2009年05月27日

女王の日の事件の影響

今年の女王の日は、予想を絶する事件が起きてしまい、誰もがショックを受けました。

この事件があったからか、普段はめったに通らない、日本で言う白バイの二人が、我が家の前の通りを走ってきました。五右衛門と二人で、「珍しいよね〜」なんて話をしていたら、我が家過ぎたところでUターンをし、我が家の車の後ろに止まっていた車に注目を始めたんです。

中を覗き込んだり、まわりを観察したり・・・。我が家の前には、池があり、これからの暖かい時期には、釣りを楽しむ人たちが、車でやってくるので、そんな人の車かと持ち主を探していた模様です。

でも誰もいないので、疑いを深めた二人は・・・


続きを読む


posted by ニコラ at 05:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする