大勢としては「それがどーした?」なんでしょうが、多分多くの国では違うのでしょうね。

オリンピックでメダルをとれば一生年金で暮らせるとかあるのでしょうか?

残念ですが名誉だけではない気がします。 やはり人間の欲がからんでいるのでしょうね。

さてオリンピックといえば、日本ではチケットが余っているのだそうです。
14万枚要求して割り当てられたのは7万枚、指定の旅行会社などが(観戦パック旅行で?)売っているそうですが、全体としては2,3割は余っているそうです...
そちらはどうでしょうか?
Posted by root at 2008年07月18日 05:41


rootさま
今日のニュースでは、北京大会でも、今回のEPOはチェックをするとのこと。参加取り止めを表明している選手を見ると、「使ってたの・・・?」って疑ってしまう自分がいます。
オリンピックに出るだけでも凄い事だけれど、メダルを取ったら・・・年金で暮らせるとは思えませんが、スポンサーは付きますよね。
旅行代理店に足を向けないので分かりませんが(汗)、アジアは遠いから高い・・・って構図で、あまり人気がないと思います。おまけに、中国の政治的な圧力の事もありますからね。安いが一番の、車で行けるキャンプ場が一番人気かも?(^^;;
Posted by ニコラ at 2008年07月19日 05:19


やっぱり東洋はいつまでたってもヨーロッパからみると金銭的には(?)極東(地図の端っこという意味だそうですね)なのでしょうね(笑)。 逆も真なりで、私も多分オランダに降り立つことはないでしょうけれど...(涙)

 さて北京オリンピック、商業的には、コケルのはほぼ間違いないようです。
 こちらの昨日だったかの新聞では、メインスタジアムに近いマンションがまだ半分ひどしか売れていないとか、一流ホテルの期間中の予約率はやはり半分くらいとかだそうです。
どうも中国流は全地球的には通用していないようです。
Posted by root at 2008年07月20日 06:46


rootさま
今日のニュースでは、北京の学生寮にいる学生さんたちは、7月いっぱいで寮を追い出されるそうです。オリンピックの期間中は、北京市内で仕事がある人以外は、入市禁止だとか?遠いところから来ている学生さんたちは、帰るところ・行くところがないと、嘆いていました。
サッカーの試合のチケットは、10ユーロくらいだそうですが、対象が中国人だからというのは大嘘だという事らしいです。
中国流も通用しなければ、チベット問題も影響していると思います。親近感を持っている人を探すのは・・・難しいのでは?
Posted by ニコラ at 2008年07月20日 07:37


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック