2014年03月15日

オランダの学校にいる人

オランダの小学校は、「基本学校」と呼ばれます。

「人生の基本となることを学ぶところ」ということなんだそうです。
義務教育は満5歳の誕生日から。でもたいていの子供は、満4歳の誕生日から学校に通います。

ということで、入学式は全くなし。その代わりに、「慣らし期間」というものがあります。4歳の誕生日から毎日通えるように、クラスになじめるように、曜日や時間帯を変えて(担任が変わっていたり、することが変わるので、午後と午前中と変えたりします)3週間くらいかけて、慣らしていきます。

子供によっては保育所に行ってたり、プレイルームに行っていたりするので、ママ・パパにバイバイが簡単に出来ますが、そうじゃない子は・・・時たま大変だったり・・・。

そうして学校にも慣らして、最初の2年間は日本の幼稚園の年齢なので、ものの名前や数字の判別やらを、遊びを通して覚えていきます。

続きを読む
posted by ニコラ at 23:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 学校の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする