2008年06月28日

学校の音楽祭



毎年6月に行われる学校での音楽祭。これを楽しみにしている子供たちが、と〜〜〜〜っても多いんですよ!

グループ1・2のオチビさんたちは、学校の時間中に行われます。先生たちが何をするのか、誰がやるのか、どんなグループにするのか・・・決めるのですが、「やりたくない!」と駄々をこねる子も出ずに、音楽祭は行われます。

そしてグループ3〜8までの子供たちは、自分で志願をします!(←ちとおおげさ?)

学校から手紙を貰ってくるので、その手紙についている「出たいです!」というところに名前・グループ(学年)・やるものを書いて提出です。


そして今年は、19日の木曜日に行われました。

開始は午後6時半。8時までの予定ですが・・・1時間半で30組もの演奏・ダンスなどが終わるわけがなく、毎年8時半くらいまでかかってしまいます。

昨年は、さっちゃん・みーちゃんでピアノと縦笛をしたのですが、今年は二人ではやりませんでした。その代わりに・・・

schoolkoor.jpg

3月ごろから始まった合唱団にて参加です!
(合唱団に参加するには、先生への謝礼金が必要でした!)

3ヶ月程度で、しっかりとした発声が出来るようになるわけでもないし、しっかりとした音程で歌えるようになるわけではないけれど、皆頑張ってましたよ!

全部で4曲ほど歌いましたが、その中の一つが英語の歌。映画「サウンド・オブ・ミュージック」の中から、「私のお気に入り」でした。

耳で聞いて覚えた英語の発音。それなりには聞こえるけれど、やはり英語を習っているわけではないので、かなり難しそうでした。


この合唱団の成果が、期待以上だったようで、夏休み以降も続行決定!来年の音楽祭でも、歌うことも決定。


その時には、今年よりもかなり上達していると思いますよ!今から楽しみ〜〜!!


 
posted by ニコラ at 17:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | 学校の世界
この記事へのコメント
学校でする行事なのに先生のお礼をするのですか、其れわ少し変ですね。 学校の行事でしよう、声が良く出るようなり音程も良くなりなら分りますけれど少し日本と違いますね。 でも楽しく皆さんと一緒に歌い楽しく過ごしたことでしょうね。 なんでも積極的にする事はよい事ですよね。これからも頑張ってくださいね
Posted by ダルマ at 2008年06月29日 07:16


合唱団参加よかったですね!
習い事が増えますが是非続けてください!
結構運動量ありますし、シンクロしていればなおさら、おすすめです。

ところで、全然関係ないですが
英語では 志願はボランティアなんですね。
映画戦場に架ける橋で字幕とつき合わせるとこうなってました。 
オランダ語でもおなじなんでしょうか?
日本語化したボランティにはこのような語感はないかもですね。
Posted by root at 2008年06月29日 22:02


ダルマさん
この合唱団は、やりたい人だけが登録をして、学校とは関係のない声楽の先生に来ていただいているんです。なのでどうしても、費用がかかるんですよ。
まだまだ習いだして数ヶ月。まだまだ音痴の二人です。(爆)はやく音を覚えて欲しいです〜。
Posted by ニコラ at 2008年06月30日 03:50


rootさま
五右衛門が「音楽は悪い影響はない」という考えなので、音楽に関しては何かと色々参加してます。(^^;; ものになるかは・・・まだ分かりませんけど。
志願というのは、自分の意思で・・・というのがあるので、そういう表現になるのでしょうね。オランダ語では、結構「aanmelden」という言葉が使われます。「xxをしたければ、登録するように」って感じですね。
ボランティア(の人)はvrijwilligerという言葉になり、自由意志の人・・・って感じの意味ですね。
Posted by ニコラ at 2008年06月30日 03:54


コメントを書く
お名前 (name):

ホームページアドレス (website / blog):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/101738869
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。