2009年01月18日

スケート・マイシューズへの道

今週は暖かく、凍っていた運河・水路・池・湖など、かなり溶けてしまいました。なので危なくて、もう天然氷でのスケートは・・・この天気が続く限り無理なようです。

さてさて、「12年ぶりの天然氷だ!!!」とオランダ人魂が破裂していた時期には、12年ぶりのマイシューズを屋根裏部屋から出してきた人も多かったと思います。しかし大人だけではなく、小さな子供でさえもマイシューズを持っている確立が高いオランダ。その現実を目にして、驚いた外国人も多かったことと思います。(日本人では、多いはずですよね〜)

「足のサイズが決まってから・・・」なら分かるけれど・・・と躊躇するのが日本人だとすると、「しっかりとしたスケート靴で、しっかりと基本をマスター」と言うのが、オランダ流なんでしょうね。

そのオランダ流をサポートするシステムが実はあったんですよ!


続きを読む


posted by ニコラ at 04:25 | Comment(6) | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする