2008年07月17日

ベルギーのこと



日本でもニュースで流れたと思いますが、オランダのお隣のベルギーでは、政治が混乱をしているというか・・・、首相が辞表を提出したんですよね。

それでなくても、この首相が首相になるまで、選挙後9ヶ月という時間が過ぎていたのですが、やはりフランス語圏とフラマン語圏との「差」を埋めることは、難しくなってきているということのようです。

また歴史になってしまいますが(嫌〜って声が聞こえてますが・・・(^^;;)、このフラマン語圏はオランダの一部だったようなんですよね。もちろんむか〜〜〜〜しの事ですが。

さかのぼる事・・・・

Wikipediaによると、

====
16世紀にはネーデルラント17州のうち、プロテスタントを信奉する北部7州がカトリックのスペインの支配に対して反乱を起こし、三十年戦争の講和条約であるヴェストファーレン条約によってネーデルラント連邦共和国として正式に独立が認められたが、カトリックの勢力が強い南ネーデルラントはスペインの支配下に留まった。この南ネーデルラントが現在のベルギー王国の起源である。

18世紀のスペイン継承戦争の後にオーストリア領となったが、18世紀末にハプスブルク家の支配に対してブラバント革命を起こし、1790年には独立国家であるベルギー合衆国を建国した。ベルギー合衆国は短期間で滅ぼされ、再びハプスブルク家の支配下に戻るが、フランス革命戦争によりフランス軍に占領され、カンポ・フォルミオ条約によってリエージュ司教領と共にフランスに併合された。ナポレオン戦争の終結後、1815年のウィーン議定書によって現在のオランダ、ルクセンブルクと共にネーデルラント連合王国として再編されたが、1830年にオランダに対してベルギー独立革命を起こし、1831年にはドイツの領邦君主のザクセン=コーブルク=ゴータ家からレオポルドを国王として迎えた。1839年、オランダはベルギーの独立を承認し、ベルギーは領有していたルクセンブルク大公国とリンブルフを、オランダと分割した。
====

そんな背景があるために、フランス語圏とフラマン語圏(オランダ語の方言)があるわけですね〜。そしてその昔は、フランス語圏の「ワロン地域」のほうが裕福だったようですが、最近はフラマン語圏の「フランダース地域」のほうが裕福だとか。

それが原因なのか、他にも原因・理由があるのか・・・ニュースを聞いても背景を理解していないので、チンプンカンプンですが(汗)、この2つに地域の「差」を埋めることは、難しいようです。

昨日は朝3時までも、首相と国王(70歳を超えているらしいですよ〜)と打開策を探したようですが、溝が深いようで駄目だったとか。

フラマン語圏の半数近くが、ベルギーからの分離を希望しているとの調査結果もあるようです。分離をして「独立」になるのか、またもや「オランダの一部」になるのか・・・今すぐには結果は出ないと思いますが、オランダよりも小さな一国。EUの中心でもあるブリュッセルのある国ですが、それだけに政治が熱い!?


1831年の初代国王より数えて、現在で6代目の国王。時期国王(皇太子)もご結婚をされて、4人のお子様がいらっしゃいます。将来は安定しているはずだけれど・・・。

ベルギーが分離した場合、国王はどうなるのでしょうか・・・?

ブリュッセルはどうなるのでしょうか・・・?(言語的に)というのは、ブリュッセルは特別地域で、フランス語圏とフラマン語圏が「両存」している地域なんです。まぁ〜ベルギーの人たちは・・・得にフラマン語圏の人たちは、フランス語とオランダ語とを操るのですが、ブリュッセルはフランス語圏地域に存在する小島状態の場所。それでも、どちらの言葉も使える場所なんですよね。
(五右衛門の話だと、お店ではお客さんの使っている言語で対応をしないといけないらしい。つまりは、オランダ語で買い物をしていた五右衛門には、フランス語で対応をしてはいけない・・・ってことらしいです。)


「ベネルクス」といわれるベルギー・オランダ・ルクセンブルクですが、これから先どうなるのでしょうね〜。他国のことながら、ちょっと気になります。


 
posted by ニコラ at 04:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 政治の世界
この記事へのコメント
東欧が崩壊してから、そちらでは、分離独立が繰り返されていますね(併合もあったでしょうか?)。

これが民族自決 ということなのでもあるのでしょうか?

日本は島国で、和を重視するというところがあり、一物あっても表面ではにっこりでなんとか一つ屋根に納まっているというところもあるように思いますが、 そちらは、民族や言語圏間の対立というのは根が深い物があるのですね
Posted by root at 2008年07月17日 05:40


rootさま
分離独立はありましたが、合併はなかったような・・・。ベルギーの民族が何になるのか・・・、謎ですが、言語的にはゲルマンとラテンでしょうか。
民族・宗教が絡むと、対立になり、戦争に発展しますよね。まぁ〜ベルギー内で、内乱!にはならないと思いますが。(^^;;
Posted by ニコラ at 2008年07月18日 04:47


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/103033803
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。